« 津波警報 ∴要注意 | トップページ | 【お知らせ】2010年第50回丸栄百貨店大鹿児島展開催! »

2010年2月28日 (日)

帰れて良かった(長文注意)

 今週末は実家・横浜に 帰省していていたのですが、今朝(2010年2月28日)、鹿児島赴任時の社内同期の友達(注)から 「津波が来るぞ」と携帯メールで起こされました。テレビをつけたら、気象庁津波警報の地域に、我が実家がある「東京湾内湾」も含まれている旨に気づきました。
(注)その友人も、今では転勤で鹿児島を離れています。

 神奈川県内近隣エリアは、外洋に面している鎌倉・三浦・湘南エリアは、例えば中世に鎌倉大仏の大仏殿が津波で倒壊したなど歴史的に津波の被害があり得るのですが、横浜は「東京湾内湾」にあり、外洋に面していません。津波は一般的には、リアス式海岸ほど被害が拡大する旨はよく知られていると思いますので新たに解説を要さないと思いますが、リアス式海岸とは逆に湾口が狭くて奥が広い東京湾でさえ「『津波注意報』ではなく『津波警報』」の対象だという発表内容に、事の重大さを瞬時に悟りました。

 津波警報自体もさることながら、明日は仕事があるので、本日中に名古屋に帰らなければいけません!。横浜自体の被害もさることながら、名古屋に帰るために乗る東海道新幹線浜名湖近辺で海の近くを通ることを瞬時に思い出しました。

こいつぁいけねぇ、鉄道が運行見 合わせになって帰れなくなったら、べらぼうにヤべェじゃん!

 本当は今日は亡き両親の 墓参りをしてから帰る予定でしたが、急きょ予定を変更して、取り急ぎ名古屋に帰ることにしました。昨209年 10月後半以来1月半ばまでほぼ毎週のように先日死んだ叔父の末期のお見舞いをしていた関係で、ここ数ヶ月両親の 墓参りをしていなかったので行きたかったのですが、仕方ありません。

親父、お袋、べらぼうにすま ねぇ。今回は墓参り諦めるが、許しておくんなせぇ!

 すぐに支度をして、実家では朝の焼香もせずに名古屋の自宅に辿り着いてから焼香すること にして、急いで横浜の 実家を出て電車に乗って新横浜駅に行き、東海道新幹線に飛び乗りました。このような 時は、「最悪のシナリオでも最小の被害」となるようにリスク回避しようと思いました、実際に上述の浜名湖近辺に津波が到来するリスクがどれ程のものかは不明だと思いましたが、遅くとも津波到来予測時間までに通 らないと、(運良く津波の規模が小さかった場合でさえ、)運行見合わせリスクで立ち往生するリスクが、その時点では否定しきれませんでした。最悪でも豊橋駅まで到達できれば、最悪、東海道新幹線がそこで運行見合わせになって しまった場合を想定しても、東海道本線名鉄(名古屋鉄道)と代替手段がありますの で、どれか1本でも動いていれば、なんとか名古屋まで辿り着けます。

 このため、津波到来予測時間前の13時13分に名古屋駅に到着した時には、「間に合って良かった」と思ってほっとしました。

 

名古屋の 自宅に辿り着いてからテレビ・ニュースをチェックしたところ、夕方時点の情報では、東海道新幹線は平常どおり運行していました が、横浜の 実家近くの路線が運行見合わせになってい ました。早く実家を出て良かったと思いました。その友人には感謝です。「ありがとうございます(ございました)」のことを、鹿児島弁では「あいがとしゃげもした」と言 います。

あいがとしゃげもした!

 後で知った情報では、繰り返しになりますが、本日(平成22(2010)年2月28日)夕方現在、東海道新幹線は平常どおり運行しています。 むしろ、東海道本線は止まっている区間が東海地域では多かった模様です。第2の故郷・鹿児島で は、JR九州指宿枕崎線全線、日豊本線国分駅鹿児島中央駅間、日南線が運行見合わせになったとの由です。

 まぁ、何はともあれ、無事に帰れて良かった・・・東海道新幹線の車中で、本日で「のぞみ」号の運行が最後となる新幹線500系電車とすれ違うことができたのは、アンラッキーな中での予想外の幸運でした。写真は、今回ではありませんが亡き叔父の生前、死に到る病床にあって毎週のように見舞いをしていた際に、ホスピスがあった衣笠病院から名古屋に戻る途中で昨2009年11月1日 に乗った際に写した、新幹線500系電車の写真です。

500

500_2

500_3

 

◎ チリ地震の津波に関する、当ブログ内の警戒呼びかけ記事

津波警報 ∴要注意

 

◎ チリ地震の津波に関する、公式発表や鉄道運行情報参照先サイト

気象庁ホームページ

JR北海道ホームページ

JR東日本ホームページ

JR東海ホームページ

JR西日本ホームページ

JR四国ホームページ

JR九州ホームページ

私鉄各社に関する、YAHOO!のディレクトリー

 

◎ 鉄道の運行情報に関する、他の方のブログ記事等

地震・津波「JR 九州列車運行情報」 - 折尾案内センター 【JR九州・ホークス情報満載!!】 - Yahoo!ブログ

沿岸部の鉄道各線、運転見合わせ相次ぐ 大津波警報受け

憲広の日常&阪神ブログ  現在の鉄道運行状況・・・

◎ 新幹線500系電車に関する、他の方のブログ記事

かっちゃんの雑記ブログ | 2009.02.28 新幹線 500系 のぞみ

デジカメ写真日記: 追いかけて新幹線500系

新幹線500系のぞみバームクーヘン: アミーチ

山陽新幹線 500系/700系 駅で楽しむ!鉄道写真toバス。/ウェブリブログ

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

|

« 津波警報 ∴要注意 | トップページ | 【お知らせ】2010年第50回丸栄百貨店大鹿児島展開催! »

コメント

カミタクさん
はじめまして。宮下クロマティと申します。先日ジョーンズの『経済成長理論入門』を読んで、グーグルで検索したところここにたどり着きました。多岐にわたる興味の幅と博学ぶりに驚嘆いたしました。これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。失礼いたしました。

投稿: 宮下クロマティ | 2010年3月 1日 (月) 22時07分

宮下クロマティさん、コメントありがとうございます。私も参加して訳した共訳本・チャールズ・I・ジョーンズ著,香西 泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/BOOK0001.HTM
を読んで下さったとの由、誠にありがとうございます。

 貴ブログ「メメクラゲは森繁の夢を見るか?」
http://463-463-643-563.blogspot.com/
の題名って、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%AF%E9%9B%BB%E6%B0%97%E7%BE%8A%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%81%8B%3F

http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/00196b8d.2eba2fa2/?url=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f3648%2f

のもじりですよね。これが映画化された「ブレードランナー」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC

http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/00196b8d.2eba2fa2/?url=http%3a%2f%2fsearch.books.rakuten.co.jp%2fbksearch%2fnm%3ff%3dA%26R2%3d%26D2%3d%26sitem%3d%25A5%25D6%25A5%25EC%25A1%25BC%25A5%25C9%25A5%25E9%25A5%25F3%25A5%25CA%25A1%25BC%26y%3d%26x%3d%26h%3d30%26o%3d0%26s%3d1%26v%3d2%26g%3d003%26e%3d0%26sv%3d30

は、私が青春時代の時期に公開された映画なので、世代的に懐かしい名前です・・・と申しても、公開時に映画館で見たのではなく、TV放映で見たのですけど。

 今後共、よろしくお願い申し上げます。

投稿: カミタクこと神山卓也 | 2010年3月 1日 (月) 22時39分

やはり分かりましたか(笑)ブログタイトルはフィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』から取りました。映画の「ブレードランナー」も全てのバージョンを何度も見ました。映画や文芸作品の造詣にも深いのですね。これからもブログの更新を楽しみにしておりますo(*^▽^*)o

投稿: 宮下クロマティ | 2010年3月 3日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169624/47690058

この記事へのトラックバック一覧です: 帰れて良かった(長文注意):

« 津波警報 ∴要注意 | トップページ | 【お知らせ】2010年第50回丸栄百貨店大鹿児島展開催! »