« 「美唄市郷土史料館訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) | トップページ | 「アルテピアッツァ美唄訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) »

2012年9月13日 (木)

「美唄鉄道旧東明駅訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録)

☆ 「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録

  美唄鉄道旧東明駅訪問記

 2011年1月、「美唄鉄道旧東明駅訪問記」を新設しました。美唄鉄道旧東明駅について詳しくはリンク先でご参照.いただけます。

美唄鉄道旧東明駅















詳しいご案内は  美唄鉄道旧東明駅訪問記;

 

 なお、美唄鉄道旧東明駅について紹介するページ(画面)は、が運営する、別のホームページで炭鉱石炭を紹介するホームページ「炭鉱マニア」の三菱美唄炭鉱欄にも美唄鉄道旧東明駅として設けております。

 

 

(今日の日記内容とは無関係ですが)
<社会人向け夜間 or 土日開講大学院の母校のPR>

東洋英和女学院大学大学院
東洋英和女学院大学大学院は、社会人向け夜間共学大学院です。人間科学研究科と国際協力研究科(旧・社会科学研究科)とがあります。

高知工科大学
((高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院「高知工科大学大学院起業家コースは、我が母校!)

高知工科大学大学院起業家コース
高知工科大学大学院起業家コースは、(高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院です。スピンオフ型ベンチャー(独立開業)志向者の方だけでなく、企業内起業(新規事業等)で現・所属企業に貢献したい方のためにもお勧めです。起業(企業内起業も含む)に特化したMOT(Management of Technology;技術経営)の大学院で、「起業工学」と言えますが、一般的に「経営学」の大学院に行きたい方にもお勧めです。

 

 

◎ その他、鹿児島のご案内

 国内旅行ご計画の方は、鹿児島に行くと楽しいですよ!。九州新幹線も2011年3月12日に全線開業して、近くなりした。
→ 鹿児島の観光と温泉の紹介サイト「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」へ
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

・ 桜島

桜島



・ 鹿児島温泉鹿児島市内温泉)・城山観光ホテルの、桜島が見える天然温泉露天風呂「さつま乃湯」

城山観光ホテル



・ 島津家別邸・名勝 仙巌園磯庭園

島津家別邸・名勝 仙巌園(磯庭園)



・ 尚古集成館

尚古集成館



・ 鶴丸城鹿児島城

鶴丸城(鹿児島城)



・ 鶴丸城趾鹿児島城趾)<にある歴史博物館(兼)美術館・鹿児島県歴史資料センター黎明館

鹿児島県歴史資料センター黎明館



・ いおワールド かごしま水族館

いおワールド かごしま水族館



・ いおワールド かごしま水族館桜島フェリー・ターミナル最寄りのおしゃれな鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」には、ドルフィンポート・足湯もあります。

鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」



・ 鹿児島市の繁華街・天文館にある山形屋百貨店

山形屋百貨店



・ 鹿児島市照国神社

照国神社



・ 県庁所在地源泉数日本1の大温泉地でもある鹿児島温泉鹿児島市内温泉)の温泉銭湯・霧島温泉
(注:名前が紛らわしいのですが、温泉地としての霧島温泉の温泉施設ではありません。天文館最寄りの、鹿児島温泉鹿児島市内温泉)の温泉銭湯(立ち寄り湯)です。なお、鹿児島県は、県別源泉数日本2位の温泉天国県です。)

霧島温泉



・ 指宿温泉指宿いわさきホテル

指宿いわさきホテル



・ フラワーパークかごしま
フラワーパークかごしまの近くには、開聞岳眺望の名所・長崎鼻もあります。)

フラワーパークかごしま



・ 海が見える露天風呂・山川ヘルシーランド露天風呂
ヘルシーランド露天風呂からは、開聞岳が見えます。)

山川ヘルシーランド露天風呂



・ 知覧特攻平和会館

知覧特攻平和会館



・ 薩摩の小京都・知覧武家屋敷群

知覧武家屋敷群



・ 霧島温泉郷霧島いわさきホテル
霧島いわさきホテルには、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公・坂本龍馬も入湯した栄之尾温泉があります。霧島市には、霧島温泉の他、妙見温泉など新川渓谷温泉郷,  日当山温泉等の温泉地があります。)

霧島いわさきホテル



・ 天孫降臨伝説の神社・霧島神宮

霧島神宮



・ NHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公・坂本龍馬日本初の新婚旅行天逆鉾(あまのさかほこ)を引き抜いたという逸話がある、天孫降臨伝説の霊峰・高千穂峰

高千穂峰



・ 霧島連山(以下の写真は、韓国岳から眺めた大浪池

霧島連山



・ 塩浸温泉龍馬公園
坂本龍馬の日本初の新婚旅行関連観光スポットの中の1つです。)

塩浸温泉龍馬公園



・ 妙見温泉妙見石原荘
妙見温泉の最寄りには、和気神社,  犬飼滝もあります。)

妙見石原荘



・ 大隅国一宮・鹿児島神宮
霧島市国分・隼人地区から姶良市にかけてにはこの他、蒲生八幡神社,  隼人塚,  上野原縄文の森上野原遺跡),  龍門滝等もあります。)

鹿児島神宮



・ 金山坑道跡見学,金山坑道跡を利用した焼酎蔵の工場見学, 薩摩料理が揃った金山&焼酎和風テーマパーク・薩摩金山蔵

薩摩金山蔵



・ 薩摩国一宮・新田神社
(川内(せんだい)駅は九州新幹線停車駅です。新田神社の背後にはニニギノミコトの山陵・可愛山陵があり、新田神社がある薩摩川内市(さつませんだいし)には他にも、例えば泰平寺,  川内歴史資料館,  川内まごころ文学館,  薩摩国分寺跡史跡公園,  川内戦国村,  甑島(こしきじま)等の観光スポットや川内高城温泉(せんだいたきおんせん),  市比野温泉(いちひのおんせん),  藺牟田温泉郷(いむたおんせんきょう),  入来温泉(いりきおんせん)等の温泉地があり、夏には川内川花火大会が行われます。また、九州新幹線からバス・タクシーに乗り継いで行く場合、宮之城温泉紫尾温泉しびおんせん)等のさつま町の温泉地へは、鹿児島中央駅と共に川内駅も乗換拠点になります。)

薩摩国一宮・新田神社



・ 島津氏最初の5代の墓がある感応寺
出水市にあり、九州新幹線停車駅・出水(いずみ)駅で肥薩おれんじ鉄道に乗り換えれば行けます。九州新幹線停車駅・出水駅がある出水市にはこの他、いずみ観光牛車で回れる出水麓武家屋敷群,  出水市ツル観察センター,  出水市ツル博物館クレインパークいずみ,  白木川内温泉(しらきかわうちおんせん),  湯川内温泉(ゆがわちおんせん)等があります。また、出水駅や川内駅で九州新幹線から肥薩おれんじ鉄道に乗り換えれば、感応寺の他にも、野田郷武家屋敷通り,  木牟礼城跡,  阿久根温泉,  ライダーハウス あくねツーリング STAYtion,  阿久根大島,  長島,  川内高城温泉(せんだいたきおんせん)等に行くことができます。)

感応寺



・ 廃仏毀釈から復活した名刹・大慈寺
志布志市にあります。大隅半島はこの他、垂水温泉郷(たるみずおんせんきょう)等の大隅半島の温泉,  かのやばら園,  鹿屋航空基地資料館,  鹿屋市鉄道記念館,  吾平山上陵(あいらさんじょうりょう),  さたでいランド,  佐多岬等があります。)

大慈寺



・ JRホテル屋久島の、海が見える露天風呂
屋久島にはこの他、例えば平内海中温泉,  湯泊温泉,  尾之間温泉等の立ち寄り湯の名湯・秘湯もあります。)

JRホテル屋久島



・ 屋久島の温泉付きリゾートホテル・屋久島いわさきホテル
屋久島にはこの他、例えば平内海中温泉,  湯泊温泉,  尾之間温泉等の立ち寄り湯の名湯・秘湯もあります。)

屋久島いわさきホテル



・ 「もののけ姫の森」として知られる、屋久島白谷雲水峡
屋久島にはこの他、例えば屋久杉ランド(ヤクスギランド),  屋久杉自然館,  ボタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク),  益救神社(やくじんじゃ)等の観光スポットもあります。また、種子島開発総合センター(博物館「鉄砲館」),  種子島宇宙センター,  種子島宇宙センター 宇宙科学技術館がある種子島,  さらに、口永良部島,  三島村(薩摩硫黄島等),  十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))もお薦めです。)

白谷雲水峡



奄美諸島には、奄美大島「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅 奄美大島 住用)で楽しめるマングローブ原生林カヌー・ツアー;,  奄美アイランド,  奄美リゾート ばしゃ山村,  奄美パーク等,  与論島百合ヶ浜(百合が浜),  与論民族村,  サザンクロスセンター等,  沖永良部島世之主の墓,  南洲神社,  昇竜洞等,  喜界島僧 俊寛の墓,  百之台公園等,  徳之島ムシロ瀬,  犬の門蓋(インノジョウフタ)等があります。詳しくは、奄美諸島観光案内でご参照いただけます。

 

 

◎ 地域産業振興のための、私自身の共著&研究業績(学術論文,学会報告)
(学術上の研究業績ですが、地域産業振興に関する、私なりの企業や行政への提案としてもお読みいただけます。ご参照下さい。)

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 宮崎正康 地域研究会編著(2005)『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい
IT活用で地域が変わる








 

・ 神山(2005)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2005)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売
木の葉、売ります








 

・ 神山(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

・ 神山(2009)「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』pp.135-138

・ 神山(2009)「クチコミ観光情報サイトにおける知識創造のECIプロセス」『日本情報経営学会 第59回全国大会予稿集』pp.161-164

・ 神山(2009)「地域SNS発のまちおこしに関する事例研究」『日本情報経営学会誌』,Vol.30,No.2,pp.12-21
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・それ以外,今後の私の地域産業振興に関する研究業績については、リンク先ご参照。

 

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

鉄道艦船航空陸自マニア
鉄道艦船航空陸自マニア

 

炭鉱マニア

 

Noblesse Oblige カミタクの部屋
当ブログ管理人・神山卓也の個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

 

◎ ロックバンド「STATISTICS

STATISTICS
当ブログ管理人・神山卓也所属ロックバンド「STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

|

« 「美唄市郷土史料館訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) | トップページ | 「アルテピアッツァ美唄訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) »

コメント

JR深名線路線バス廃止

投稿: 永江聡 | 2012年9月19日 (水) 22時46分

永江聡さん、コメントありがとうございます。ず~っとバタバタしておりましたので、レスが遅れてしまい、申し訳ありません。

> JR深名線路線バス廃止
という情報をお寄せいただき、ありがとうございます。

 この貴情報に基づいて調べてみたところ、2012年12月現在、詳しくは後述の状況により、廃止になった旨を確認できませんでした。そのような計画の有無は存じ上げませんが、2012年12月現在で運行を継続している模様です。

 つきましては、公共交通機関の存在が地方の地域振興、特に観光客の足の手段の点における地域観光振興の見地から、拙ブログご来訪の方が事実誤認されて訪問客が減少するようなことがあってはいけませんので、廃止されていない模様である旨について、調べた結果を記しておきます。

 JR深名線路線バスとは、深川駅
http://nifty.its-mo.com/z-157387050-511363530-6.htm
と名寄駅
http://nifty.its-mo.com/z-159649400-512888750-5.htm
とを結んでいて、平成7年(1995年)9月4日に廃止になった、JR北海道の深名線(しんめいせん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E5%90%8D%E7%B7%9A
の、鉄道路線廃止後の代替路線バスとして、ジェイ・アール北海道バスが運行している、バス路線「深名線(しんめいせん)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E5%90%8D%E7%B7%9A_%28%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%90%E3%82%B9%29
のことかと、拝察いたします。

 2012年12月31日時点で、ジェイ・アール北海道バス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%83%90%E3%82%B9
の公式WEBサイト
http://www.jrhokkaidobus.com/
を拝見いたしましたところ、バス路線「深名線(しんめいせん)」の時刻表が載っておりましたので、廃止になってはいないのであろうと思います。

 バス路線「深名線(しんめいせん)」の沿線には、例えば以下のような観光スポットがあります。
○ バスターミナルにもなっている「幌加内(ほろかない)交流プラザ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%8C%E5%8A%A0%E5%86%85%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6

http://nifty.its-mo.com/z-158435129-511767627-6.htm
入居の「幌加内伝承手打ち蕎麦 せい一」
http://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010402/1024586/
や「深名線資料展示室」
○ 「ルオント前」停留所下車最寄りにあり、政和温泉(せいわおんせん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%92%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89
の温泉施設「せいわ温泉 ルオント」を併設している、道の駅森と湖の里ほろかない
http://www.soba-horokanai.com/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E6%A3%AE%E3%81%A8%E6%B9%96%E3%81%AE%E9%87%8C%E3%81%BB%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84

http://nifty.its-mo.com/z-158804227-511716063-6.htm
等の観光スポットがあります。このエリアの観光をご検討する機会がある方は、バス路線「深名線」に乗って、訪れてみてはいかがでしょうか。

 幌加内町の観光情報について詳しくは、幌加内町観光協会公式WEBサイト
http://www.horokanai-kankou.com/
でご参照いただけます。

投稿: カミタクこと神山卓也 | 2012年12月31日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169624/55647695

この記事へのトラックバック一覧です: 「美唄鉄道旧東明駅訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録):

« 「美唄市郷土史料館訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) | トップページ | 「アルテピアッツァ美唄訪問記」掲載(「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」更新記録) »