« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

今日は誕生日

今日、8月28日は誕生日でした。

 

一昨年2006年11月11日に母が死に、相次いで昨2007年8月5日に父まで死に、独りぼっちになってしまってから既に1年が過ぎてしまいました。

 今週は夏休みを取って誰もいない横浜の実家に昨日帰って来たので部屋の片づけをしようと思いましたが、片づける気がしません。家族との思い出が残っている近所のデニーズで朝食を取りました。昔は私独りじゃなかったのに・・・。

 私は今まで行ったことがなかったのですが、両親が生前よく行っていたカフェがあり、元気だった頃からよく話を聴いていて、母の死後は懐かしそう に父が語ってくれていた店がありました。2005年12月に母が脳溢血で一旦倒れてから、一時は体調が戻って退院して、翌2006年6月に致命的な脳梗塞 の発作で倒れるまでの間のリハビリしていた間、両親にとっては束の間だった最後の幸せな数ヶ月のことです。父は母をそこに連れて行ったところ、従来は好き だったハンバーグか何かのステーキを母は吐いてしまい、既に体が油濃いものを受け付けなくなったのだと思った旨を父は話してくれました。母との思い出を何 度も何度も語ってくれた父・・・でも、その父ももういません。

 上述のごとく、実は私はその店に行ったことが無かったので、今日、初めて行ってみました。素敵な店でした。両親が好きだった理由がよく分かりま した。両親はリタイア後の老後デートでここを愛用していたのか・・・席に二人で座っている両親を想像したら涙が出てきました。店のマスターに両親の話を し、「私にそっくりな顔をしたじいさんが来ていたでしょう?」と訊いたらすぐに分かって下さいました。

 かつて、実家の風呂を工事していた時に両親が通っていた銭湯がありました。その銭湯の話も、両親が生前元気だった頃からその話はよく聴いていま した。正直経営は苦しいとの由なのですが、近所の商店の人たちが来てくれていて、その人たちのために頑張っているという話を、番台の主が父にしてくれたの だそうです。母の葬儀の帰りに乗ったタクシーがその銭湯の前を通った際に、父が懐かしそうに、ここが「おたみ(母・多美子に対する父の呼び方)」と一緒に 行った銭湯だよ・・・と言っていました。父にとっては、母との思いで一つ一つが、母の死後には宝物になっていました。

 ところが、今月初めに父の一周忌法要をした際に近くを通った際に、そこは駐車場になっていました。あわててインターネットの銭湯系サイトを見て みたところ、残念ながら母の死後、まだ父が生きている間に廃業していた由を知りました。本当は、その時に場所を調べておいた上でこの休暇に入湯しに来た かったのですが、残念ながら今では駐車場になってしまっていた訳です。今日も、その近くを通りました。自分は入湯していないながら、父と一緒に前を取って 母の思い出話をした昔懐かしい銭湯があった場所は、駐車場です。母の葬式からまだ二年も過ぎていません。あの時あった銭湯・・・両親にとっては思い出の銭 湯・・・両親の思い出を辿って行ってみたかった銭湯・・・悲しいことに、私は一度も入湯できないまま、廃業してしまっていました。

 かつて父と行ったSC(ショッピング・センター)に行き、実家のアナログ・ブラウン管テレビを地デジ対応液晶テレビに買い換えるべく、電器店に行きました。自称勝手にベスト電器応援団長た る私としては、ベスト電器以外の店で買うのは本来ポリシーに反するかも知れませんが、父の生前、この店で液晶テレビを買うと父に約束していたことを思い出 したのです。でも、私の休暇期間中の配送が間に合わないことを知り、地デジ切り替えまでまだ間があることから今日の発注は諦めました。

 生きている内に買ってあげたかったなぁ・・・私は、約束を果たせなかった。約束を果たす前に、父は亡母の所に行ってしまった・・・。

 父の生前に最後に帰省した時に、そのSCのハンバーガー・ショップで父と一緒にソフトクリームを食べたことを思い出して、ソフトクリームを買って食べました。去年の5月には父が一緒にいてくれたのに、今日はいません。父さん・・・悲しいよぅ・・・

 この街の至る所に両親の思い出が残っています。悲しいのですが、思い出に浸っていたいので、その思い出の場所をついつい辿ってしまいます。

 夜、テレビを見ていたら、秘密のケンミンSHOWという番組で、鹿児島と新潟と山梨という、私にとっては第二の故郷の懐かしい県が3県も出てきました。それぞれの場所に両親との思い出があります。

 去年のこの時期は、父を亡くしてからまだ一ヶ月たっておらず、「もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか」 という日記を書いていました。今夜もまったく思いは同じです。父と母がせっかく産み出してくれた命・・・今、私は先が見えずに閉塞感で疲れてしまっていま すが、天国の父と母を悲しませたくないから、頑張らなければいけません。両親を悲しませてはいけない・・・なんか、その思いだけが、今の私を支えているよ うな気がします。45年前、母は私を産んでくれました。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月25日 (月)

You Tubeで鹿児島の動画を見つけました

You Tubeで鹿児島が写っている動画を見つけました。

元・鹿児島市民としては、非常に懐かしいです。鹿児島に赴任した当初は亡父亡母横浜の実家で元気でいてくれて、私は第二の故郷・鹿児島を楽しみ、帰省すれば第一の故郷・横浜を楽しめていた時期・・・が倒れる前の、私にとって鹿児島在住時代の前半は特に楽しい時期でした。

両親が元気で自分は鹿児島にいた頃・・・あの頃に戻りたいなぁ・・・そんなことを思いながらこの動画を見ると、思わず涙が止まらなくなります。

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT








 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

西郷洞窟訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  西郷洞窟訪問記(2008年8月ページ新設の「西郷洞窟訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)

エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)
エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)
エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)
エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)
エアコン・クリーニング(どえりゃー綺麗になった!)

現任地・名古屋は南国の前任地・鹿児島でさえ叶わないかも知れないと思う程に夏はどえりゃー暑いのですが、ヘヴィ・スモーカーの拙宅ではエアコン が紫煙で黒ずんでパワー・ダウンして利かなくなっていたので、ベスト電器ダイエー名古屋東店で申し込んで、エアコンの修理をして貰いました。鹿児島在住時代に、ひいきにしていた、地元資本のカコイグループ(株)カコイエレクトロがフランチャイジーとして運営する鹿児島ベスト電器でエアコンのクリーニングをして貰ったら、パワーが復活したことを思い出したのです。

鹿児島を第二の故郷とする九州人のはしくれとしては、九州を本拠地とするベスト電器を応援したいので、ベスト電器に申し込んだ訳です。元・鹿児島っ子の本音としては、ベスト電器グループ中でも特に鹿児島ベスト電器の応援をしたいのですが、残念ながら鹿児島県外のここ名古屋には鹿児島ベスト電器のお店はありませんので、ベスト電器本体による、名古屋でのお店に行った次第です。

クリーニングして貰ったらなんと綺麗な!と思いました。うちのエアコン、あんなに白かったっけ?。標準語の「すごく」とか「極めて」の語は、私の第一、第二の故郷の方言だけでも、東京弁で「べらぼうに」、北海道弁で「なまら」、名古屋弁で「どえりゃー」、鹿児島弁で「わっぜ」といろいろな言い方があるのですが、拙エアコンのこの変わりようは、なんとなく語感的に「どえりゃー」という感じです。あ、いや、やはり鹿児島の応援しなくちゃ。わっぜ綺麗になりもした(鹿児島弁もどき)。クリーニングして下った方、あいがとしゃげもした(鹿児島弁)。

何はともあれ、これで、名古屋の暑い夏にも耐えられそうです。

 

◎ 関連するHP

○ ベスト電器

→ 【楽天市場】e-ベスト(ベスト電器)

○ カコイグループ(株)カコイエレクトロ鹿児島ベスト電器

→ 【楽天市場】デジ倉家電館

→ 【楽天市場】デジ倉AV館

→ 【楽天市場】デジ倉SOUNDWAVE

 

◎ 当ブログ内の関連する別の日の日記

○ 頑張れ、ベスト電器!

 

◎ その他

 

楽天で探す
楽天市場

 

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

◎ エアコンに関連する他のブログ記事

○ やっぱり夏はエアコンにゃ! - 楽は苦の種、苦は楽の種 - Yahoo!ブログ

○ 風のダイアリー -鈴木重子公式ブログ- powered by ココログ: エアコンをかけない夏、ふたたび。

○ 暑さ寒さもエアコン次第 - キッチンバイトかおるの“じごくえず”な日常

○ きじばと日記: 夏本番を前に、居間のエアコン故障!?

○ 夏を快適に過ごすために エアコンを洗浄しよう! | 東京新聞ショッパーWEB

○ 夏の過ごし方 エアコンとの付き合い 小径を行く /ウェブリブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

父の命日

今日は、大好きな父の、命日です。亡父の一周忌法要は土日を利用して一昨日行いましたが、本当に死んだのは、昨2007年の今日です。死亡時刻は早朝、というよりもほとんど前日夜中というべき時刻ですから、昨年の今頃には既に父の命はありませんでした。

死ぬ半月ぐらい前の電話で父は、実家のある故郷・横浜から遠く離れた鹿児島に当時赴任していた私に、なかなか帰省してくれないことに対する寂しさを訴えていました。私は、ちょうど父の死の五日前の名古屋への転勤を控えて忙しく、帰省できない旨をわびました。鹿児島よりも横浜に近い名古屋に息子の私が移って来た旨を喜んでいた矢先に、我が引越のわずか数日後に父が急死した旨は、過去の他の日記に書いたとおりです。

父は突然死かつ孤独死でした。男の子には珍しい「ファザコンの、お父さん大好きっ子」たった私は、大好きな父を、孤独死させてしまったのです。ちょうど一年前の今頃、父は独り寂しく死んで横たわっていました。最後に私が帰省したのがゴールデンウイークでしたので、息子(私)には死ぬ前3ヶ月会えないままでした。どんなに寂しい思いで死んでいったことでしょう。昨年の正に今頃、父は発見されることを待っていたのだ・・・そう思うと、今日は一日中、悲しくて辛くて亡父に申し訳なくて、胸が締めつけられる思いでした。

父の死の悲しみから私がまだ立ち直れていない旨は、これまでの日記に書いたとおりです。でも、父が味わった寂しさを思えば、父に会いたいなどと言える資格は私には無いのかも知れない、と思います。でも、父に会いたい。父に会いたい。父さん、去年の今頃、寂しく死なせてしまい、本当にごめんなさい。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

父の一周忌法要無事終了

父の一周忌法要無事終了
父の一周忌法要無事終了
父の一周忌法要無事終了
無事に父の一周忌法要が終わりました。

早いなぁ・・・もう、一年が過ぎたのですね・・・。実家のカレンダーは、父が死んだ去年の8月のままです。あの日のまま、時間が止まってしまっているので。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから亡父の一周忌

これから亡父の一周忌
これから亡父の一周忌
これから亡父の一周忌法要に行きます。霊園は横浜の南部にあるので、京急こと京浜急行電鉄に乗ります。

京急は、三浦に遊びに行くときに乗る路線だったので、両親がまだ生きていてくれた一昨年までは、楽しい思い出しかありません。父も母も亡くなってしまい、思い出の多い大好きな京急に、父の遺影を抱えて独りでいるのが悲しいです。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

父と最後に電話で話してからちょうど一年

今日は、亡父と最後に電話で話してからちょうど一年目です。鹿児島から名古屋に赴任して来た、引越の日でした。私が鹿児島よりも実家のある横浜に近くなり、父は喜んでいました。後で聞いた話では、その翌々日、息子が近くに戻って来たと喜んで親戚に電話をかけまくっていたそうです。私も、そのさらに前年(つまり一昨年二○○七年)に亡母が死んだ際には親不孝な見送り方しかできなかったので、せっかく近くに異動できたので亡母にできなかった分までも父に親孝行するつもりでした。

耳が遠くなっていた父は、私の新住所をなかなか聞き取れず、今にして思えば、最後の電話だったのに苛々しながらの会話でした。引越の荷物片付けも残っていたし、事務的に到着報告だったので、すぐ電話を切ってしまいました・・・それが最後の電話になるとも知らずに。

私が夜遅くて電話すると迷惑だったりするので、次は一週間後ぐらいでいいやと思っていました。「一週間おき」という間隔は、母の死後に父が心配で、当家ではむしろ間隔が短くなった間隔でした。その翌週に新任の業務の合宿研修があるので、実家のある横浜の近くの東京に週末に行く予定があったのですが、研修準備が遅れていたので、実家には寄らずに研修所に直行することにしました・・・正にその週末、父は心筋梗塞で突然に孤独死していたので、今となっては、一生後悔してもし足りない、直行の判断でした。

研修が終わって名古屋に戻り、今夜は一週間過ぎたので電話しようと思っていた矢先、父が死体で発見されたとの急報を受けました。一週間後・・・一週間後・・・一週間後の電話の機会など、二度と来ることは無かったのでした。

最後になってしまった父との電話。最後になってしまうなどとは夢にだに思わずに、あっさりと切ってしまった父との電話。今日でその最後の電話から ちょうど一年です。大好きな亡父の声を、今日で一年聴いていません。そして、この期間は、これから長くなることはあっても短くなることはありません。今で も、両親の死を心では受け入れきれていない私は、何かの間違いであって欲しいと思って実家に電話をかけてしまいますが、当然、呼び鈴を何回鳴らしても、死んでしまった父も母も受話器を取ってはくれません。実家に電話すれば亡父や亡母が出て来てくれた昔、その当たり前だと当時は思っていたことは、今となっては、二度と戻って来ることはないことになってしまいました。

父の声を聴きたい。もう一度、父と話をしたい。最後に父の声を聴いてから一年・・・幽霊でもいいから電話に出て来て欲しいです。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »