« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

神谷不二先生のご葬儀

今日(2009年2月24日(火))は、恩師・神谷不二先生の葬儀に行って来ました。

偶然丁度会社で、まだ取得未済だった連続休暇の消化を急遽することになって休暇中でしたので、行けたのです。

実は、おとつい(2月22日(日))にランニング桜島に参加して走った際、この時の鹿児島旅行の手配は連続休暇を取得することになる前に行ったために休暇を想定しておらず、土日の週末を利用してのことでした。このため、当初は休暇を取れることになったのであれば、鹿児島での日程を延長して妙見温泉か大好きな霧島温泉辺 りを楽しんで来ようかとも思っていたのですが、そのような絶好の機会であったにもかかわらず何故か妙に引っかかるものがあって気乗りがしませんでした。こ のため、当初予定どおりの航空券と宿の手配のままにしておいたところ、出発の日(2月21日(土))の朝刊で神谷不二先生の訃報を知った旨は、同日の日記のとおりです。往きの飛行機の中では泣き続けておりました。

今にして思えば、虫の知らせがあったのかも知れません。また、この時期に急遽休暇を取得することになったのも、今にして思えば運命か天の思し召しのようなものを感じます。

結局、当初予定どおりに日曜日に名古屋に戻り、翌月曜日(昨日:2月23日(月))に若干の私的な用事を済ませてから第1の故郷・横浜の実家に戻り、本日、告別式に参加して参りました。場所は横浜市青葉区美しが丘2の21の4 公益社会館たまプラーザで、本日の13時からでした。

2月21日(土)の日記にも書いたとおり、私は東洋英和女学院の社会人向け大学院修了後も土曜日の神谷不二先生のゼミに参加させていただき、合計9年間ご指導賜りました。私たち社会人学生にもとても優しい先生でした。当時私は溝の口に住んでいて、同じ田園都市線沿線だったので帰路は他の同方向の路線の学友達と共に先生といつも一緒で、あれ程の大先生と親しく過ごす時間があったことは、今にして思えばとても贅沢なことでした。東洋英和女学院の大学院に入学した1995年は、今のように「東急目黒線と地下鉄が相互乗り入れする」運行開始前の「目黒線がまだ目蒲線だった時代」ですので、大学院があった六本木からは地下鉄日比谷線に乗り、自由が丘で東急大井町線に乗り換えて、二子玉川で田園都市線に乗り換えておりました。目黒線開通後は麻布十番から地下鉄と相互乗り入れ直通の目黒線で大岡山まで行き、大岡山で大井町線に乗り換えて、二子玉川で田園都市線に乗り換えるのがコースに変わりました。ゼミ自体もそうですが、帰路で先生と一緒にいられることが毎週楽しみでした。

ご指導賜り始める前から神谷不二先生のことを尊敬していた私は、東洋英和女学院の大学院受験の面接の際に面接官に神谷不二先生がおられて初めて拝見し、芸能人に憧れるミーハーなファンのように「あ、生きてる、動いてる、初めて本物見ちゃった」などと不謹慎に喜んでいたのも、今では十年以上も前の昔の出来事になってしまいました。私が進学する博士課程の大学がなかなか決まらず、「博士浪人」を長く続けていた際にも、心配して下さいました。私にとっては、とても優しい大恩のある先生でした。

もう二度と帰って来ない、今となっては思い出の中だけの情景・・・。毎週ゼミに参加させていただいて、帰りは一緒に帰れていた日々はもう二度と戻って来ません。

鹿児島赴任後私はゼミに参加できなくなりましたが、その後も帰省時に1、2回だけゼミに顔を出した記憶があります。2007年12月16日 (日)付け日記「恩師・神谷不二先生の講義を久し振りに拝聴しました」に書いたとおり、最後にお姿を拝見した慶應義塾大学での復活講義の際には、上述のとおり長く接する機会のあった私は、十数年ぶりや数十年ぶりに再開したであろう慶應義塾での先生のゼミ卒業生に遠慮して「話す機会」を譲って私はお話申し上げませんでした(私は慶應義塾の学部学生時代は他学部の学生でしたので、先生にご指導賜っておらず、先生のお世話になったのは東洋英和女学院でのことです。誤解を避けるべく念のため)。このため、最後に先生とお話したのは、もう2年前のことになります。2年前当時、東洋英和女学院退職後も非常勤で教えに来て下さっていたのも最後になり、「退職時の最終講義」とは別にもう一度「東洋英和女学院大学大学院での最終講義」があり、週末の土曜日でしたので前任地・鹿児島から聴きに行けたので、久々に東洋英和女学院大学大学院の学友達で集まったのでした。当時の学友の1人が、その際の写真を焼き増しして私にくれました。とてもありがたいことでした。生きておられる先生に会う機会はもう無いので、この写真は私にとっては宝物になります。

今にして思えば、この2年前の「最後に先生とお話した」頃は、「母が死んだ後も父はまだ生きていてくれた短い時期」の頃のことです。2006年の母の死以来、母、神谷不二先生と続けて、わずか3年たらずの間に相次いでかけがえのない人を私は亡くしてしまいました。自分にとっては、この間に本当に、かけがえのない人が相次いで死んでしまいました。極めてべらぼうに、悲しさと寂寥感と孤独感が強いです。

今日、棺の中の先生のお顔を拝見した時、上述のゼミや帰路や、また、毎学期ゼミの最終日の打ち上げの飲み会の機会での先生との思い出が思い出さ れ、涙が止まりませんでした。昨年体調を崩されたという噂を同窓生から聴いていたので心配していて、今回の訃報もその延長線上での話かと思ったのですが、 ご子息の神谷万丈先生による「葬儀でのご挨拶」の内容から、そうではなかった旨を知りました。体調はどうやら戻っていたとの由で、正に急性心不全、夜中に トイレに行った時に突然倒れ、その時には息は既になく、救急車で搬送された病院で1時間後に死が確認されたとの由でした。であれば、ご遺族の方にとっては 「心の準備」ができていなかったことだろうと推測します。「ご遺族の方々も、さぞやお辛いのではないか」と拝察いたします。菩提寺が鎌倉東慶寺である旨を、初めて知りました。臨済宗の法要を初めて目にしました。

今、この瞬間、既に先生のお体は骨になってしまった後の状況である筈です。大好きな神谷不二先生・・・もうこの世からいなくなってしまった・・・。繰り返しになりますが、自分にとっては、両親神谷不二先生と、それから今日の日記とは無関係ですが中学時代の恩師が昨年亡くなり、かけがえのない人たちがここ数年の間にどんどん亡くなってしまいました。とても・・・とても悲しいです。

 

◎ 過去の当ブログ内の神谷不二先生に関する別の日記

2007年12月16日 (日)付け「恩師・神谷不二先生の講義を久し振りに拝聴しました」

神谷不二先生が死んじゃった

ランニング桜島完走しました

今日は神谷不二先生の命日

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

みょうばん温泉まきばの湯入湯記掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  みょうばん温泉まきばの湯入湯記(2009年02月ページ新設の「みょうばん温泉まきばの湯入湯記」。地図や交通案内など詳しくはリンク先ご参照。)



 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ランニング桜島完走しました。

ランニング桜島なんとか完走しました。5キロを29分19秒のタイムで、二十代のような5キロ20分に比べればタイムからも年齢は隠せなくなってしまっていますが、なんとか頑張りました。

恩師・神谷不二先生訃報を旅立つ直前に知り、走ることが好きだった神谷先生への弔いの気持ちも込めて走った今回、完走できて良かったです。

<追伸(後刻追加)>
完走後に入湯した国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉、べらぼうに良かったです。ここは、鹿児島県の温泉の中でも好きな場所の中の一つです・・・って鹿児島県の温泉は全て大好きなのですけど。また、関係スタッフの方々、沿道で応援して下さった方、ありがとうございます。途中、烏島展望所での応援演奏などは、大いに「力」をいただけました。

<後日追加補記(ランニング桜島のご案内)>
 ランニング桜島は、毎年2月に桜島で行われるハーフ・マラソンの大会で、ハーフ・マラソンの他に、10km,5kmのコースもあります。私が平成19(2007)年、平成21(2009)年に走ったのは5kmのコースです。参加ご希望の方は、
鹿児島市ホームページ
南日本新聞ホームページ
等のホームページを探されると、案内が載っていると思います。ちなみに、平成22(2010)年の申し込み〆切は1月15日でしたので、前年終わりぐらいから開催年1月までの間に探すと申し込みできると思います。後述(↓)のコメント欄の「と」さんのコメントのようにブラスバンドの応援があり、「勇気」を貰いながら走ることができます。地元の方が盛り上げてランナーを助けてくれる、心温まる素敵なランニング大会です。
 県外の方の申し込みは(←私自身、今では県外残念ながらですし、平成21年も県外からの参加でしたが)、エントリー代行委託先会社が毎年同じではない可能性はありますので毎年確認し直す必要があります。ホームページで見た限りでは、平成22年はRUNNETでエントリー可能だった模様です。
 桜島の自然の中で走ると気持ち良いですし、走った後で国民宿舎レインボー桜島・マグマ温泉に無料で入れたので、これもまた、とても気持ち良かったです。私は平成21年は、ランニング桜島参加と事前のランニング練習で5kgのダイエットに成功しましたよ!。
 県外の方が参加される場合、鹿児島市内観光鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)、県外他地域の温泉や観光と併せてお楽しみいただくことが可能です。温泉案内や観光案内の情報については、ホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」でお調べいただけます(交通案内も含めて)。当日の交通は、桜島フェリーに乗って行けば行けます。


 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

◎ ランニング桜島に関する別の方のブログ記事

ランニング桜島、完走♪ - さちぶろ♪

ある普及指導員の奮闘記2009: ランニング桜島

マラソン好き、出てこいや~(高田風) - 国民宿舎 レインボー桜島

鹿屋体育大学陸上競技部中長距離ブロックBlog  大会結果

ランニング桜島 - Le jardin de Mille

走れ!!ライダーマン: ランニング桜島2009

ランニング桜島ハーフマラソン:ずっとランニング

 

◎ 過去の当ブログ内の神谷不二先生に関する別の日記

2007年12月16日 (日)付け「恩師・神谷不二先生の講義を久し振りに拝聴しました」

神谷不二先生が死んじゃった

神谷不二先生のご葬儀

今日は神谷不二先生の命日

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

神谷不二先生が死んじゃった

今朝の新聞の訃報欄見て仰天したのですが、東洋英和女学院大学大学院(注:大学院は社会人向け夜間共学)の修士課程院生時代の国際政治学での恩師・神谷不二先生がお亡くなりになってしまいました。とても悲しいです。私が東洋英和の大学院に行った理由は、計量経済学慶應義塾大学商学部の学部学生時代からの恩師・辻村江太郎先生と、神谷先生がおられたからでした。

私は修士学位論文計量経済学辻村先生の指導の下に仕上げたので、論文指導では神谷先生のお世話にはなっておりませんが、修士課程を修了後も7年近く(合計9年!)も神谷先生のゼミに参加させていただきました。このため、今となっては、私の3つの専攻分野である経営学、計量経済学、国際政治学でのそれぞれの師匠の内、神谷先生には最もお世話になったことになります。足を向けては寝られない程に大恩があり、また、大好きな先生でした。

もう、お会いできない・・・ショックで悲しいです。私は今、明日のランニング桜島で5キロ走るために2週間連続しての鹿児島入りした所なのですが、往きの機中では泣き続けておりました。神谷先生は、例えば青梅マラソンで走ることで知られていた等、ご自身が長距離走がお好きでしたので、明日は神谷先生への弔いの気持ちも込めて走る所存です。

 

◎ 過去の当ブログ内の神谷不二先生に関する別の日記

2007年12月16日 (日)付け「恩師・神谷不二先生の講義を久し振りに拝聴しました」

ランニング桜島完走しました

神谷不二先生のご葬儀

今日は神谷不二先生の命日

 

◎ 神谷不二先生の訃報に関する、他の方のブログ日記記事

神谷不二先生、逝く-吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草

万年初心者のための世界史ブックガイド: 訃報

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

いわさきザビエル450跡地

いわさきザビエル450跡地
いわさきザビエル450跡地

昔、鹿児島市のこの街中の、この写真の空き地には、いわさきグループが運営するホテル「いわさきホテル ザビエル450(フォー・フィフティー)」がありました。名前の由来は、フランシスコ・ザビエル来鹿450周年を記念したものだと思います。もっと古くからの鹿児島市民ならば、林田ホテルとかいう名前で思い出があるかも知れません。この空き地の写真は、消えゆくブルー・トレイン寝台特急「はやぶさ」ラスト乗車と兼ねて、第2の故郷・鹿児島に「帰省」した際に撮したものです。

もう一つの写真は、鹿児島空港にあったいわさきグループのホテルの広告です。寂しいことに、「いわさきホテル ザビエル450」は消えてしまっています。

私が鹿児島市民だった2004年から2007年にかけては、「いわさきホテル ザビエル450」で、低層階のいわさき文化邑の2階にあった本屋さん「ブックジャングル」は、私にとってはお気に入りの本屋さんでした。1階にあったIBP(いわさきビジネスプラザ)という旅行代理店さんも、屋久島旅行や、亡き両親がまだ元気でいてくれた頃の横浜への帰省など、様々な思い出ある旅行でお世話になりました。鹿児島にいたおかげで乗る機会に恵まれた、末期のYS-11の搭乗券を買ったのも、この売り場です。

何よりかけがえのない思い出としては、今は亡き両親が当時の我が赴任地・鹿児島に遊びに来てくれて大好きな城山観光ホテルに一緒に泊まった際に、いわさきグループ鹿児島交通(当時;現・鹿児島交通観光バス)が運行する南薩摩方面の観光バス「指宿・知覧コース」に乗った際に、観光バスの乗車券を手配してバスに乗ったのが、この、「いわさきホテル ザビエル450」の1階の場所でした。今にして思えば、最後の泊まりがけの家族旅行となってしまった思い出の旅行の最終日です。両親鹿児島に来てくれて、嬉しかったなぁ、楽しかったなぁ・・・。観光バスに乗って、指宿岩崎美術館長崎鼻フラワーパークかごしま開聞岳池田湖知覧特攻平和会館知覧武家屋敷群を巡り、鹿児島市に戻ってからは、鹿児島市電に一緒に乗って私が住んでいる辺りに行ったり、私のお気に入りの「うなぎの末よし」や「カフェ・マノン」に案内したっけ・・・。あの時は、その僅か1年半後の翌年に母が死に、気落ちした父がさらに翌年死んでしまい、さらに数年後に、「いわさきホテル ザビエル450」が消えてしまうなんて、予想していませんでした。

両親が死んでまだ3年も過ぎていないのに、思い出の場所が消えてしまいました。とても悲しいです。あの日に帰りたいなぁ・・・。また再び、、「いわさきホテル ザビエル450」の前から観光バスに乗って、両親と南薩観光を楽しみたいなぁ・・・。とても悲しく寂しいです。

でも・・・今は亡き両親との最後の家族旅行の思い出の舞台になってくれて、、「いわさきホテル ザビエル450」には、「どうもありがとう」と言いたいです。ホテルや建物は消えてしまいましたが、思い出だけは、私が生きている限り、いつまでも消えません。


 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT








 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

上野原縄文の森ときりしま国分山形屋

上野原縄文の森ときりしま国分山形屋
上野原縄文の森ときりしま国分山形屋

今日は、山形屋本店や「うなぎの末よし」等、懐かしい天文館を楽しんだ後で霧島市国分(旧・国分市)に行き、上野原縄文の森上野原遺跡)、国分ハイテク展望台に行った後で、きりしま国分山形屋のカフェテラスで一休みしています。

上野原縄文の森は縄文時代の貴重な遺跡なのですが、タクシーの運転手さんによるば最近客足が落ちているとの由で、観光振興の上でも国民の知的好奇心の上でも、寂しいと思います。地域産業振興を研究テーマにしている私としては、造成工事が上野原遺跡発見の経緯にもなった国分上野原テクノパークにも興味があるので、(日曜日なので開いていませんでしたが、)インキュベーション施設上野原ビジネスプラザ」も外から見て来ました。

きりしま国分山形屋は、霧島市国分の中心市街地活性化のために山形屋が市に協力して、数年前に建て直して頑張っている店です。頑張って欲しいな、と思います。


 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山形屋百貨店で、お線香と鹿児島レター・セット、鹿児島観光絵はがきのお買い物

山形屋百貨店で、お線香と鹿児島レター・セット、鹿児島観光絵はがきのお買い物
山形屋百貨店で、お線香と鹿児島レター・セット、鹿児島観光絵はがきのお買い物

鹿児島に寄ったので、大好きな山形屋百貨店で、屋久島産のお線香と、鹿児島のレター・セット、観光絵はがきを買いました。この線香は、山形屋デパートに寄る度に、亡き両親のために買っているものです。やはり元・鹿児島市民の私は、山形屋百貨店大好きです。

レター・セットと便箋は、鹿児島観光PRのために使う所存です。


 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

寝台特急はやぶさ&富士

寝台特急はやぶさ&富士
寝台特急はやぶさ&富士
寝台特急はやぶさ&富士
寝台特急はやぶさ&富士
寝台特急はやぶさ&富士

昨夜からの、ブルー・トレイン寝台特急「はやぶさ」の乗車報告の続きです。

下関駅で機関車EF66を交換して、門司駅で、併設していた大分駅行きのブルー・トレイン寝台特急「富士」を切り離しました。

「富士」も「はやぶさ」もかつては西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)まで走っていたのですが、今では「富士」は大分駅まで、「はやぶさ」は熊本駅までに運行区間が短縮化された上に、東京駅ー門司駅間は連結して走っています。そしてとうとう、今年2009年(平成21年)3月14日のダイヤ改正(改悪?)で廃止されてしまいます。

いいものはどんどん消えてしまうんだなぁ・・・わっぜ寂しか!(東京弁訳:べらぼうに寂しい!)

何はともあれ、大好きな九州です。九州、最高!。特に大好きな鹿児島、最高!

 

◎ 当ブログ内の、この時の「はやぶさ」乗車記録の他の日記

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急「はやぶさ」(憧れのブルー・トレイン)」

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です」

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です補足」

 

◎ 寝台特急「はやぶさ&富士」に関する、他の方のブログ記事(このリンク先でも、「はやぶさ&富士」の最後の勇姿を見られます)

「鉄」記者ブログ » さよなら「富士・はやぶさ」(5)

「かがやき@駅名クイズコレクション」: 寝台特急「はやぶさ・富士」(ソロ)の記憶

nodatchのページ - さよなら、富士・はやぶさ(2)

ローカル線散策放談 : 富士・はやぶさ

てくてくテクネコ >  【はやぶさ・富士】ブルートレイン最後の運行 : ITmedia オルタナティブ・ブログ

My Panther Blog: 寝台特急「富士・はやぶさ」(2)

さようなら、「富士・はやぶさ」号 - ワンダーフライヤーVer.2

 

◎ 関連WEBサイト等

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

山陽路の朝です補足

山陽路の朝です補足
山陽路の朝です補足
山陽路の朝です補足

日記「山陽路の朝です」に対する補足です。写真付け漏らしたので、写真載せておきます。

 

◎ 当ブログ内の、この時の「はやぶさ」乗車記録の他の日記

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急「はやぶさ」(憧れのブルー・トレイン)」

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です」

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急はやぶさ&富士」

 

◎ 関連WEBサイト等

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山陽路の朝です

ブルー・トレイン寝台特急「はやぶさ」で迎えた、山陽路の朝です。
やっぱ寝台車、わっぜ良かど!(←第2の故郷の鹿児島弁。第1の故郷の東京弁&横浜弁ちゃんぽんnot標準語訳:べらぼうにいいじゃん!)。

 

補足内容(掲載写真漏らしたので掲載しました)


 

 

◎ 当ブログ内の、この時の「はやぶさ」乗車記録の他の日記

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急「はやぶさ」(憧れのブルー・トレイン)」

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です補足」

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急はやぶさ&富士」

 

◎ 関連WEBサイト等

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台特急「はやぶさ」(憧れのブルー・トレイン)

P1020426









P1020449









P1020451









P1020446









P1020428









 いま、寝台特急はやぶさに乗っています。乗っているのは、憧れのB個室寝台ソロの客車です。大好きなブルー・トレイン。寝台特急はとても素敵なのですが、残念ながら今年・2009年3月14日のダイヤ改正で無くなってしまいます。

 寝台特急はやぶさ熊本まで行き、そこで九州新幹線を使って第二の故郷・鹿児島まで行きます。途中、川内駅で途中下車して、薩摩川内市観光を楽しんでから鹿児島市に行く予定です。

 大好きなブルー・トレインに乗って、懐かしい鹿児島に行って、とても楽しんでいるのですが、こんな素敵な列車が無くなってしまうのは悲しいです。

 両親が存命だった頃、家族旅行で後から私が合流したりする機会にはよく、鉄道マニアの私のために寝台特急を手配してくれたことを思い出します。楽しかったなぁ・・・九州寝台に乗ったと報告したら、生きていたら両親はうらやましがるだろうなぁ・・・。そんなことを考えると、さらに寂しさや悲しみは募ります。

 寝台特急がたくさんあって、両親が存命だった頃に帰りたい・・・。そんな感傷に浸りながら、廃止前に寝台特急はやぶさに乗れた幸運を楽しみんでいます。やっぱ、鉄道旅行はいいなぁ!。


 

 

◎ 当ブログ内の、この時の「はやぶさ」乗車記録の他の日記

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です」

2009年2月14日 (土)付け「山陽路の朝です補足」

2009年2月14日 (土)付け「寝台特急はやぶさ&富士」

 

◎ 関連WEBサイト等

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

鉄道艦船航空陸自マニア

 

Konohaur_1








 

ChiikiIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »