« ホテルニューグランド訪問記 | トップページ | 母の死 »

2006年11月 9日 (木)

フラガール

 白石まみ李相日 共著フラガールメディアファクトリー ,2006)という本を読みました。常磐炭田 最後の炭鉱・常磐炭礦(現・常磐興産 ,公式WEBサイトは常磐興産公式WEBサイト )が閉山対策として常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ(Spa Resort Hawaiians 通称:SRH) ,公式WEBサイトはスパリゾートハワイアンズ公式WEBサイト楽天トラベル ではいわき湯本温泉 スパリゾートハワイアンズ )を設立した際の実話に基づいた2006年公開映画フラガール (公式WEBサイトは映画『フラガール』オフィシャルサイト )のノベライズ本です。スパリゾートハワイアンズいわき湯本温泉 にある温泉リゾート施設です。

 私は1999年~2002年に経済産業省(元・通産省こと通商産業省) 傘下の特殊法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称:NEDO[ネド]) 」(当時。現・独立行政法人 )に社外出向して国の石炭 政策(石炭 に関するエネルギー政策[兼]産業政策)に従事し、国内最後の大手坑道掘り炭鉱の閉山に立ち会い、閉山に伴う炭鉱離職者の大量の「行き場の無い失業」にショックを受けました。このトラウマが元になって、経営学徒としては共著:宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005年3月) 内拙担当章「第1章  地域産業の振興とIT」などの地域産業振興に研究テーマが変わったり、アララギ 後継誌(後継短歌結社)『短歌21世紀 』所属のアララギ 歌人としては平成14年短歌現代新人賞次席入選作品「閉山」 30首などの短歌を詠んだりしました。このような体験や経歴から炭鉱や閉山や(炭鉱会社による)「経営多角化や新規事業分野開拓による、地域の雇用の維持」には深い思い入れがあり、拙・別HP(ホームページ)「炭鉱マニア」HP も炭鉱への思いに基づいて設けたWEBサイトです。

 このような私にとっては、元々、炭鉱や地域産業振興には他人事ではなく業務や研究で向き合っていたため、本『フラガールは非常に感情移入し易い本であり、涙抜きには読めない本でした。「行き場の無い大量失業の発生を防げなかった」という拙体験は行政実務担当者としては「敗北」を意味するものだと思っており、閉山や、また炭鉱会社新規事業分野の事業失敗の報告を受ける度に打ちのめされたあの日々の記憶がまざまざと甦って参ります。常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)は炭鉱会社による新規事業分野事業成績としては数少ない成功例の一つでありますので、大量の失業者発生を防げなかった、自分が担当した北海道釧路市の太平洋炭礦 や長崎県の離島にあった池島炭鉱 に比べれば一定の雇用を地域に残せて良かったな、と思う反面、ヒトは現・業務に対する「思い」や「誇り」故になかなか転身できない生き物であるのて、本『フラガール 』のエピソードにも語られる人々の様々な「思い」が、ひしひしと伝わって来る、とても胸が痛くなるような感動を覚えた本でした。正に、拙歌平成14年短歌現代新人賞次席入選作品「閉山」 30首を詠んだ時の思いが再び込み上げてくる思いがいたしました。一言で申せば、涙が止まらなくなるストーリーです。

 唯一残念だったのは、我が現赴任地・鹿児島 では映画『フラガール』 が上映されていない模様だということです。鹿児島 は人口60万の大都市であり第2の故郷と化して大好きなのですが、「見たいのに上映されていない映画があったりする」状況は、ちょっとした大都市でも本格的な巨大都市には「享受できるサービスの品揃え」の点では叶わないということを意味するので、鹿児島 市民としては若干悔しい思いがしたりいたします。まぁ、映画『フラガール』 DVDが出たら買おうかと思っております。映画『フラガール』 上映地域の方には是非とも見ていただきたいお薦めの映画なのではないか、と思っております(見た訳ではないので偉そうなことは言えませんが)。


◎ 映画『フラガール』関連公式系サイト,Goods,or 宿泊予約サイト
・ 映画『フラガール』オフィシャルサイト( http://www.hula-girl.jp/ )
・ 映画『フラガール』公式ブログ( http://blog.excite.co.jp/hula-girl/ )
・ 映画『フラガール』を応援する会( http://www.iwaki-fc.jp/hulagirl/ )
・ ノベライズ本『フラガール(powered by 楽天ブックス
・ フラガール」オリジナル・サウンドトラック CD(powered by 楽天ブックス
・ いわき湯本温泉 スパリゾートハワイアンズ (powered by 楽天トラベル
・ スパリゾートハワイアンズ以外のいわき湯本温泉など浜通り(いわき・原町・相馬)の温泉宿一覧(宿泊予約可能)  (powered by 楽天トラベル
・ スパリゾートハワイアンズ以外の浜通り(いわき・原町・相馬)宿泊施設一覧(空室検索&宿泊予約可能) (powered by 楽天トラベル
・ 【温泉天国・鹿児島温泉紹介!】スパリゾートハワイアンズ入湯記
・ 常磐興産公式WEBサイト
・ 【温泉天国・鹿児島温泉紹介!】いわき市石炭化石館 ほるる訪問記
・ 常磐炭田ネットワーク


◎ 拙ブログ内の他の記事
○ フラガールDVDで見ました。


◎ 拙・炭鉱&地域産業振興関係のWEBサイト or 拙個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋 」内の関連する個別サブ・ページ
・ 「炭鉱マニア」WEBサイト
・ 「Noblesse Oblige カミタクの部屋 」掲載の「平成14年短歌現代新人賞次席入選作品「閉山」 30首
・ 「Noblesse Oblige カミタクの部屋 」内の「学術研究の部屋 」(地域産業振興に関する拙・研究業績が紹介されています)
・ 「Noblesse Oblige カミタクの部屋 」内の「神山卓也による起業家のための産業振興,地域振興,産学連携,TLO,起業支援,中小企業支援リンク集


◎ 映画『フラガール』 に関する他のブログ記事
・ フラガール - INDY500 【 みんカラ 】 ブログ
・ 気まぐれ961部隊! ― フラガール
・ フラガール|日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
・ たぴろぐ―フラガール
・ 356/1日の些細な出来事: フラガール
・ 笑う龍:フラガール
・ BLACK&WHITE  フラガール
・ ひらりん的映画ブログ ★「フラガール」
・ ナナシ的エンタメすたいるNet: 「フラガール」
・ 京の昼寝~♪ 『フラガール』

|

« ホテルニューグランド訪問記 | トップページ | 母の死 »

コメント

 TBありがとうございます。
 上映していないって切ないですねー。女の子ががんばっている映画なので、勇気をもらえました☆

投稿: カツミアオイ | 2006年12月 2日 (土) 03時31分

 カツミアオイ様、こちらの方こそTBとコメントありがとうございます。上映していないのが残念なのですが、母の死
http://kamitaku.cocolog-nifty.com/rock/cat6713217/index.html
の直前の時期で毎週帰省したりバタバタしていた時期なので、鹿児島
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
でやってても見に行けなかったかも知れません。

 かつて石炭政策の仕事に従事して炭鉱
http://coal-mania.hp.infoseek.co.jp/
に深い思いがあり、最後の大手国内坑道掘り炭鉱2山の閉山に立ち会って大量の失業発生に悲しんで「閉山」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/TAN_G14.HTM
という短歌を詠んだ私としては、見る機会を得られなかったことは残念です。

投稿: カミタクこと神山卓也 | 2006年12月 3日 (日) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169624/12613304

この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

» 『フラガール』 [京の昼寝〜♪]
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。 ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋克美□オフィシャルサイト  『フラガール』 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せなが... [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 23時09分

» ★「フラガール」 [ひらりん的映画ブログ]
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 23時29分

» フラガール [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉鎖されていきます... [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 00時17分

» フラガール [気まぐれ961部隊!]
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%#・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ) [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 01時01分

» フラガール [BLACK&WHITE]
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 10時07分

» 「フラガール」 [やまたくの音吐朗々Diary]
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを育てるために、東... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 23時30分

» 映画『フラガール』と蒼井優語り [EncycRopIdia]
 やはり、毎週イベント参加はきつかったのか、風邪を引きました……。  仕方がないので、ごろごろ寝ることにしています。(これはいつものことか?)  これ書いたら少し寝て、たまには勉強します。  日曜日は、イクスピアリにて、Iチちゃんと(伏字になってない☆イェア!)フラガール見てきました。  もちろん、蒼井優ちゃん目当てです。  というわけで、映画感想の前に。  蒼井優語り  どうも、あどけない天才女優、という..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 15時35分

» フラガール [欧風]
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 06時39分

« ホテルニューグランド訪問記 | トップページ | 母の死 »