2010年6月26日 (土)

泣ける芝居(演劇)

 高校時代の母校・ICUHS(国際基督教大学 高等学校)時代の親友で俳優の加山 到(かやま いたる)が出演している演劇「Photograph(フォトグラフ)」を見に行きました。「Photograph(フォトグラフ)」は、劇団カンタービレ恵比寿・エコー劇場(スタジオ・エコー)で2010年6月25日(金)~29日(火)に行っている公演で、26日(土)の14時からの公演を見に行きました。

100626_20100001

100626_20100002

100626_20110001

 ストーリーは、脊髄小脳変性症という不治の病に母親がかかってしまった家族の、軌跡を信じた8年間の闘病の物語で、は、そのご主人・つまり父親役を演じています。主役としての出演です。必死になって愛妻を看病して支えるけなげな父親役です。

 2006年に、もやもや病に伴う脳梗塞母を亡くした私にとっては、芝居の中の母親の病状だとか、(芝居の中では当初は断っており、最終的に受け入れたか否か不明ですが)「胃瘻(いろう)」という「食べられない患者の胃に穴を開けて、そこから栄養補給する方法」だとか、「近年の医療政策の結果、長期入院している患者はドンドン転院を強制される状況」だとか、亡母の時と状況が酷似しており、とても他人事とは思えず、既視感がありました。このため、途中から感情移入してしまい、号泣しながら見ていました。

 亡母のことがなくても泣ける芝居なのですが、亡母のことを思うと、余計に涙が止まらなくなります。恐らく、10年前に見ていたら、今とは異なる見方だったのでしょう。演劇も、鑑賞者自身の人生体験によって感情移入度の度合いが異なるのだろうなぁ、と思いました。

 に聞いた話では、なんでも、ストーリーは母親役をやった女優・寿崎千尋さんご自身の身内に起きた実話との由です。といい、寿崎千尋さんといい、役者というのは、アレを泣かずに演じなければならないというのは、結構キツイ仕事だし、 それをやってのけちゃうのは凄ぇなぁ、と思いました。父親を亡くしていますし、寿崎千尋さんに至ってはご自身の体験です。私自身ミュージシャンだったり歌人だったりしますが、曲作りだの短歌の作歌だのといった際には、泣きながら 作品制作することが可能です。でも、俳優は自分自身がボロボロに泣いてしまう訳にはいきません。改めて、役者って凄ぇ商売だなぁ、と思いました。

 何はともあれ、演劇「Photograph(フォ トグラフ)」は泣ける良い芝居演劇です。チケット予約残席状況は、の公式ブログ「加山到のハマッ子雑貨飯店」の以下のページ に載っていますので、時間の都合がつく方には、是非ともお薦めです(ただし、2010/6/25時点)。
→ 「舞台『フォトグラ フ』初日(2010/6/25)」

 恵比寿・エコー劇場(スタジ オ・エコー)の場所は、以下の地図のとおりです。


大きな地図で見る

 なお、加山 到は、『無名俳優は帰国子女』という本も出しています。

無名俳優は帰国子女

 

 

◎ この日記記事に関する、他の方のブログ日記記事

○ 舞台『フォトグラフ』初日 - 加山到のハマッ子雑貨飯店

○ 拳論!  主演、加山到さんの舞台「フォトグラフ」!

○ 『Photograph( フォトグラフ) 』 - 美海がやったる!!

○ 【番外編】Photographまとめ | kaneablog“マックス”

○ photograph - やまずめぐれ!

○ ぽちの独り言:『南出 めぐみ』ちゃんの舞台告知 - livedoor Blog(ブログ)

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

俺じゃないんだ・・・

EXILE強し! 結婚したいアーティスト第1位に輝いたのは?
http://www.rbbtoday.com/news/20090619/60681.html
(リンク先URLは2009年6月20日現在)

俺じゃないんだ・・・

 以上、ロックバンド・STATISTICS所属の売れない無名ロッカーで、アララギ後継誌(後継短歌結社)『短歌21世紀』所属のアララギ歌人の、カミタクこと神山卓也ぼやきでした。
↑もちろん、自虐ネタです

 

 写真は、

STATISTICS

がロックバンド・STATISTICSのロゴで、

アルバムの表紙







STATISTICS1stアルバム「せつなくて...sentimental season」のジャケットで、

木の葉、売ります










がアート分野ではなく経営学徒としての私の出版物ですが、拙共著本・共訳本の一つ、共著:高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント 』((株)ケー・ユー・ティー発行,丸善発売,2006) です。

 

 『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント 』の中の拙担当賞では、フィリップ・コトラー(Philip Kotler)提唱の「企業におけるマーケティングは、地域のプロモーションにも適用可能である」という「地域のマーケティング」に基づいて行っている、ホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」を用いての、「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」に基づWEB2.0状況下での鹿児島の観光プロモーションのテスト・マーケティング事例を紹介しております。このテスト・マーケティング事例は、
○ 拙博士学位論文:「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -
○ 最近の拙学術論文「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル
でも報告しております。
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

私の共著・共訳の本にはこの他、アート分野ではありませんが、以下のような本があります。

 

○ 共著:原田 保,涌田幸宏編著『デジタルストラテジー』(中央経済社,2000)
デジタルストラテジー











○ 共著:宮崎正康 地域研究会編著『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』(ぎょうせい,2005)
IT活用で地域が変わる











○ 共訳:チャールズ・I・ジョーンズ著,香西 泰監訳『経済成長理論入門 新古典派から内生的成長理論へ』(日本経済新聞社,1999)
経済成長理論入門











○ 共訳:P.エドワーズ著,深谷庄一監訳『クローズド・ワールド コンピュータとアメリカの軍事戦略』(日本評論社,2003)
クローズド・ワールド











 

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

| | コメント (0) | トラックバック (0)