« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

篤姫商標登録について

かごんまんさんの「かごんまいろいろ」のブログ記事を見て、鹿児島の観光・温泉紹介サイト「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」を運営しながら、鹿児島の地域産業振興を研究している
http://hdl.handle.net/10173/279
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/STUD0021.HTM
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/BOOK0005.HTM
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/STUD0019.HTM
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/STUD0020.HTM
1経営学徒として、感想を書きたくなりました。

鹿児島は2008年の今年、NHK大河ドラマ「篤姫」放送の篤姫ブームで、おかげさまで篤姫関連観光地への観光需要が盛り上がっています。NHKでは「篤姫」を商標登録しており、かごんまんさんも
> もう発表前からでは有りますが、
と書かれているとおり、この件は、南日本新聞が報道して、県内の地域振興に水を差すのかとして放送前2007年から問題になっています。
http://373news.com/_bunka/atuhime/index.php?storyid=5576
http://www.j-cast.com/2007/07/20009510.html

うーん、元・鹿児島県民としては素朴に、地域振興に水を差すのか、と思います。

一方、隣国に、勝手に「鹿児島」など日本の固有名詞を商標登録してしまうような民族がいて
http://weeklykagoshima.chesuto.jp/e41635.html
http://ameblo.jp/rubythephantomchief/entry-10088172958.html
農水省などで対策が試みられている
http://www.maff.go.jp/j/export/faq/faq002.html
http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/080717_1.html
旨にも併せて鑑みれば、鹿児島の業者を守るためには、国外も含めて誰かが商標登録をする必要があるであろうと思います。国内でも、誰か悪質な者が同様の行為を行うリスクがありますので、誰も商標登録をしないという訳にはいきません。

ビジネスの問題は或る意味「戦争」ですから綺麗事では済まない生存競争だという見地から戦略的に考えれば、鹿児島県内の公的機関が商標登録した上 で、県内業者と、放送して需要喚起してくれたNHKにはお礼も兼ねて無料使用を可として、県外業者や国外業者からは使用料を徴収するというビジネス・モデ ルがベストだったのではないかと思います。

・・・ですが、鹿児島県民側としては、NHKに先を越されてしまった以上、悔しいけれど手遅れですね。

別の見地からは、篤姫ブームで県内観光産業や産業連関波及効果で他産業も潤っている今日、その勝因の根源を作ったNHKにも一定の権利はあ り・・・NHKの側としては「嫌なら他地域を舞台にする」という選択肢もあり得てしまう訳で、客観的には交渉術の上でも権利の上でもこちらの方が立場が弱 いでしょう。鹿児島県の広告宣伝をして貰ったのだと思えば、広告料支払わずに広告して貰ったのでは渡世の仁義が通らないという見方もあります。

あとは、NHKの存続を考えて許してやろうか、と私は最近思っております。民放番組だったら、「CM 収入に基づくAIDMA(Attention、Interest、Desire、Memory、Action)モデル」が AISAS(Attention、Interest、Search、Action、Share)モデルに取って代わられて急速に従来の広告収入に頼るビジ ネスモデルが崩壊しつつある今日、企業存続のビジネスモデルとしては、このような権利ビジネスはぶっちゃけアリだと思います。NHKは、CMに基 づかず受信料に基づく放送を行っている訳ですが、「元々は身から出た錆とは申せ、だから受信料拒否は金払わないためのわがままな口実だろうし、国民の公共 心・モラル低下の象徴でしかないだろう」という受信料拒否横行環境下ではNHKも権利ビジネスを行わなければ生き残れない状況にあります。

であれば、県内に観光収入をもたらしてくれたのであれば、一定の環流はNHKに許してやろうか、と思う訳です。ただし、地域の産業振興に水を差さない範囲でですが。

なお、商標登録することと、実際に使用料徴収の権利を行使することとはイコールではないので、現状に関して事実を確認せぬまま軽々には何も言えないため、その点については今後の要課題点だと思います。

<追加補記> 「相手の立場に立って」よく考えて見れば、NHKも篤姫のDVDや、篤姫関連本を販売している以上、訳の分からない第三者に「篤姫」の商標登録をされたら売れなくなってしまいます。それどころか、放送さえできなくなってしまうかも知れません。そう考えれば、第三者に商標登録されてしまう前に自ら商標登録することはやむを得ないのでしょう。やはり課題は、NHKが自らの権利ビジネスを守るという過程で、地域振興に水を差してしまう水準での弊害が生じるか否かでしょう。それさえ無ければ問題無いのでしょうし、実際に今、鹿児島は来訪客が増加し、観光が主要産業であるこの地域で地域産業振興に役立っています。「篤姫」のPR効果で地域の産業振興になっているのですから、目くじらを立てる程の問題ではないのかも知れません。

 

 

 

<ご参照 : 篤姫関連観光地ほか>

Photo_2 鹿児島市鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」にある、2009年1月までの期間限定特設観光スポット「篤姫館」。なお、篤姫館は指宿にもあります



Photo_3 これも、鹿児島市鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」にある、2009年1月までの期間限定特設観光スポット「篤姫館




Shiroyaz 城山観光ホテルの桜島が見える温泉露天風呂鹿児島県は県別元線数日本2位の温泉天国県で、県都自体が県庁所在地では源泉数日本一を誇る温泉地「鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)」です。)



Photo 鶴丸城(鹿児島城)(本丸跡地には、博物館「鹿児島県歴史資料センター黎明館」があります)




Reimei03 鹿児島県歴史資料センター黎明館鶴丸城(鹿児島城)にある博物館)





Shusei1 尚古集成館(島津斉彬公の集成館事業の産業遺産であると同時に、鹿児島の幕末維新史のとても良い博物館で、島津家別邸・名勝 仙巌園(磯庭園)に隣接しており併せて楽しめます)



Sengan01 島津家別邸・名勝 仙巌園(磯庭園)尚古集成館に隣接している名園です)




Imasimk4 天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡





Isibasi1 天璋院篤姫が実際に渡り、ロケ地にもなった「石橋記念公園・石橋記念館(祇園之洲公園)」





Isifuru1 維新ふるさと館(幕末維新期の博物館で、明治維新の偉人達が生まれ育った地域でもある甲突川河畔にあります。)





Chirin01 知林ヶ島(NHK大河ドラマ「篤姫」のロケ地であり、天璋院篤姫の実家・今和泉島津家の領土があった街として知られる指宿にあります。なお、篤姫館は指宿にもあります。)



Hakusui9 指宿温泉の温泉ホテル「指宿白水館」。指宿白水館敷地内には2008年、薩摩の歴史・美術工芸博物館「薩摩伝承館」がオープンしました。





Kiriiwad 夜に写したので写真が暗いですが、霧島温泉郷の温泉ホテル「霧島いわさきホテル」にある温泉施設「緑渓湯苑」は、NHK大河ドラマ「篤姫」で知名度が上がった小松帯刀(肝付尚五郎)が入湯していた先に、日本初の新婚旅行で坂本龍馬が訪れた栄之尾温泉です。




Izumibud 出水麓武家屋敷群(NHK大河ドラマ「篤姫」のロケ地であり、薩摩の小京都・知覧武家屋敷群と共に有名な武家屋敷群です)




Ibuiwa26 天璋院篤姫が入湯した訳ではありませんが、篤姫の故郷地域・指宿温泉の温泉ホテル「指宿いわさきホテル」。敷地内には岩崎美術館もあります。




Health05天璋院篤姫が入湯した訳ではありませんが、篤姫の故郷地域・指宿市の旧山川町にあり、海が見える露天風呂が人気の温泉施設・山川ヘルシーランド露天風呂




◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Photo_4 私の博士学位論文「地方都市の地域産業振興-産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして-」。








 

Konohaur_1 この本の中の拙担当章「第六章 ネットワークで行う地域マーケティング」では、鹿児島の観光の地域のマーケティングについて研究しています






 

ChiikiIT 鹿児島ではありませんが、この本の中の拙担当章「第1章 地域産業の振興とIT」では、地域産業振興について研究しています。








| | コメント (1) | トラックバック (2)

2008年9月27日 (土)

天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡訪問記(2008年9月ページ新設の「天璋院篤姫の生家・今和泉島津家本邸跡訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

城山観光ホテルのテラス

080921_09220001









080921_09180001







080921_10430001







先週末、2008年9月20日(土)~21日(日)に鹿児島に行った際に泊まった城山観光ホテルには、朝食バイキングの会場の前に気持ちの良いテラスがあります。このテラスの写真を掲載します。

席配置上分煙可能ですので、私のような愛煙家には他者への迷惑を気にせずにタバコを楽しめるのもうれしいテラスです(2008年9月現在)。このテラスは、城山から鹿児島市街地や桜島を眺められる場所にあり、とても景色が美しく素晴らしい所です。ここも、2005年5月の、今は亡き両親との最後の家族旅行の際に、両親と楽しんだ場所です。父も愛煙家でしたので、親子で並んで吸う親子タバコはおいしかったなぁ・・・。

両親は相次いで死んでしまいましたが、思い出だけは誰も消せません。また、このテラスの素晴らしさだけは今日も変わらずに残っています。この素晴らしい城山観光ホテルのテラス、私にとっては宝物のように大切で大好きな場所の一つです。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT








 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山観光ホテルの桜島が見える温泉展望露天風呂

080921_07520001







080921_07450001










080921_06520001







P9210648







P9200642








先週末、2008年9月20日(土)~21日(日)に鹿児島に行った際に泊まった城山観光ホテルの温泉「城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯」の写真を掲載します。

城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯」は、亡き両親との最後の家族旅行の際に亡父と一緒に入った思い出の温泉です。

当時の拙赴任地・鹿児島に両親が遊びに来てくれた日、両親が来てくれるのが事前からワクワクうれしかったのがつい昨日のようで、あれから3年以上が過ぎたことが嘘のように思えます。亡父と一緒に入った思い出の温泉・・・もう二度と一緒に来ることは叶わないけれど、亡父との思い出がこもった、私にとってはかけがえのない大好きで大切な温泉・・・。男の子には珍しいファザコンだった「お父さん大好きっ子」だった私にとっては、大好きな父と最後に一緒に入った温泉・・・。

鹿児島の温泉の中でも特に私は、この「城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯」が大好きです。もう二度と生きた父に会うことは叶いませんが、思い出だけは誰も消すことができません。城山観光ホテル朝食バイキングも素晴らしく、ここで亡き両親と共にバイキングを食べた思い出も、つい昨日のようです。楽しかったなぁ・・・。もう二度と両親と朝食バイキングを楽しむことは叶いませんが、一人で再訪しても素敵な朝食バイキングですし、あの日の両輪との思い出だけはいつまでも消えません。城山観光ホテル朝食バイキングも、私にとっては、かけがえのない大切なものです。

城山観光ホテル・城山温泉・さつま乃湯」の露天風呂からは桜島が綺麗に見えるのですが、この日は残念ながら雲に隠れていました。

お父さん・・・今日はお彼岸だというのに横浜に帰省してお墓参りしていなくてごめんなさい。この歳まで売れ残ってしまっていてごめんなさい。 

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT








 

 

◎ 城山観光ホテルに関する他の方のブログ記事

○ 城山観光ホテル(鹿児島温泉) - 温泉生活

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽山美術館訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  陽山美術館訪問記(2008年9月ページ新設の「陽山美術館訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT










 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

城山観光ホテルのモーニング・バイキング

城山観光ホテルのモーニング・バイキング
城山観光ホテルのモーニング・バイキング
城山観光ホテルのモーニング・バイキング
城山観光ホテルのモーニング・バイキング
城山観光ホテルのモーニング・バイキング

 

今朝の写真です。

豪華なことで有名な、城山観光ホテルのモーニング・バイキングです。錦江湾真鯛の刺身とか、きびなごの焼いたものとか、洋食コーナーでさえきびなごのフライとか、種子島産牛乳とか、地元の魅力ある食材でいっぱいです。

このバイキングは、亡き両親との最後の家族旅行でも楽しんだものです。とても懐かしいです。最近、つくづく、思い出は重要だと思います。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島の虹

鹿児島の虹
鹿児島の虹
鹿児島の虹
鹿児島空港に向かうバスの中です。

虹がでていました。

 

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスト篤姫は

かつて、翔ぶがごとくブームが去った後で来鹿観光客が激減した経験則に鑑みれば、篤姫放送終了後の観光客減対策が鹿児島観光で課題になっている旨は、ご存じのとおりと思います。

さて、各地域の大河ドラマ誘致競争に応えるべく、今度は大河ドラマに加えてスーパー大河ドラマなるものが始まる旨は、「何を今さら」という方と「知らなかった」という方と両方共いると思いますが・・・最初のスーパー大河は、司馬遼太郎原作の坂の上の雲で、これは松山市が誘致に成功して、いま松山市では盛り上がっています。

この坂の上の雲の舞台となる日露戦争では、松山市出身の主人公達だけでなく、鹿児島出身の東郷平八郎や大山厳なども活躍した旨はご存知のとおりでしょう。であれば、坂の上の雲は、実は、松山市だけでなく鹿児島観光にとってもビジネスチャンスです。松山鹿児島間は空路直行便があるので、うまくやれば周遊コースが組めてWIN-WIN関係にもなり得ますし、篤姫紀行を見れば当該県以外の紹介もして貰えていますし。

2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島伊藤知事森市長もご来賓としていらっしゃっていたので、この提案をしておきました。まぁ、私が思い付くことは私から言われる前に既に考えておられるかも知れませんが、少なくとも鹿児島の地元メディアや観光団体のコメントで私がウォッチした範囲では、このような案を見つけられていないので、もしかしたら思い付いていない可能性がありますので念のため。

ただし、私は「俺の案は絶対に採用せよ」というのは言うのも言われるのも嫌な主義ですので、真面目に聞いてさえいただけたらそれで構わず、結果として採用するか否かは聞く側の自由です。

 

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

◎ (特に本件に関して+α)拙博士学位論文,研究業績掲載ページ,共著,共訳の本

○ 拙博士学位論文地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -

○ 拙個人公式HP「Noblesse Oblige カミタクの部屋」学術研究の部屋
→ 最近の研究テーマ
拙稿「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」(OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,2005年5月)pp.117-120
拙稿「鹿児島における人口変化と域内人口移動」(OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,2005年11月)pp.209-212
拙稿「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」(OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,2006年09月)pp.7-8
・ 拙稿「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく、WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要 」(日本情報経営学会全国大会『第56回全国大会予稿集』,2008年05月)pp.85-88)
など

 

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

 

 

◎ 九州・沖縄連合三田会に関する当ブログ内の他の記事

○ 2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島

 

◎ 九州・沖縄連合三田会に関する他のブログ

○ 初田 たけしの日記: 今週の予定!(8月5日(火)~8月10日(日))

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島

2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島
2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島
2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島
今、2008九州・沖縄連合三田会in鹿児島に出席して、母校・慶應義塾の安西塾長の話を聴いています。今年は、義塾創立150周年です。このために、久しぶりに前任地で第2の故郷の鹿児島
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
に来ました。私は鹿児島を出てからも今でも、鹿児島三田会に籍を置かせていただいております。幹事の方々におかれましては、どうもありがとうございました。

会場は、大好きな城山観光ホテル。元々好きなホテルで、今となっては、亡き両親との最後の家族旅行で泊まった思い出のホテルです。三田会の前に、城山観光ホテルの温泉に入りました。昔、亡父と一緒に入った思い出の温泉で、桜島が綺麗に見える露天風呂があります。

市内には懐かしい路面電車が走っていました。

豊かではなかった家計の中で両親が学費を払ってくれて出られた母校。亡き両親との最後の家族旅行の思い出のホテル。色々と、感無量です。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

◎ 九州・沖縄連合三田会に関する当ブログ内の他の記事

○ ポスト篤姫は

 

◎ 九州・沖縄連合三田会に関する他のブログ

○ 初田 たけしの日記: 今週の予定!(8月5日(火)~8月10日(日))

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中部国際空港セントレア展望風呂風の湯

中部国際空港セントレア展望風呂風の湯
中部国際空港セントレア展望風呂風の湯
中部国際空港セントレア展望風呂風の湯
この週末は、九州連合三田会があり出席しますので、前任地・第2の故郷・鹿児島
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
に行き、今、着きました。わっぜ懐かしか~!。

途中、中部国際空港セントレアで、展望風呂風の湯に入りました。温泉ではありませんが、滑走路が見えるお風呂です。わっぜ良かど~!。鹿児島には海が見える温泉は多いのですが、「空が見える」風呂は初めてです。

写真NGでしたので、代わりにパンフレットの写真を載せておきます。厳密に申せば著作権法違反でしょうが、元々PRのためのパンフレット掲載写真をPR支援も兼ねて転載しているので、免責にさせていただいてお許しいただたく!。

◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

三笠フーズの汚染米被害業者はかわいそう

Ref.KTS(鹿児島テレビ)ニュース「汚染米公表で緊急対策会議

 

大阪三笠フーズが不正に転売したメタミドホス等に汚染された汚染米で被害に遭われた被害者業者は多いと思います。今般、農水省汚染米の流通先業者380社を発表しました。我が第二の故郷・鹿児島県でも、当初から報道されていた薩摩宝山の西酒造アサヒビール傘下のさつま司酒造が被害に遭っていたのは以前から報道されていたとおりですが、この他にもKTS(鹿児島テレビ)ニュース「汚染米公表で緊急対策会議」によれば大隅の12業者が被害に遭っていたとの由です。現・我が居住地である、もう一つの第二の故郷・名古屋でも、青柳ういろうで知られる青柳総本家が、汚染米の被害に遭って事故米が混入してしまっていたとの由です。

 

鹿児島県に限らず一般的にも同様ですが、被害者業者はかわいそうであり、風評被害を心配しているとの由です。地方の小さな会社は、消費者から少々離れられただけで、倒産してしまう会社も多いでしょう。実際、流通先の奈良県のナカガワという会社の社長は、かわいそうに、自殺してしまいました

 

鹿児島県では、当初は名前を公表しないとしておきながら公表した農水省に対して抗議する動きもある模様です。確かに約束を破った旨は当事者間の関係としては論外ではあるものの、消費者対応の上では「隠さずに正確な発表を行う」旨は重要ですし事実は事実でありますので、これは必要なことではあると思います。風評被害というのは定義上は嘘や「一部しか発表しない」情報に対して使われる用語ですので、風評被害と呼ぶのも本来は「意味が違う」という問題もあります。消費者には知る権利があるということを、被害業者の方には忘れていただきたくないと思います。ここで隠してしまっては、三笠フーズと同次元のレベルにまで自分をおとしめてしまうことでしょう。

 さはさりながら一方で、少々消費者が離れれば潰れてしまいかねない中小の業者が、このままになってしまうのがかわいそうである旨も事実です。問 題となった汚染米で生産した生産ロット以外の生産ロットの製品には問題は無い訳ですから、従来これら被害者業者の製品のファンでいた消費者の方々には、今 こそ被害者業者の応援として製品を買ってあげていただきたいと思います。ただし、被害者業者の側の方も、本来ならば三笠フーズに対して行うべき抗議を農水省に対して行うようなことをせず(注)、西酒造が 英断を下して製品回収したのと同様に「まだ売れ残っている、当該生産ロットでの製品」は回収した上で、お客様に対しては別の生産ロットの製品を販売してい ただきたいと思います。その上で、繰り返しになりますが、消費者(お客様)の皆様には、該当の業者の製品を買って、助けてあげていただきたい・・・と私は 思います。
(注)ただし、農水省が立ち入り検査で不正を見つけられなかったミスについては、農水省は抗議に値すると思いますが、発表したことの是非は別儀だと思います。

 なお、農水省に対してはこのような事態の再発防止策に努めていただきたいのは当然ですが、その手段として、例えば姉歯秀次元一級建築士による構造計算書偽造問題への再発防止策で改正(改悪?)した建築基準法建基法不況が起きたような官製不況をもたらすような性急な対応をせず、再発防止策にはなっても副作用はもたらさないような方策を考えていただきたいと思います。

 最後に繰り返しになりますが、今こそ消費者として私たちは、被害者業者に応援を送るべく、該当する生産ロットの製品以外の製品は買ってあげるようにしようではありませんか。私は、そう思うのです。

 

◎ 製品回収完了後だったり別調達元からの調達原料利用だったりする、当該汚染米とは関係無く問題の無い生産ロットについての、被害業者製品の応援のために:powered by 楽天市場

○ 【楽天市場】西酒造(の検索結果)  ・ 【楽天市場】薩摩宝山(の検索結果:芋焼酎)

○ 【楽天市場】鹿児島酒造(の検索結果:芋焼酎)

○ 【楽天市場】さつま司酒造(の検索結果:芋焼酎)

○ 【楽天市場】西平本家(の検索結果:黒糖焼酎)

○ 【楽天市場】喜界島酒造(の検索結果:黒糖焼酎)

○ 【楽天市場】青柳ういろう(の検索結果)

(中小のお菓子屋さんも応援してあげたかったのですが、鹿児島県に関しては楽天市場で見つけられませんでした・・・残念!)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月14日 (日)

JR日本最南端の駅・西大山駅訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  JR日本最南端の駅・西大山駅訪問記(2008年9月ページ新設の「JR日本最南端の駅・西大山駅訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)

西大山駅に関しては、「新スピード乗り継ぎを実施 : Railway Writer's Office - レイルウェイ・ライター種村直樹公式BLOG」でも紹介されています。



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT










 

※※※ ↓ 楽天マップ楽天市場運営)&温泉天国・鹿児島温泉紹介! ↓※※※

このスポットの詳しい観光案内は→西大山駅訪問記

 

エリア
鹿児島県 > 指宿/枕崎
ジャンル
駅/バス停
住所
鹿児島県山川町
説明
指宿枕崎線 西大山
クチコミ
指宿枕崎線 西大山
もっと読む
西大山駅

 

※※※ ↑ 楽天マップ楽天市場運営)&温泉天国・鹿児島温泉紹介! ↑※※※

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月13日 (土)

時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡訪問記(2008年9月ページ新設の「時遊館COCCOはしむれ(指宿市考古博物館),橋牟礼川遺跡訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正調さつま料理 熊襲亭訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  熊襲亭訪問記(2008年9月ページ新設の「正調さつま料理 熊襲亭訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



2008年9月現在、鹿児島市天文館に関してはこの正調さつま料理 熊襲亭の他、山形屋百貨店, うなぎの末よし, cafe de MANON(カフェ・ド・マノン), 唐芋ワールド, T-MAXボウル(T-MAX BOWL), 霧島温泉(という名前の鹿児島市内温泉の温泉銭湯), かごっま温泉, ホテル吹上荘, 温泉ホテル中原別荘の訪問記ならびに入湯記を、温泉天国・鹿児島温泉紹介!に載せております。



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

東郷平八郎誕生地訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  東郷平八郎誕生地訪問記(2008年9月ページ新設の「東郷平八郎誕生地訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)訪問記(2008年9月ページ新設の「ザビエル滞麑記念碑(ザビエル公園)訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島カテドラル・ザビエル教会訪問記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  鹿児島カテドラル・ザビエル教会訪問記(2008年9月ページ新設の「鹿児島カテドラル・ザビエル教会訪問記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



◎ 鹿児島県の温泉宿は、「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」鹿児島県内温泉宿宿泊予約画面 ご参照。

 

 

 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »