« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

親友のご母堂の通夜

今日は、多忙な中恐縮ながら午後半休をいただきました。学部学生時代からの親友のご母堂の通夜のお手伝いをするために、名古屋から千葉県に行くためです。今は、通夜を終えて名古屋に戻る新幹線の中です。

実はその友人も名古屋にいては友人の実家です。昨年2007年に父が一昨年2006年に母が死んだ際に、拙実家のある横浜まで名古屋から通夜の手伝いに来てくれました。それがありがたかったので、困った時はお互い様という訳です。

それに、数年前に死んだその友人のお父様には旧OA(オフィス・オートメーション)学会(現・日本情報経営学会)でお世話になり、今日の経営学徒としての私があるのはその友人親子のおかげです。さらに学生時代からの四半世紀に渡るつき合いで、今回亡くなったお母様にも凄くお世話になりました。我がことのように私も悲しいですし、駆けつけなければ渡世の仁義が通らない関係にあります。

つくづく思うのですが、私達くらいの年代になると、親の世代が死んでいくのですね。その友人と私、双方の両親が健在の頃は、とても楽しかったで す。今は両方とも両親を亡くしてしまい、とても悲しいし寂しいです。自分の両親だけでなく、その友人のご両親にも、いつまでも生きていて欲しがったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

日展東海展

日展東海展
日展東海展
今日は、日展東海展に行きました。会場は、名古屋市内の愛知芸術文化センター8階にある、愛知県美術館ギャラリーです。

学部学生時代の親友の奥方で画家の方の作品が入選していて、それで見に行きました。良か作品でした。その画家の方の作品とお名前は、出した方がPR上側面支援援護射撃になっていいのか、セキュリティー上固有名刺は伏せた方がいいのか、メリ・デメが分かりませんでしたので、ここでは伏せておきます。

他にも良いと思った作品があり、また、作者が解説する企画があったりして、楽しめました。

絵が好きなのに面倒くさがりやの私は最近見に行っていなかったので、誘ってくれた友人には感謝です。奥方の入選、おめでとうございます。

なお、この場を拝借して、第2の故郷・鹿児島の美術館の観光PRを・・・

鹿児島県は、例えば黒田清輝などの画家を輩出したため、県内の美術館の常設展の「郷土の画家コーナー」が「日本代表クラス」という、実は隠れた美術大国ならぬ美術大県です。絵画が好きな方ならば、絵を見に旅行するだけでも十分お楽しみいただける地域です。

美術だけではない場所も含めれば、以下のような場所が行って良かったので、お勧めです。

○ 鹿児島県歴史資料センター黎明館(鹿児島市)
○ 鹿児島市立美術館(鹿児島市)
○ 長島美術館(鹿児島市)
○ 岩崎美術館(指宿市)
特に鹿児島県歴史資料センター黎明館岩崎美術館は、個人的には、亡き両親との最後の家族旅行で行った、かけがえのない思い出の場所です。

他にも、鹿児島県には素敵な美術館がたくさんあります。鹿児島県の美術館について詳しくは、鹿児島の温泉と観光スポットを紹介する拙HP「温泉天国、鹿児島温泉紹介!
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
で、ご参照いただけます。

 

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »