« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

「新湯温泉・霧島新燃荘入湯記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

Shinmoe1







Shinmoec







☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  新湯温泉・霧島新燃荘入湯記(2007年11月ページ新設の「新湯温泉・霧島新燃荘入湯記」。詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

Konohaur_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

名古屋帰還(20071125)

無事に鹿児島から名古屋に帰りました。いま、中部国際空港駅から名鉄の特急に乗ったところです。鹿児島でお世話になった方々、ありがとうございます。

鹿児島に住んでいた頃は、旅行がどんなに楽しくても鹿児島に帰って桜島が見えるとほっとしたものです。が、その大好きな鹿児島からの帰りだと、桜島が見えません。

名古屋には桜島がねぇ!

あ・・・でも名古屋も好きですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島県歴史資料センター黎明館

鹿児島県歴史資料センター黎明館
鹿児島県歴史資料センター黎明館
鹿児島天文館うなぎの末よし(写真)で昼飯食って、カフェ・ド・マノンで一休みした後、会社同期の親友と再び落ち合って鹿児島県歴史資料センター黎明館(写真)に行きました。

鹿児島県歴史資料センター黎明館は、やはり、生前の両親と共に来た思い出の場所です。ここに来たがらと言って両親に会える訳ではありませんが、両親を偲べるスポットは行きたい私にとっては重要です。あー、ここに両親と共に来た時に戻りたいです。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両棒餅(ぢゃんぼ餅)

両棒餅(ぢゃんぼ餅)
両棒餅(ぢゃんぼ餅)
鹿児島仙巌園にある両棒餅(ぢゃんぼ餅)屋さんは、最後の家族旅行になってしまった旅行で生前の両親が鹿児島に来てくれた時に寄った店です。

両親を偲んで来ています。昼にウナギを食いたく、かつ食が細い私は思い出の両棒餅(ぢゃんぼ餅)は多すぎてあきらめましたが、代わりにコーヒーを飲みました。

わずか2年前、生きていてくれた両親と来た日が、せつないまでに懐かしいです。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙巌園の草鹿式(くさじししき)

仙巌園の草鹿式(くさじししき)
鹿児島仙巌園で、こんな素敵な催しをしていました。

草鹿式(くさじししき)という、小笠原流弓術の儀式だそうです。

亡父が存命だったら、見せたら喜んでくれただろうなぁ・・・。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫神神社

猫神神社
猫神神社
猫神神社仙巌園にあります。すぐ脇にネコグッズの店・猫屋があります。

今は亡き両親との最後の家族旅行で両親が鹿児島に来た時に、亡父と共に寄りました。大好きな父を偲んで再訪しています。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

鹿児島県には、鹿児島温泉鹿児島市内温泉), 霧島温泉, 指宿温泉, 妙見温泉, 日当山温泉, 鰻温泉うなぎ温泉), 紫尾温泉, 山川ヘルシーランド露天風呂等の温泉や、霧島神宮, 高千穂峰, 霧島連山, 鹿児島神宮, 尚古集成館, 仙巌園(磯庭園), ドルフィンポート, 桜島, 知覧特攻平和会館, 知覧武家屋敷群, 薩摩金山蔵, 白谷雲水峡, 屋久杉ランド(ヤクスギランド)等の観光スポットがあります。

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗野岳温泉・南洲館

栗野岳温泉・南洲館
栗野岳温泉・南洲館
栗野岳温泉・南洲館
前任地・鹿児島
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
に来ている今週末、24日(土)は会社同期の親友と伴に栗野岳温泉・南洲館に行きました。栗野岳温泉・南洲館鹿児島の温泉の中でも特に泉質の良さで知られています。

写真は、ドロ湯「竹の湯」、「むし風呂」、硫黄泉「桜湯」です。ドロ湯は文字どおり泥湯で、私は泥湯は初めてです。凄く良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

城山観光ホテルの朝食バイキング

城山観光ホテルの朝食バイキング
この三連休は、鹿児島城山観光ホテルに泊まっています。私が大好きなホテルです。

城山観光ホテルの朝食バイキングはとても美味しく、来る度ごとに楽しみです。錦江湾の真鯛の刺身(写真)が大人気。

2年前、今は亡き両親と泊まった時に、両親も喜んでくれました。両親にはもう会えないけど、両親との楽しかった日に心の中でタイムスリップできました。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山観光ホテル、温泉もあって最高じゃっど!

城山観光ホテル、温泉もあって最高じゃっど!
城山観光ホテル、温泉もあって最高じゃっど!
城山観光ホテル、温泉もあって最高じゃっど!
鹿児島での宿は、大好きな城山観光ホテルです。露天風呂が素敵な温泉「さつま乃湯」もあります。

写真1枚目は、ホテルのフロントから見た桜島です。2枚目以降はホテルの宿泊客用パンフレットで、城山観光ホテルから見た眺望と、温泉の情景です。

ここは、一昨年、今は亡き両親との最後の家族旅行で泊まった思い出のホテルですので、個人的にはかけがえの無く大切な、「夢のお城」でもあります。


やはり、鹿児島の温泉最高!

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1









 



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

鹿児島へ(わっぜ懐かしか〜!)

鹿児島へ(わっぜ懐かしか〜!)
鹿児島へ(わっぜ懐かしか〜!)
鹿児島へ(わっぜ懐かしか〜!)
この三連休は鹿児島に行き、前任地での仲間に会ったり遊んだりする予定です。

中部国際空港セントレアでお上りさん状態で迷いながら(写真)飛行機に乗り(写真2枚目)、鹿児島に着きました。霧島連山(写真三枚目中の左側)や高千穂峰(写真三枚目中の右側)が、霞んでいるけど綺麗です。

わっぜ懐かしか~!。大好きな鹿児島に帰って来たぞ~!

もう、昔のように、鹿児島に住んで鹿児島を満喫して、横浜の実家では今は亡き両親が元気に生きていてくれた頃には戻れないけど、この三連休は第2の故郷・鹿児島を満喫する予定です。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

「名古屋&愛知県の温泉(+スーパー銭湯)&観光案内リンク集」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新情報)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  名古屋&愛知県の温泉(+スーパー銭湯)&観光案内リンク集(2007年11月ページ新設の「名古屋&愛知県の温泉(+スーパー銭湯)&観光案内リンク集」。詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

船場吉兆失礼だなぁ

船場吉兆の牛肉偽装事件は、鹿児島を第2の故郷と思っている元鹿児島県民としては、失礼だなぁ、と極めて腹が立ちます!。

但馬牛だと偽って鹿児島牛を売っていたですって?。それではまるで、鹿児島牛ではブランドにならないみたいじゃあござんせんか、失礼な!。

鹿児島と言えば黒豚が有名ですが、黒牛だって、薩摩(大隅も!)が誇るブランドなんだぞ!。黒牛か普通の牛かは存じ上げませんが、その天下に誇る鹿児島の牛を表示できない扱いするとはなんごつか!。無礼であろう!。

本当に、わっぜ腹立たしか!(第1の故郷の東京横浜にかけての方言訳:べらぼうに腹立たしいじゃん!)。

やんなっちゃうなぁ、まったく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

昨年2006年11月11日(土)に母を、翌・今年2006年8月5日(日)に父を相次いで失い、悲しみから立ち直れていない私にとって、両親共に健在だった時に最後に一緒に遊びに行った思い出の場所は、2006年5月28日(日)に当時の赴任地・鹿児島から故郷・横浜に帰省した際に行った、横浜プリンス・ホテルフラワー・プロムナードです。

横浜プリンス・ホテルは、2005年12月にもやもや病に起因する脳溢血で母が倒れて入院して2006年1月に退院してから、2006年6月に今度はもやもや病に起因して脳梗塞で母が倒れるまでの間、リハビリと兼ねて訪問看護ステーションの方と共に両親がよく訪れていた所です。2005年以前に母がもっと元気だった頃からよく遊びに行っていたようですが、特に、父にとっては、2005年12月の母の入院時に回復を願って買った達磨に片目を入れ、退院で喜んで両目を入れていた時期で、母の晩年の最後の幸せだった時期によく訪れた、思い出の場所になります。この6月の脳梗塞発作以来母は回復せず、とうとう2006年11月11日に死んでしまった訳です。

ところが、横浜プリンス・ホテルは、2006年6月30日に営業を停止し、閉館してしまいました。私が帰省時に両親と共に横浜プリンス・ホテルに行ったのは、大好きな横浜プリンス・ホテルが無くなってしまう前に見に行きたかったからでした。6月30日には、後に母が死に至る原因になった脳梗塞の発作で倒れた後だったので、元気な頃の母との思い出を懐かしんで最終日に父も見に行ったとの由です。転んでメガネを壊してしまったと当時の父は笑っておりましたが、後に母の死で気落ちして後を追うようにして死んでしまったくらい母を愛していた父にとっては、当時既に死を覚悟せざるを得ない病状に陥ってしまった母との最後の思い出の場所が消えてしまう最終日は、さぞや寂しかったことであろうと思います。私も、遠く赴任地・鹿児島から横浜プリンス・ホテルが消えてしまうことを悲しみ、父と電話で「悲しいねぇ」と話し合っていました。5月帰省時に一緒に横浜プリンス・ホテルに行って以来、母が倒れる前に帰省はできていなかったため、上述のとおり、私にとっては「元気だった頃の母との最後の思い出の場所」になってしまいました。

横浜プリンス・ホテル閉館後は、土地・施設を新たに買ったオーナー企業がホテルを取り壊してマンションを建設することになっています。今年2007年11月に、母の一周忌法要で帰省した際、とうとう、懐かしい横浜プリンス・ホテルの建物は見えなくなってしまっていました。父や母が元気だった頃、最後に行った思い出の場所が消えてしまった・・・。あの空が見える場所に、去年までは横浜プリンス・ホテルの建物が見えていたのに・・・。思わず涙が止まりませんでした。

私にとっては、横浜プリンス・ホテルは、もう二度と行く機会の無い、夢のお城と化してしまいました。生前の父はよく、行くと楽しいスポットのことを夢空間と呼んでおり、最盛時よりも寂しくなってしまったマイカル本牧のことを、「昔は夢空間だったのに寂しくなっちゃった」と嘆いていました。商業施設も含めた観光スポットは、夢空間や夢のお城です。横浜プリンス・ホテルは最後の建物ができた当初からよく買い物したり、パンがおいしかったり、お茶したり、フラワー・プロムナードを楽しんだり、家族にとっては楽しい夢空間であり、夢のお城でした。その家族の思い出の施設が消えてしまい、思い出を共有する父も母もこの世からいなくなってしまいました・・・。

観光スポットのファンにとって悲しいことは、観光スポットが消えてしまうことです。経営者(オーナー)が変わること自体悲しいですが、オーナーが変わっても観光スポットが営業を続けていてくれれば思い出の場所は消えません。思い出の場所自体が消えてしまうのは、とても悲しいことです。この意味では、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートなどフェニックス・シーガイア・リゾートを再建したり、JALリゾート シーホークホテル福岡があるホークスタウンの再建事例に鑑みれば、外資でも構わないから、横浜プリンス・ホテルを再建してくれる組織が買収してくれれば良かったのに・・・と切実に思います。内資だって、思い出の場所を取り壊してしまうのならば、横浜プリンス・ホテルに両親との最後の思い出のある私にとっては残酷です。

横浜プリンス・ホテルがまだ営業してくれていて、両親が元気だった頃に戻りたいです。もう二度と行けない夢のお城が、消えてしまいました。

071111_12270001横浜プリンス・ホテルの建物が、解体されて消えてしまっていました。









060505_11440001かつては、同じ場所から、横浜プリンス・ホテルが見えていました。







Photoかつての、横浜プリンス・ホテルの全景です。







Photo_2かつての、横浜プリンス・ホテルの夜景です。





060505_13400001両親の生前、2006年5月5日に横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行った時の写真です。横浜プリンス・ホテルも消えてしまい、両親も死んでしまった今日、もう二度と戻って来ない情景です。





060505_13400002両親の生前、横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行った時の写真です。






060528_12510001両親の生前、2006年5月28日に横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行った時の写真です。









060528_14280001両親の生前、横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行った時の写真です。





P5280041両親の生前、横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行った時の写真です。





P5280024フラワー・プロムナードのバラ園での、亡父の後姿です。





◎ 当日記に関連する、当ブログ内の記事



○ 横浜プリンスホテルよ永久に

○ 横浜プリンスホテル グランド・フィナーレ写真展

○ さようなら、横浜プリンスホテルのフラワー・プロムナード

○ 横浜プリンスホテル・パンフレット

○ 横浜プリンスホテル最後の1週間頑張って下さい

○ いよいよ横浜プリンスホテル最後の夜ですね

○ 母の納骨(その後、解体工事でプリンスブリッジが消えてしまった写真が載っています)

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫尾温泉(鹿児島県)懐かしい

2007年11月13日(火)の朝のNHKニュース番組で、鹿児島県の紫尾温泉(しびおんせん)の、紫尾区営温泉「神の湯」(紫尾区営大衆浴場)が紹介されていました。

紫尾温泉のこの集落営共同温泉浴場は泉質の良さでは県内でも特に評価が高い温泉であり、また、渋柿を温泉に漬けて渋みを抜く「あおし柿」でも知られていて、NHKの番組ではこの「あおし柿」を紹介していました。 紫尾温泉は、辛口の温泉批評で有名な温泉教授の松田忠徳教授でさえ、『温泉教授の日本全国温泉ガイド―カラー版』pp.410-411で誉めている温泉です。

鹿児島に住んでいた頃、私も紫尾温泉に行ったことがあります。「わっぜ懐かしか!(とても懐かしい!)」と思いました。

交通案内など詳しくは、紫尾区営温泉「神の湯」入湯記

Shibi002





Photo





◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

◎ 紫尾温泉を紹介する、別の方のブログ

紫尾温泉まつり(11月8日) - さつま通信

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど
鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど
鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど
今日は母の命日ですが、一周忌法要は昨日済ませてしまいましたので、6年前に死んだ叔母の墓参りに生きました。ここ数年間の間に、私にとって大切な人達が、どんどん亡くなっいきました・・・。

写真は拙両親の墓ではなく、叔母の墓です。

途中、鎌倉を通りました。今は亡き両親が健在だった頃、両親も私も鎌倉が大好きだったので頻繁に遊びに行っていたし、一昨年2005年暮れに母が倒れる前、2005年までは正月に鎌倉鶴岡八幡宮に行くのが毎年の家族の楽しみでした。2006年正月には母が入院して初詣に行かず、その後、相次いで両親が死んでしまったので、結局、2005年が最後の楽しい家族の初詣になってしまいました。下車しないとは申せ、鎌倉を通るのは2005年正月以来です。

電車が北鎌倉とか鎌倉とか、亡父や亡母との思い出が残る懐かしい駅を過ぎる度に、人目もはばからず泣き出しそうになってしまいます。電車の窓から鶴岡八幡宮が一瞬、見えました。もう、二度とあそこに両親と共に行く機会はない・・・たまらなく辛いです。

名古屋への帰路の新幹線車中で、歌舞伎幕の内弁当という名前の駅弁を食べました。以前の日記にも書いたとおり、歌舞伎にも両親との思い出がたくさんあります。思わず買って食べました。もう、両親と歌舞伎を見に行く機会もない・・・寂しいよー。

お父さん、お母さん、会いたいよー。次に両親の墓参りに行けるのはいつだろう?。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ああ、1年前の今日

詳しい時間は覚えていませんが、母が死んだのは丁度1年前のこの時間頃です。

あぁ・・・。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡き両親との思い出のデニーズ

亡き両親との思い出のデニーズ
今日は亡母の命日です。昨日、母の一周忌法要を済ませたので、これから別件の用事を済ませたら名古屋の自宅に帰ります。

亡父や亡母の思い出の籠もる近所のデニーズに行ったら、お店の人が、「最近お父さんがお見えにならないようですが」と話しかけてくれました。父も母もこの1年の間に死んでしまった旨を伝えると、私に対して悪いことを言ってしまったと恐縮しておられました。

恐縮することはありませんよ、と思いました。拙実体験から思うに、悲しみには「忘れたい悲しみ」と「忘れたいたくなく、浸っていたい悲しみ」の二種類があって、後者の場合には、その話題に触れること自体はタブーでありません(ただし、触れ方がウザくない限り)。私の場合、父や母の思い出に浸っていたいからこそデニーズに来ているので、悲しいからこそ思い出していたいのです。どこかで亡父や亡母とつながっていたいので。

それは、例として適切か否かは不明ですが、失恋した際にオフコース失恋ソングプリンセス・プリンセス浜田省吾片思いBon JoviAlwaysRainbowC'ant Let you goを聴きたくなるのと同じようなものだと申せば、ご両親ご健在な若い方にもお分かり易かろうと思います(曲の例が古いけど)。

恐縮することはありませんよ。それよりも、亡父のことを覚えていてくれてありがとうございます。そのことが嬉しかったです。悲しいからこそ、ありがたかったです。

写真は、今は亡き両親との思い出のデニーズ・モーニングのメニューです。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ ああ、1年前の今日

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日は母の命日

今日は母の命日
亡母の一周忌法要は昨日行いましたが、母の本当の命日は今日です。

朝から涙が止まりません。なお、写真は昨日の、母の一周忌法要のものです。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

亡母の一周忌法要をしました。

今日は母の命日
今日は、母の一周忌法要をしました。早いもので、母が死んでからもう1年になります。法要は今日行いましたが命日は明日11日なので、1年前の今日まではギリギリ母が生きていてくれた(父も!)と思うと、時の流れが悲しいです。

本当は生前の父と一緒に亡母の法要の段取りの話をしていたのに、父まで母の後を追うように死んでしまったので、父には遺影を私の胸に抱くことで参列して貰いました。

散会して親戚が帰ってから、訳あって霊園に戻る事情があったため、その機会を利用して独りでもう一度墓参りに行きました。お墓で眠る、大好きな父と母に会いたかったので、時間ギリギリまでお墓にいました。父と母に会いにお墓に行く、悲しいけれど、今の私には最も楽しみで、そこにいつまでもいたい時間です。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。



◎ 当日記に関連する、他のブログの記事

○ トルコききよう: 母の命日

○ 母の命日 - 今泉仁志のブログ「自ら歌を歌う人たちと、、」 - 楽天ブログ(Blog)

○ 紋別で働く社長のブログ | 命日

○ れんタンmamaの日記 母の命日

○ 辰乃与太郎ブログver.2.1: 母の命日のお墓参り

○ Kashiroman's BLOG "ブログの王子様": 母の一周忌が終わりました。

○ 俳優 堀田眞三(グランパ)です。 母の一周忌。。。法要

○ 母の一周忌法要

○ taka-c's ふぉとらいふ : 一周忌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日(もう今日?)は母の一周忌法要

赴任地・名古屋から故郷・横浜に帰省しています。昨2006年から今年にかけて相次いで父も母も死んでしまったので、独りぼっちの実家です。
11月10日は母の一周忌法要です。本当の命日は11月11日ですが、スケジュール上土曜日にしました。わずか1年前までは、死の直前とは申せ母が生きていてくれて、父も生きていてくれたのに、誰もいなくなってしまいました。
先月は帰省しなかったので、明日(もう、今日?)の法要は、久し振り(約1ヶ月ぶり)の墓参りです。悲しいですが、お墓に行けば大好きな父と母に会えると思うと楽しみでもあります。昨今は「千の風になって」という、お墓の中に私はいませんという内容の歌が流行っていますが、父と母に会いにお墓に行きたい私にとっては個人的には癒されない歌詞だなぁ、と思います。
お父さん、お母さん、会いに行くからね。



◎ 当日記に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ 鎌倉のこと、叔母の墓参りのことなど

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

1年前の昨日

昨2006年の11月3日(祝・金)~05日(日)、私は、当時赴任していた鹿児島から横浜に帰省して、当時、死の床にあった母を必死に在宅看護していた父のいる実家にいました。

肺炎を併発していた母の体温が数週間ぶりに下がり、これであと2~3週間は持ちそうだと安心して、私は実家を出て鹿児島の自宅に帰りました。母が死の床につき、いよいよ悪化して、毎週のように10月以来帰省するようになってから、初めて安堵した瞬間で、父と二人で喜んでいました。鹿児島から横浜までは物理的だけでなく経済的にも遠いこともあり、私は次の週末には帰らず、2週間後行こうに帰省することにしました。交通費だけでなく、狭い実家に母のベッドも据えると私が寝る場所がないため、帰省したのにホテル泊まりだったこともあり、経済的にも余り無理が続きませんでした。

昨2006年にもやもや病に起因する脳梗塞の発作で倒れて以来、「体は動かずしゃべれず、意識はあるものの植物人間に近く、なまじ意識があるだけ植物人間よりも酷な状態」であった母とは、コミュニケーションが可能な状況ではありませんでした。しゃべれなくなる等、脳梗塞の 発作で脳機能の一部が犯されていた母が当時どれ位正確に外界の状況が把握可能だったかは定かではありませんが、父が世話すると反応する母が私には余り反応 せず、仕事やら何やらで6月の発作以来10月まで帰省できなかった私の親不孝ぶりが責められているような気がして、申し訳ない思いでいっぱいでした。それ でも母が生きていてくれるだけでありがたく、肺炎から持ち直したことを父と共に喜んで私は鹿児島に向かったのです。

しかし・・・その次の週末、昨2006年11月11日(土)、体力を消耗しきっていた母はとうとう力尽きて帰らぬ人と化してしまいました。夕方、父から電話がかかってきて「死んじゃったよ」と聞いた時、11月11日(土)の週末も帰省しておれば良かったと、心底後悔しました。

それでも、死ぬ前の最後の命の炎だったのでしょうか?。昨年の昨日は母が一瞬だけ持ち直して、母が倒れて以来初めて、ほっとした幸せな気持ちで鹿児島の自宅に帰ったのでした。あと2ヶ月は持たないだろうとは思いながらも、わずかその一週間後に母を失うことになるとは夢にだに想像せずに・・・。今年も11月05日が過ぎて、そんなことを思い出してしまいます。

父によれば、病床の母は、時折曇天の日に窓の外を、何かに憧れるような目で見ていたそうです。景色が見たいのかと思って窓を開けてあげると、横を 向いてしまうのだそうです。父が察するに恐らく、外が見たかった訳ではなく、元気で楽しかった頃のことを思い出して、その背景のキャンバス代わりに空を見 ていたのではないか、とのことでした(母はしゃべれなくなっていたので真意は不明ですが)。元気だった頃は花が大好きで、一緒によく横浜プリンス・ホテルのフラワー・プロムナードに行ったり、鹿児島に遊びに来てくれた時にはフラワーパーク かごしまを楽しんだりした母なのに、昨2006年6月に脳梗塞で倒れて以来は、花を見せても反応が無く、「脳内の、花を愛でる機能が失われてしまったようだ。あれ程、花が好きだったのに」と父は嘆いていました。

死の直前だったとは申せ、わずか1年前には生きていてくれていた母。そして、母の看病をしながら生きていてくれた父。昨2006年11月11日に母が死に、そして、今年(2007年)8月5日には、後を追うように父まで死んでしまいました。今週末は、本当は父と一緒に手配をしようとしていた母の一周忌があります。10月には故郷・横浜に帰らなかったので、9月末に墓参りに行って以来、久し振りに霊園に亡父と亡母に会いに行けます。とても悲しいのですが、墓参りに行って両親に会えるのが楽しみでもあります。母の死に際して親不孝だっただけでなく、父の死の際にも孤独死させてしまったので、親不孝な私のことを両親は怒っているかも知れませんが、大好きな両親の御霊に、会いに行きたいと思います。悲しいですが、両親に会いたいので楽しみです。

そう言えば、05日と言えば、亡父の月命日でもありました・・・。



◎ 関連する、当ブログ内の別の記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 母の葬儀&墓地

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 母の納骨

○ お母さん、会いたいよー

○ 母を偲ぶ拙歌9首

○ 母のいない正月

○ ピコピコ・サンダル-たわいもない会話のできた幸せ

○ 母の夢を見ました

○ 母の遺影を抱いて桜島

○ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 最終回

○ 母の墓参り

○ 今日は母の日、母さんはもういない

等々です。上述以外の父や母の死に関する他の日記は、このリンク先の目次欄から辿って行けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

日本情報経営学会 at 愛知学院大学 その2

うーん、居住地・名古屋で開催の全国大会であるにもかかわらず、「近い奴ほど遅刻する」ジンクスを守ってしまったダメな私ですが・・・
午前中の話は面白そうな話も結構聞き漏らしましたが、午後、電通の方をゲスト・スピーカーとしてお招きしての特別セッションは、拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」をテスト・マーケティング対象にして、「地域のマーケティング」のために構築した「SEMによる訪問営業型プロモーション・モデル」を研究テーマとする私としては、多いに勉強になりました。

頑張らなくっちゃ!。


◎ 関連するHP(今回全国大会に出た学会、拙研究でのテスト・マーケティング用HP)

 

日本情報経営学会

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!


 

◎ 当日記に関連する、当ブログ内の他の日記記事や、拙個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋」内の拙共著本や学会研究報告のページ

○ 日本情報経営学会第55回全国大会 at 愛知学院大学(2007/11/03(土))

○ 日本情報経営学会 at 愛知学院大学 その2(2007/11/04(日))

○ 日本情報経営学会全国大会 at 横浜商科大学(2008/05/24(土),研究報告しました)

○ 日本情報経営学会全国大会2日目 at 横浜商科大学(2008/05/25(日))

○ おうちに帰ろう(2008/05/25(日))

○ 組織学会全国大会 at 神戸大学(2008/06/08(日))

○ 組織学会at名古屋大学 in 2008年10月(2008/10/20(月))

○ 「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」研究報告:日本情報経営学会 at 宮崎産業経営大学(2008/10/25(土))

○ AISASモデルとAIDMAモデルのメリ・デメ比較モデル~日本情報経営学会第58回全国大会 at 桜美林大学にて~(2009/05/30(土))

○ 組織学会2009年・年次大会at早稲田大学(2009/10/12/(月))

○ 日本情報経営学会全国大会 at 名古屋大(2009/11/23/(月))

○ カミタク・ブログ:博士の学位を貰えました。

 

Konohaur_1










 

Chiikiit









>

 

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 神山(2005b)「第1章 地域産業の振興とIT」『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい,pp.15-41

・ 神山(2005c)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2006a)「第六章 ネットワークで行う地域マーケティング」共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売,pp.145-178

・ 神山(2005a)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006b)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 神山卓也(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008a)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008b)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008c)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

日本情報経営学会第55回全国大会 at 愛知学院大学

写真は会場校・愛知学院大学のキャンパスです。

本日・2007年11/3(土)は、日本情報経営学会全国大会に来ています。日本情報経営学会とは、昨年までのオフィス・オートメーション学会(OA学会)で、会員の研究内容が拡大解釈してもOAの枠内のとどまらなくなってきたことから、本年・2007年から日本情報経営学会に名称変更したものです。研究活動における、私が積極的に参加している学会です。名称が紛らわしいのですが、経営情報学会とは別モノです。

当初は研究発表を申し込んでいたのですが、その後、8月5日に横浜の実家の父が急死し、父の死の事後処理などのために発表草稿執筆用に想定していたオフの時間が振り切れてしまう状況に陥ったため、父が死んだ途端に急遽発表をキャンセルさせていただいていました。エントリー後の急なキャンセルとなり、今回の全国大会主催校・愛知学院大学の方々にはご迷惑をおかけし、非常に恐縮な全国大会です。

丁度8月1日付けで鹿児島から名古屋に転勤したので、会場校・愛知学院大学は新・地元であると同時に元々親交のある先生方が多い場所でしたので、在名古屋研究者の先輩や仲間の応援も兼ねて発表をしたかったのですが、逆にご迷惑をおかけすることになり、「申し訳なか!」状態です。

他の研究者の研究報告を聴くのも、自分の研究のための良き勉強になるので、今日と明日は楽しく話を聴いて来る所存です。熊本学園大学境 章教授ご指導の学生達による、「大学まちづくりプロジェクト」による「まち歩き!水前寺よかとこ再発見~学生が見た水前寺の魅力~」HPの事例を報告した「まちづくりと大学生の地域貢献活動 -ウェブサイトを用いたまちづくりの可能性-」や、(株)北斗システムジャパンの小堀先生による「ブログマーケティングにおける弁証法的アプローチ」については、拙・共著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』(ケー・ユー・ティー発行,丸善発売)高知工科大大学院起業家コースでの拙・博士学位論文「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」での、拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」をテスト・マーケティング対象にしての鹿児島の「地域のマーケティング」を研究テーマとする私としては、大いに参考になりましたので、来て良かったと思います。拙テスト・マーケティングで検証している、「SEMによる訪問営業型プロモーション・モデル」を今後さらに深める上で多いに参考になりました。

611987982_253s









◎ 関連するHP(今回全国大会に出た学会、拙研究でのテスト・マーケティング用HP)

 

日本情報経営学会

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!


 

◎ 当日記に関連する、当ブログ内の他の日記記事や、拙個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋」内の拙共著本や学会研究報告のページ

○ 日本情報経営学会第55回全国大会 at 愛知学院大学(2007/11/03(土))

○ 日本情報経営学会 at 愛知学院大学 その2(2007/11/04(日))

○ 日本情報経営学会全国大会 at 横浜商科大学(2008/05/24(土),研究報告しました)

○ 日本情報経営学会全国大会2日目 at 横浜商科大学(2008/05/25(日))

○ おうちに帰ろう(2008/05/25(日))

○ 組織学会全国大会 at 神戸大学(2008/06/08(日))

○ 組織学会at名古屋大学 in 2008年10月(2008/10/20(月))

○ 「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」研究報告:日本情報経営学会 at 宮崎産業経営大学(2008/10/25(土))

○ AISASモデルとAIDMAモデルのメリ・デメ比較モデル~日本情報経営学会第58回全国大会 at 桜美林大学にて~(2009/05/30(土))

○ 組織学会2009年・年次大会at早稲田大学(2009/10/12/(月))

○ 日本情報経営学会全国大会 at 名古屋大(2009/11/23/(月))

 

Konohaur_1










 

Chiikiit










 

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 神山(2005b)「第1章 地域産業の振興とIT」『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい,pp.15-41

・ 神山(2005c)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2006a)「第六章 ネットワークで行う地域マーケティング」共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売,pp.145-178

・ 神山(2005a)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006b)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 神山卓也(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008a)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008b)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008c)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130



◎ 当日記に関連する、他のブログの記事で筆者が注目した記事

○ 九大ビジネススクール生の大学発VB日記:組織学会年次大会(九大編)

○ HAYASHI Laboratory BLOG:組織学会in九大

○ こてつ: 10/12-14組織学会主催

○ Gracious!: トヨタと日産の組織マネジメント

○ 組織学会研究発表大会(2007年度)の後の懇親会が、リーガロイヤルホテル京都で行われました:松葉博雄の神戸の社長研究室

○ Barbarossa Blog :: 経営情報学会予稿完成

○ CMAP21's BEEM: 科学技術と国家と経営情報と

○ グーグルのオープンソーシャル戦略の急速浸透と焦るMIXI : SNS,ソーシャルネットワーキング.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »