« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月24日 (日)

「新幹線」と「単なる高速鉄道」の違い~中国の鉄道事故に思う

Ref.中国高速鉄道の、中国浙江省温州市付近での2011年7月23日の事故のgoogleニュースでの検索結果

 まず、最初に、亡くなられた方の、ご冥福をお祈りします。事故さえ無ければ楽しかった筈の鉄道旅行・・・鉄道事故は、とても悲しいです。

 中国の高速鉄道が安全軽視である問題自体は私などが述べなくても皆ご存知なので、わざわざ付け足すことはないので省略します。他の方が述べないであろう点について申せば、結論から申せば、日本では新幹線は「『単なる高速列車』ではなく、『新幹線というトータルな運行システム』であるのに対して、中国では『単なる高速列車』であるに過ぎない」ことによる問題が露呈したのだと思います。

 平成21(2009)年11月に名大(名古屋大)で行われた日本情報経営学会全国大会の際に、統一論題の場で中国から来た先生に、中国の高速鉄道は日本の新幹線とは異なりシステム工学的なトータルなシステムになっていない点について質問した旨は、当時の日記に述べたと おりです。その際に、中国・対外経済貿易大学・国際経済貿易学院の趙忠秀教授は私の質問に真摯に向き合って下さいましたが、そもそも「トータルなシステム」という概念自体が無かったため、「真摯に向き合ってくれたけれど、トンチンカンな回答しかいただけなかった」状態に陥っていました。

 誤解を避けるべく、趙忠秀教授の「姿勢・道義」上の名誉を守るために補足しますが、趙忠秀教授は私の質問に対して真摯に向き合って下さっていました。「システム工学的な発想」自体が欠落しておられたのです。

 高速鉄道だけならば、デカいモーターを積めば先進国ならばどこでも作れます。しかし、それを通勤電車並みの数分間隔の頻発ダイヤで事故なく運行できるのは、日本の新幹線だけです(フランスのTGVなどでは、少なくとも本日記執筆時点では数分間隔の運行など不可能です)。この点が、新幹線と、「単なる高速鉄道」との本質的な相違です。

 事故の発生メカニズムが不明な段階では軽々には何も申し上げられませんが、直感的に上述の「中国には、トータルなシステムという発想が無い」点を想起しました。たとえ仮に安全軽視姿勢ではなかったとしてさえ、上述の「新幹線と、『単なる高速鉄道』との本質的な相違」が分かっていないと、事故の発生確率は悪化するのではないか、と私は思うのです。

 「中国高速鉄道の安全軽視姿勢」については、「わざわざ付け足すことはない」とは申しながら、かねてから1点気になっていたことがあります。それは、中国での高速鉄道の工事のペースが異様に速すぎることです。日本でも東海道新幹線は急いで作りましたが、それでも新丹那トンネルなどは戦前からの掘削の経緯があったりします。九州新幹線等の際に開業までにかかった時間と比べれば、純粋に工学的にも、沿線の住民・環境上の対策という見地からも、余りにも建設速度が速過ぎるのです。この突貫工事ぶりも、安全性の見地からは直感的に「怖い」と思っておりました。

 繰り返しになりますが、亡くなられた方の、ご冥福をお祈りします。事故さえ無ければ楽しかった筈の鉄道旅行・・・鉄道事故は、とても悲しいです。

 

 

◎ IT・情報システム,地域産業振興,ならびに国際政治学/安全保障論に関する、私自身の共著&共訳&研究業績(学術論文,学会報告)&解説記事(抜粋)

・ 神山卓也(1997)「経営情報システムのライフサイクルに基づく投資関数の実証分析」OA学会(オフィス・オートメーション学会)『オフィス・オートメーション』,Vol.18,No.3,pp.76-85
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(1999)「大手都市銀行の情報化投資における経営情報システムのライフサイクル」OA学会(オフィス・オートメーション学会)『オフィス・オートメーション』,Vol.19,No.3,pp.53-60
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ チャールズ・I・ジョーンズ著,香西泰監訳(1999)『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』,日本経済新聞社
経済成長理論入門








 

・ 神山(1999)「海洋の自由維持のための日米安保再々定義の提唱」,防衛大学校防衛学研究会『防衛学研究』,第22号,pp.122-136

・ 原田 保,涌田幸宏 編著(2000)『デジタルストラテジー』,中央経済社
デジタルストラテジー








 

・ 神山(2000)「eコマース - 時空を超えるネットワーキング」,中央経済社『旬刊経理情報』,2000年10月1日号,pp.18-21

・ 神山(2001)「IT革命を考える--我が国黎明期のe-politicsにおける現状と課題 (特集:IT革命) 」OA学会(オフィス・オートメーション学会)『オフィス・オ-トメ-ション 』,Vol.21,No.3,pp.68-71
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2001)「eエコロジーに関する概観的考察」OA学会(オフィス・オートメーション学会)『オフィス・オートメーション』,Vol.22,No.3,pp.66-71
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2002)「みずほ銀行のシステムトラブル発生メカニズムの事例研究 : システムと経営の両面から」OA学会(オフィス・オートメーション学会)『情報系 : OA学会論集』,Vol.23,No.2,pp.7-11
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ P.エドワーズ著,深谷庄一監訳(2003)『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』,日本評論社
クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略








 

・ 神山(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 宮崎正康 地域研究会編著(2005)『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい
IT活用で地域が変わる








 

・ 神山(2005)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2005)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売
木の葉、売ります








 

・ 神山(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

・ 神山(2009)「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』pp.135-138

・それ以外,今後の私の研究業績については、拙個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋」内の「学術研究の部屋」でご参照いただけます。

 

 

◎ その他、本件のテーマに関する、他の方のブログ

ぼやきくっくり | 中国の高速鉄道事故で取り急ぎ

ぼやきくっくり | 中国高速鉄道事故 車両隠蔽に朝日記者も驚愕!?

中国高速鉄道事故後、中国が最も恐れていることについて雑感: godmotherの料理レシピ日記

ついに中国新幹線事故 - 落葉松亭日記

Open ブログ: ◆ 中国の新幹線事故

【中国高速鉄道】「停電?事故のうちに入らない」「ちなみにパクリもないぞ」中国人研究者吠える : KINBRICKS NOW

天罰てきめん・中国高速鉄道大事故 - 浙江省温州(うんしゅう)列車衝突事故 --タイ王国から見た日本・アジア

中国の高速鉄道事故少し妄想:イザ!

中国高速鉄道事故と新幹線とジャイアントロボ: なつやすみ

大西 宏のマーケティング・エッセンス : 中国の新幹線事故は他人事だろうか - ライブドアブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

さらば愛しのマツダRX-8

 2011年8月1日付けで異動になり、名古屋市から首都圏に戻ることになりました。7月14日(木)に内示が出て、7月15日(金)にオープンになりました。

 両親亡き後の実家に戻ることになるのですが、実家に戻ると駐車場が無いため、泣く泣く愛車を手放すことにしました。かつて亡父も生前、転勤稼業の最後に首都圏に戻って来た際、「最も近くの空いている駐車場が2km先」だったため、愛車を手放しております。

 愛車は、鹿児島赴任時代の終わりに買った、マツダのRX-8。原任地では、名古屋市の中でも車が無くても生きていける場所に住んでいたり、仕事に穴をあけないように全力を尽くしながら研究活動と両立させる日々故に土日にドライブする時間的余裕が無かったり、運転が下手な私は余りにも大切な車なので事故るのが怖くて運転ビビっていたり(←我ながら情けない)、あれやこれやで残念ながらドライブを楽しめませんでしたが、それでも、べらぼうに愛着がある愛車でした。

 鹿児島在住時代は、亡き両親との最後の家族旅行の思い出の場所・フラワーパークかごしまを再訪することができたのも、この愛車でドライブしたからでした。この再訪は私の内面的には極めて大きなことでしたので、その機会を作ってくれた車でもあります。独身売れ残りの私は、残念ながら愛車での家族(妻子)との思い出はないので、亡き両親との思い出の地を辿ることが、「この愛車での、家族に関する思い出」になります。

 

・ フラワーパークかごしま
フラワーパークかごしまの近くには、開聞岳眺望の名所・長崎鼻もあります。)

フラワーパークかごしま

 

 名古屋市在住中、この車に関してお世話になった、東海マツダ茶屋ヶ坂店で売って来ました。このお店の方にはとてもよくしていただいていたので、この方々とお別れするのも、とても寂しく悲しいです。

 お店の方が、車と一緒の私の写真を撮ってくれました。実は、2枚目の写真では、愛車とお別れするのが悲しくて、涙ボロボロの顔になっています。本当は手放したくなかったので、今、この文章を書いている最中も、思わず涙がこぼれてきてしまいます。

 

Rx8_1

Rx8_2

 

 大好きだった車、今までどうもありがとう。次のオーナーが、この車を大切に扱ってくれる方であることを、心から祈ります。

 お世話になったお店のPRと兼ねて東海マツダ茶屋ヶ坂店の場所と写真を示せば、以下のとおりです。お車お求めの方は、お勧めのお店です。


大きな地図で見る

Photo

 

なお、お車をお求めの方は、カー・ディーラーに行く事前に私までご相談いただければ、拙・奉職先会社から最寄りの良きディーラーをご紹介申し上げますので、いつでもご相談下さい。全国どこでも、どのメーカーでも結構です。ただし、ディーラーに行く前にご相談いただきますようお願い申し上げます。新車だけでなく、中古車も承っております。

 

 

◎ マツダRX-8,ならびにロータリー・エンジンについて

○ マツダRX-8公式WEBサイト

○ マツダ・RX-8 - Wikipedia

○ ロータリーエンジン - Wikipedia

 

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

STATISTICS
当ブログ管理人・神山卓也所属ロックバンド「STATISTICS

 

アルバムの表紙

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »