« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月19日 (日)

陸前高田市・東日本大震災1年4ヶ月後の被災地の状況報告(被災地復興支援ボランティア参加時に写しました)

 最近更新をサボっておりましたので、いささか旧聞に属する話で恐縮ですが、平成23年(2011年)3月11日に起きた東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の被災地の中の一地域・岩手県陸前高田市に、先月(平成24年(2012年)7月)、被災地支援ボランティアに行って参りました。


大きな地図で見る

 具体的に何のボランティアに行って来たかについては省略いたしますが、昨年(平成23年(2011年))9月8日(木)~9月9日(金)、宮城県石巻市大原浜で行った側溝清掃のボランティアのような、ガテン系のボランティアではありません。

 陸前高田市の津波発生時の状況は、YouTubeの、例えば以下の3件の動画でご覧いただけます。

陸前高田市消防団員の津波映像 フル映像その1

陸前高田市消防団員の津波映像 フル映像その2

陸前高田市消防団員の津波映像 フル映像その3

 さて、以下は、私が見た現況です。

 

旧陸前高田市民会館

 上の写真は、旧陸前高田市民会館跡(地図)です。ここは、有事の際の指定避難所に指定されていたために東日本大震災の際に多くの人が逃げ込んだところ、3階建の建物が津波で水没してしまい、避難した市民7~80人の内、助かったのは十数人だけだったと言われる大被害が生じてしまった建物です(注)。
(注) 被害については、河北新報2011/11/23(水)付「証言/市役所屋上、命のとりで/陸前高田・避難所で多数の犠牲者」(リンク先URLは2012年8月現在)

 

旧陸前高田市役所

 上の写真は、旧陸前高田市民会館の向かいにあった旧陸前高田市役所跡(地図)です。「東日本大震災(地震、津波)、被害状況専門サイト:陸前高田市:東日本大震災(地震、津波)被害、復興状況まとめ」によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、この市役所の建物も東日本大震災の津波が十数mある屋上にまで到達し、屋上の給水塔等に登った人が助かった場所です。市役所の玄関には祭壇があり、そこで焼香しました。

 陸前高田市役所は、2012年8月現在、「〒029‐2292  陸前高田市高田町字鳴石42番地5」(Tel.:0192‐54‐2111)に仮庁舎を設けています(地図)。

 

「キャピタルホテル1000」跡

 上の写真は、歌手の千昌夫が関与したホテルとして知られる旧「キャピタルホテル1000」跡です(地図)。死者は出ずに済んだとの由ですが、ここも海に近いので津波の大被害に遭いました。三菱商事(株)プレスリリース2012/8/16付け「陸前高田市におけるホテル再建事業支援に関する基本合意について」によれば(リンク先URLは2012年8月現在)三菱商事(株)が事業支援して、平成25年(2013年)6月のグランドオープンを目指して「キャピタルホテル1000」は移転再建する予定との由です。上記プレスリリースによれば、移転先はこの辺り(地図)との由です。

 

旧岩手県立高田病院跡

 上の写真は、旧岩手県立高田病院跡です(地図)。「東日本大震災(地震、津波)、被害状況専門サイト:陸前高田市:東日本大震災(地震、津波)被害、復興状況まとめ」によれば(リンク先URLは2012年8月現在)、最上階まで津波で浸水し、患者、病院職員合わせて164人が、屋上に取り残れた場所です。岩手県立高田病院は、平成23年(2011年)7月25日に陸前高田市米崎町字野沢34-1(Tel.:0192-54-3221)(地図)の仮設病棟での診療を開始し、平成24年(2012年)2月1日からは仮設病棟での入院も再開し、2012年8月現在、仮設診療所・仮設病棟で診療を行っているとの由です。

 

陸前高田市の街並みの跡地1

陸前高田市の街並みの跡地2

陸前高田市の街並みの跡地3

 上の写真は、陸前高田市の街並みの跡地です。水が引いていない陸地もありました。

 

東日本大震災鉄道被害(R大船渡線)

 上の写真は、よく見えにくいですが、JR大船渡線の橋脚が津波被害で寸断されている状況です。2012年8月現在、JR大船渡線は気仙沼駅までしか復旧できておらず、同駅-盛駅(さかりえき)は不通のままとなっており、この不通区間には陸前高田駅も含まれます。

 陸前高田市の被災状況については、当日記の他にも、例えば(2) 陸前高田 体育館・市役所・市民会館 - いまから、ここから - Yahoo!ブログ等にも載っています。

 

りくカフェ(陸前高田市)

 上の写真は、津波被害に遭った陸前高田市で、公式HPをそのまま引用すれば「地域住民の居場所=まちのリビングを、地域の住民が主体となってつくるプロジェクト」として始められた「まちのリビング」プロジェクトにおける仮設カフェ「りくカフェ」です。「りくカフェ」では、地元の神田葡萄園のマスカットサイダー等を注文することもできます。
陸前高田市高田町字鳴石22番9号(地図
営業時間:月曜日~金曜日10:00~16:00,土曜日10:00~12:30,日・祝はお休み
→「まちのリビング」プロジェクト:公式ホームページ, 公式ブログ
(「オートバイで弟来高・亜細亜大学のみなさんりくカフェへ・竹内剛さんギターライブ・えびはらよしえさんギターライブでした」や「ようこそ~西出監督ご両親 りくカフェ訪問」等の日記記事があります。)

 

「りくカフェ」周辺の医療施設(陸前高田市)

 「りくカフェ」のある区画には、鵜浦医院と吉田歯科医院もできていました。

 

ショッピングプラザマイヤ滝の里店1

ショッピングプラザマイヤ滝の里店2

ショッピングプラザマイヤ滝の里店3

 内陸に、スーパーマーケット「マイヤ(Maiya)」の滝の里店を核店舗にして、三陸菓匠 さいとう高田店、auショップ陸前高田(兼松コミュニケーションズ(株)経営)、クリーニング ママ号マイヤ滝の里店、学習塾の公文式高田教室、岩手銀行高田支店、東北銀行高田支店、北日本銀行高田支店が出店する「ショッピングプラザマイヤ滝の里店」ができていました(陸前高田市竹駒町滝の里1番(地図))。マイヤは、かつて陸前高田市では高田店が「陸前高田市高田町字馬場前111(地図)」に(当時の写真は「陸前高田市探訪(ブログ)・マイヤ高田店前景」に載っています(リンク先URLは2012年8月現在))、リブル店が「前高田市高田町字中宿40-1(地図)」にありましたが、津波で被災してしまいました。

 復興市場(ブログ)・マイヤ 滝の里店被災地復興の様子@三陸町(ブログ)・マイヤ出張販売所YouTube「『氷上太鼓』@マイヤ滝の里店開店記念 」日本全国スーパーマーケット情報・マーケットプレイスマイヤ高田町出張販売 - 基礎情報マイヤ公式HP「マイヤ 復興への道」岩手発・被災地支援情報サイト (ブログ)・【東海新報】マイヤアップルロード店 米崎町に期待に応えオープン 3月26日によれば(各リンク先URLは2012年8月現在)、被災した方々の生活を支えるために、マイヤは被災月・2011年3月15~18日に陸前高田市立米崎小学校(陸前高田市米崎町川内1(地図))で、同年3月18~28日に陸前高田ドライビングスクール(陸前高田市竹駒町字相川74-1(地図))内で出張販売開始を行い、同年3月29日から陸前高田市高田町鳴石89(地図)の仮設店舗「鳴石出張販売所(通称:高田町店)」、相野果樹園(陸前高田市米崎町字高畑95(地図))での仮設店舗「相野果樹園出張販売所」を、同年9月12日には仮設住宅が設けられたオートキャンプ場モビリア(陸前高田市小友町獺沢155-78(地図))に「モビリア出張販売所」(同年8月末イオン撤退跡)を設けて、出張販売を開始したとの由です。2011年8月4日に、より本格的な仮設店舗として、上述の滝の里店をオープンしたとの由です。滝の里店開店に伴い、2011年9月10日に鳴石出張販売所は閉鎖し、同年9月20日に相野果樹園出張販売所も閉鎖になりました。本格的な店舗としては、上述の滝の里店の他に、2012年3月24日に「アップルロード店」(陸前高田市米崎町字道の上67-1(地図))を開店したとの由です。

 このように被災者の方々の生活が維持されている施設ができている様子が見えたのは、ほっとするような情景でした。
スーパーマイヤ(MAIYA)公式WEBサイト
滝の里店:陸前高田市竹駒町滝の里1番(地図

 なお、2011年8月4日のマイヤ滝の里店開店時の様子は、YouTubeにも載っています→YouTube「『氷上太鼓』@マイヤ滝の里店開店記念 」

YouTube「『氷上太鼓』@マイヤ滝の里店開店記念 」

 

陸前高田市災害ボランティアセンター1

陸前高田市災害ボランティアセンター2

 写真は、陸前高田市災害ボランティアセンター(〒029-2202 岩手県陸前高田市横田町字狩集96-3(地図))です。ボランティアに参加したい方は、こちらでお問い合わせいただけますいただけます(2012年8月現在)。。

 陸前高田市をはじめ、被災地域の復興が進むことを、心よりお祈りします。また、地域産業振興を研究テーマとする経営学徒でもあるとしては、観光でのご来訪や被災地地域の物産購入で、本業で被災地の方々の生計が成り立つような支援も、皆様がして下さったら良いことだと思います。

陸前高田市観光物産協会公式WEBサイト
カミタク・ブログ(拙ブログ)「【長文注意】頭では自粛はいけないと分かっていても、「申し訳なさ」を感じる方へ~自分の立場でできることの一環としての提案」

○ 岩手大学の学生達で組織する陸前高田市支援団体「岩大E_code(イーコード)」発行の、陸前高田市を紹介するフリーペーパー「いいことマップ」については、
岩手大学プレスリリース(2012/6/26)「 陸前高田フリーペーパー「いいとこマップ」創刊についてのご案内[PDF]」

 

 

◎ その他、当ブログ日記に関連のある、他の方のブログ日記記事

岩手県陸前高田市:東日本大震災(地震、津波)の被害状況

「東日本大震災(地震、津波)、被害状況専門サイト:陸前高田市:東日本大震災(地震、津波)被害、復興状況まとめ」

まちのリビング」プロジェクト公式ブログ:オートバイで弟来高・亜細亜大学のみなさんりくカフェへ・竹内剛さんギターライブ・えびはらよしえさんギターライブでした

まちのリビング」プロジェクト公式ブログ:ようこそ~西出監督ご両親 りくカフェ訪問

復興市場(ブログ)・マイヤ 滝の里店

被災地復興の様子@三陸町(ブログ)・マイヤ出張販売所

岩手発・被災地支援情報サイト (ブログ)・【東海新報】マイヤアップルロード店 米崎町に期待に応えオープン 3月26日

信じることができない陸前高田市の惨状  M9・0東日本大震災(22): 砂時計主義

被災地の今と明日(陸前高田市):バブル世代もクラウドへGO!:ITmedia オルタナティブ・ブログ

陸前高田市の二本松(被災地めぐり&写真)>コチラヘ>: ま316ゆの覚書

陸前高田出身だ!  陸前高田市・東日本大震災から一周年 6

陸前高田市キャピタルホテル付近:東日本大震災の爪あとを訪ねて:So-netブログ

岩手県立高田病院の石木幹人院長 - 真似屋南面堂はね~読書から連想が暴走したり妄想したり?述而不作

再生 陸前高田  りくカフェ

fflower & community 若草:陸前高田でのコミュニティガーデンづくり-1

陸前高田市から宮古市の旅 中野新太郎の、《木の実まま》/ウェブリブログ

気仙食べまくり♡:カフェ Bricks 808(ブロック808)

えにしのざ:マイヤ高田店

住田町災害ボランティアセンター「住田町基地」 | お盆明けでも暑いです。

5週間の活動を終えて(2):広田湾 - NICE-ナイス-災害復興特別ワークキャンプ@陸前高田

岩手県立高田病院: ある経営コンサルタント

旅恋Purple・塩見  東日本大震災復興支援ボランティアツアーに参加してきました

○ 岩手大学の学生達で組織する陸前高田市支援団体「岩大E_code(イーコード)」発行の、陸前高田市を紹介するフリーペーパー「いいことマップ」については、

岩手大学プレスリリース(2012/6/26)「 陸前高田フリーペーパー「いいとこマップ」創刊についてのご案内[PDF]」

もりおか地域SNS「モリオネット」::1/1461 on もりおか地域SNS - 陸前高田情報冊子(フリーペーパー)「いいことマップ」設置場所

いいことマップ  風を抱く。

 

 

(今日の日記内容とは無関係ですが)
<社会人向け大学院の母校のPR>

東洋英和女学院大学大学院
東洋英和女学院大学大学院は、社会人向け夜間共学大学院です。人間科学研究科と国際協力研究科(旧・社会科学研究科)とがあります。

高知工科大学
((高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院「高知工科大学大学院起業家コースは、我が母校!)

高知工科大学大学院起業家コース
高知工科大学大学院起業家コースは、(高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院です。スピンオフ型ベンチャー(独立開業)志向者の方だけでなく、企業内起業(新規事業等)で現・所属企業に貢献したい方のためにもお勧めです。起業(企業内起業も含む)に特化したMOT(Management of Technology;技術経営)の大学院で、「起業工学」と言えますが、一般的に「経営学」の大学院に行きたい方にもお勧めです。

 

 

◎ 地域産業振興のための、私自身の共著&研究業績(学術論文,学会報告)

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 宮崎正康 地域研究会編著(2005)『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい
IT活用で地域が変わる








 

・ 神山(2005)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2005)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売
木の葉、売ります








 

・ 神山(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

・ 神山(2009)「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』pp.135-138

・ 神山(2009)「クチコミ観光情報サイトにおける知識創造のECIプロセス」『日本情報経営学会 第59回全国大会予稿集』pp.161-164

・ 神山(2009)「地域SNS発のまちおこしに関する事例研究」『日本情報経営学会誌』,Vol.30,No.2,pp.12-21
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・それ以外,今後の私の地域産業振興に関する研究業績については、リンク先ご参照。

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

鉄道艦船航空陸自マニア
鉄道艦船航空陸自マニア

 

炭鉱マニア
炭鉱マニア

 

Noblesse Oblige カミタクの部屋
当ブログ管理人・神山卓也の個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

 

◎ ロックバンド「STATISTICS

STATISTICS
当ブログ管理人・神山卓也所属ロックバンド「STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

 

◎ 短歌結社「アララギ後継誌『短歌21世紀』所属アララギ歌人としての短歌作品

○ 神山卓也公式HP内「短歌の部屋」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »