« 2012年3月8日(木)~3月13日(火)、名古屋・丸栄丸栄百貨店で大鹿児島展が開催されます | トップページ | 東京・三越日本橋本店で第12回鹿児島展が2012年3月14日(水)~3月20日(火・祝)開催されます。 »

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年(2010年チリ地震も含めて、思うこと)

 本日は、平成23年(2011年)3月11日に起きた東日本大震災東北地方太平洋沖地震)から1年目です。地震後の大津波で死者15,854名、行方不明者3,155名(注)もの大被害が出てから、既に1年です。
(注)出所:平成24年3月10日付け警察庁緊急災害警備本部広報資料「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置」(PDF版,リンク先URLは2012年3月現在

 多くの尊い命が失われ、私が相次いで両親を失ってしまった時のあの悲しい思いと同じ思いを味わってしまった人が大量に生じ、家族の思い出のある家や積み上げてきた人生を失った人が多く生じ、多くの方が職や生活基盤を失い、福島第一原子力発電所事故で多くの人が甚大な被害を被り、多くの方が職を失い・・・あの悲惨な地震から1年です。

 は、黙祷(もくとう)はテレビの東日本大震災一周年追悼式を見ながら行いました。追悼式報道を見ながら黙祷したのには、理由があります。それは、病身の身でありながら無理してまでも国民と共にあろうという思いで追悼式に参加された天皇陛下と、心を一つにした上で黙祷したかったからです。日本の天皇は西欧に例えれば国王や皇帝というよりはむしろローマ法王に近い祭司王とも呼ぶべき存在であり、言い換えれば「国民と共に祈って下さる」存在です。余談ながら、桓武天皇を最後に天皇が直接権力を握る文化は日本にはなく(後醍醐天皇のように権力奪取を試みた天皇はいましたが、その試みは失敗しました)、平城天皇以来、英国よりも何世紀も古い時代から日本では「君臨すれども統治せず」でした。天皇陛下が手術を受けた後も、この追悼式にだけは参加したいと思われたご心境からは、正にこの「国民と共に祈る天皇」としての思いや使命感を窺うことができ、その思し召しを尊重したいと思ったからです。

本当に、多くの命が失われ、多くの人が様々な大切なものを失ってしまった・・・思う度に、涙が止まらない

 あの惨事以来、実はずっと無念に思っていることがあります。それは、津波に関する事前の警告が届かなかったということです

 東日本大震災の前年、2010年2月のチリ地震の津波警報の際に、私は避難行動を取りましたが、その時に避難した人は、わずか3.8%止まりでした(注)。亡父が生前の現役時代に気象庁職員だったために津波に関して問題意識を以前から持っていたは、この避難率の低さに対して、内心、深刻な危機感を覚えました。
(注)出所:2010年3月9日朝日新聞ニュース「津波避難3.8%どまり チリ大地震で指示・勧告の地域」(リンク先URLは2012年3月現在)

 時期的に2010年2月のチリ地震の直後の2010年3月14日(日)、NHKNHKスペシャルで、MEGAQUAKE 巨大地震第4回「TSUNAMI 襲来の悪夢」の放送でで巨大津波の被害への警告をしていました。この番組は東京大学地震研究所報道対応「放送予告!3月7日(日), 3月14日(日) NHKスペシャル 『MEGAQUAKE 巨大地震』」によれば(リンク先URLは2012年3月現在)、同年1月からのシリーズ放送ですので、番組製作の意図はタイミング上放送開始後の2010年2月のチリ地震を踏まえたものではないものの、第4回「TSUNAMI 襲来の悪夢」の放送は2010年2月のチリ地震の後であったため、時期的には丁度、「津波警報で逃げなかった人達への、津波の危険の恐ろしさの周知」になるものでした。津波で逃げなかった9割以上の方が目を覚ましてくれることを切実に願いながらはこの番組を見ましたし、恐らくは番組スタッフや中に登場した防災関係者の方々も同様だったであろうと推測します。

→ NHKオンデマンド:MEGAQUAKE 巨大地震第4回「TSUNAMI 襲来の悪夢」

【楽天市場】キーワード「Megaquake+巨大地震+NHK」の検索結果

 また、は迂闊(うかつ)にも東日本大震災の後で本の存在を知ったのですが、関西大学社会安全学部河田恵昭教授が2010年12月に出した本『津波災害――減災社会を築く』(岩波新書)は、正に、2010年2月のチリ地震での避難率の低さを憂えた河田恵昭教授が、急いで出版した本であるとの由です。

河田恵昭津波災害 減災社会を築く(岩波新書,2010)

 でも、このような警告も空しく、東日本大震災の津波大被害が起きてしまいました。三陸地域の人達は、別に何も備えを怠った訳ではなく、備えた上で、防潮堤防波堤が想定外の大津波に「負けて」しまったための被害ですので、三陸地域の人達は決して対策を怠っていた訳ではありません(誤解を避けるべく念のため。また、自身、仙台湾以南の地域で、これ程までの津波被害が起きるのは正直言って、想定外でしたので、その地域の方々が(三陸地域の人達とは異なり、津波慣れしていないので)適切な回避行動を取れなかったとしても、「できないことは、要求できない」ため、しょうがなかったのでしょう。

 それでもなお、上述のようなテレビ番組や本での警告が事前にもっと知られていたら、たとえ1人でも多く助かった命はあったのではないか・・・そう思うと、無念でならない訳です。

 

 

◎ 本日の日記に関連する、過去の私の日記記事

2010/2/28「帰れて良かった(長文注意)」(注:2010年チリ地震津波警報のもの)

2011/3/21「東北地方太平洋沖地震義援金受付窓口情報(調べてみました)」

2011/3/22「【長文注意】頭では自粛はいけないと分かっていても、「申し訳なさ」を感じる方へ~自分の立場でできることの一環としての提案」

2011/3/23「雨の中のお彼岸&地震後初めて横浜に帰省しての感想」

2011/10/10「東日本大震災被災地復興支援ボランティアに参加しました」

東日本大震災被災地には産業振興が必要だ~雇用・仕事に関するニュースを読んで

 

 

◎ 本日の日記に関連する、他の方のブログ記事

「MEGAQUAKE 巨大地震」1年前の番組に改めてショックを受ける:坂本史郎の【朝メール】より:ITmedia オルタナティブ・ブログ

NHKスぺシャル 、MEGAQUAKE 巨大地震シリーズ 「津波」: 二郎余話

老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog 「口は幸せのもと!」:「NHKスペシャル MEGAQUAKE 巨大地震」ぜよ!

For the RUSH's blog : Megaquake 巨大地震

「津波被害 -減災社会を築く」 - リハ医の独白

「津波災害――減災社会を築く」河田惠昭 著 | Kousyoublog

「津波災害」-減災社会を築く: ケンケンの独り言

河田恵昭◎津波災害──減災社会を築く: 平成引用句辞典=気になるフレーズ

津波災害――減災社会を築く (岩波新書)|誇りを失った豚は、喰われるしかない。

知っていたはずなのに… - 『津波災害 - 減災社会を築く』河田惠昭 - 世界はあなたのもの。

Kiankou books review  津波災害――減災社会を築く

『津波災害-減災社会を築く』を読む(その2) - 答えは現場にあり!技術屋日記

歌島昌由の近況 : 『津波災害--減災社会を築く』(岩波新書、河田惠昭著)

東日本大震災一周年、誇りの再生あるいは確認の時 : アゴラ - ライブドアブログ

今日は東京大空襲67年 明日は東日本大震災1年がんばれ東北 がんばれ日本: 依存症の独り言

東日本大震災から一年 | 被災地復興の様子@三陸町

散策する見物: 東日本大震災から1年

3月11日は北鎌倉・建長寺で祈りましょう: 東日本大震災 一年目の祈り

東日本大震災1年 『3月11日』 OTOのBLOG/ウェブリブログ

 

 

◎ 地域産業振興に関する過去の私の共著・研究業績(被災地に雇用が創出されることを祈念して)

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 神山(2005)『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい,pp.15-41
IT活用で地域が変わる








 

・ 神山(2005)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2005)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売,2006年12月10日)
木の葉、売ります








 

・ 神山(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

・ 神山(2009)「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』pp.135-138

・ 神山(2009)「クチコミ観光情報サイトにおける知識創造のECIプロセス」『日本情報経営学会 第59回全国大会予稿集』pp.161-164

・ 神山(2009)「地域SNS発のまちおこしに関する事例研究」『日本情報経営学会誌』,Vol.30,No.2,pp.12-21
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・それ以外,今後の私の地域産業振興に関する研究業績については、リンク先ご参照。

|

« 2012年3月8日(木)~3月13日(火)、名古屋・丸栄丸栄百貨店で大鹿児島展が開催されます | トップページ | 東京・三越日本橋本店で第12回鹿児島展が2012年3月14日(水)~3月20日(火・祝)開催されます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169624/54196973

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から1年(2010年チリ地震も含めて、思うこと):

« 2012年3月8日(木)~3月13日(火)、名古屋・丸栄丸栄百貨店で大鹿児島展が開催されます | トップページ | 東京・三越日本橋本店で第12回鹿児島展が2012年3月14日(水)~3月20日(火・祝)開催されます。 »