2013年4月 7日 (日)

墓参り(2013/04/07)

 平成25年(2013年)4月7日(日)、亡き両親の墓参りをして来ました。

Dsc_0962

 上記の写真は、両親が眠っている墓です。早いもので、今年は、亡父の七回忌です。亡き両親が眠っている霊園に、七回忌の法要の予約をして参りました。

 帰りがけに菩提寺である横浜法爾山天然寺に立ち寄り、お寺にも七回忌の法要のお願いをして来ました。今年は、父方の祖母の十三回忌の年でもありますので、亡父の七回忌と祖母の十三回忌とを併せて営むことに決めました。

 祖母の命日・平成13年(2001年)9月11日は、正にアメリカ同時多発テロ事件の日です。丁度、病院による祖母の遺体を引き渡しのための準備が終わるのを待っている間、待合室で見ていたテレビの臨時ニュースで、丁度、世界貿易センター・ビルに1機目の飛行機が飛び込んだ後、2機目が突っ込んで行く情景が映し出されており、忘れることのできない命日となりました。正に祖母が死んだその直後でしたので、この事件で、何人の人が家族を失って悲しむのだろうと思うと、悲しみがさらに深まったことを覚えております。

 何はともあれ、亡父の七回忌と祖母の十三回忌、準備を進めなければ・・・

 

 

◎ 亡き両親に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

レストラン「シャトー ル・パン(Chateau Le-Pin)」(みなとみらい21・横浜ワールドポーターズ)が閉店してしまっていた・・・

 横浜横浜みなとみらい21地区の横浜ワールドポーターズの5Fにあったフランス料理店「シャトー ル・パン(Restaurant Chateau Le-Pin)みなとみらい」が、亡き両親との思い出の店であり、にとってはとても大好きで大切なお店である旨は、2008年の日記「シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン」で既に報告申し上げたとおりです。
→ 2008年の日記「シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン」

 さて、今般、再び「シャトー ル・パン みなとみらい」に行きたいニーズがあり、事前にインターネットで検索して調べていたところ、「と言う事で、ぶらり横浜: 鷹姫ブログ vain」というブログ記事に「『シャトー ル・パン みなとみらい』は2012年5月8日で閉店していた」旨の情報が載っており、また、「シャトー ル・パン みなとみらい店」の公式ホームページだった「http://www.le-pin.jp/」からは店の情報が消えた上でホームページの名称も「Le-Pinのレストラン巡り」という名称になっており、かつての経営者の方が「数年前まで自分でレストランを経営していた」と述べている旨を知り(リンク先URLならびに参照先情報は2012年6月現在)亡き両親との思い出の店が消えてしまった旨を知りました。

 とてもショックです!。とても素敵なお店で、思い出があり、大好きだったのに・・・両親の死後は、独りで行っても寂しいので、「シャトー ル・パン みなとみらい」に余り行っていなかったことを、べらぼうに反省しました。

 「シャトー ル・パン みなとみらい」がなくなってしまったと知ったら、亡き両親もあの世で悲しむだろうなぁ・・・亡き両親が健在だった頃の、家族の楽しかった思い出が、たくさん詰まった、とても大切なお店でした。

 在りし日の「シャトー ル・パン みなとみらい店」の写真です。

シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン

シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン

シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン

シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン

シャトー ル・パンみなとみらい店、懐かしいフランス料理レストラン

 

 既に閉店してしまったとは分かっていましたけれど、完全に整理されて消えてしまう前にせめて跡地だけでも見たくて、先日、再訪しました。閉店後の様子は、以下のとおりです。

シャトー ル・パンみなとみらい店の閉店後の姿

シャトー ル・パンみなとみらい店の閉店後の姿

シャトー ル・パンみなとみらい店の閉店後の姿

シャトー ル・パンみなとみらい店の閉店後の姿

 

シャトー ル・パン みなとみらい店」があった所
神奈川県横浜市中区新港町2-2-1 横浜ワールドポーターズビル 5F


大きな地図で見る

 また、2012年6月現在、在りし日の「シャトー ル・パン みなとみらい店」の様子は、以下のリンク先サイトでもご覧いただけます。

食べログ「シャトー ル・パン」

ぐるなび「レストラン シャトー ル・パン 」

シャトー ル・パンのブログ  2月のガストロノミーコース
(このブログには、シャトー ル・パンのブログ  スズキは・・・・等の記事も載っています。)

と言う事で、ぶらり横浜: 鷹姫ブログ vain

「シャトー ル・パン」@横浜ワールドポーターズ - 日々のデキゴト

つぼさんの趣味 : レストラン シャトー ル・パン 横浜ワールドポーターズ5F

全てが丁度いい☆横浜ワールドポータズのフレンチ シャトー ル・パン☆☆☆☆☆☆ - 矢沢永吉 P.M.9の猫たち

☆横浜?フレンチ『Restaurant Chateau Le-Pin(シャトー ル・パン)』(@^-^@) - 太田梨花(RIKA姫)のスピリチュアルメッセージ - Yahoo!ブログ

シャトール・パン - 今日も満腹 - Yahoo!ブログ

横浜深海魚・横浜のプレイスポット・音楽・映画  美味しいルパン

遊飲美食ブログ:横浜みなとみらいルパンでのディナー - livedoor Blog(ブログ)

 なお、「ル・パン」にはみなとみらいの他にも、日比谷店上大岡店もあったのですが、日比谷店も残念ながら閉店してしまっていた模様ですが、上大岡店については、横浜京急(京浜急行電鉄)上大岡駅にある京急百貨店3Fにある「ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡(Le Pin Bar a Vin)」が2012年6月現在、無事に残っている旨を確認できました。お店のホームページも「ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡(Le Pin Bar a Vin)(http://www.le-pin.info/)」としてURLを以前とは代えて存在し、また、京急百貨店公式WEBサイトにも載っていることから、2012年6月現在、無事に現存している旨が分かります。

 上述のとおり、「Le-Pinのレストラン巡り(http://www.le-pin.jp/)」によれば、数年前に既に経営者が交代していた旨が分かりますので、2012年5月8日の閉店直前の「シャトー ル・パン みなとみらい」や、2012年6月現在の「ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡」は、当初とは経営者が交代している旨が窺えます。経営者が交代していること自体も残念ですが、交代していても構わないので「シャトー ル・パン みなとみらい」には残っていて欲しかったですし、「ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡」には頑張って、いつまでも存続して欲しいと思います。

ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡(Le Pin Bar a Vin)

食べログ「ルパンバーラヴァン」

ぐるなび「ル・パン バー・ラ・ヴァン 上大岡」

ホットペッパー「ルパンバーラヴァン」

神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1 京急百貨店 3F


大きな地図で見る

 なお、2012年6月現在、かつての「シャトー ル・パン みなとみらい」の公式WEBサイトは、かつての「ル・パン公式WEBサイト」をプロデュースしていたYamauchi Planning Officeのサイト(ホームページ)の中に、アーカイブのようにRestaurant Chateau Le Pin Group in Japan(フランス シャトー・ル・パン 公認レストラン)(http://www.yamauchi.com/planning/gourmet/lepin/lepingroup.html)として残っています。閉店してしまった店ですので、このリンク先「http://www.yamauchi.com/planning/gourmet/lepin/lepingroup.html」にいつまで情報を残してくれているか不明ですが、個人的には亡き両親との思い出の店ですので、いつまでも残して欲しいと思います。

 以下のとおり、亡き両親との思い出の場所がドンドン消えていってしまうことは、とても悲しいことです。思い出の場所が残っていれば、心の中で亡き両親と再会できますが、そのような場所さえも無くなっていってしまいます。

・ 馬籠宿の民宿・岩田屋の廃業(時期不明;2007年よりは以前)

・ CMねこと世界のねこ展(2001年以降)

・ 横浜プリンスホテルの閉館(平成18年2006年)6月30日)

・ 横浜そごうのからくり人形時計の停止(平成20年(2008年)04月15日)

・ 鹿児島市の「いわさきザビエル450」の閉鎖・解体(平成20年(2008年)2月)

・ デニーズの閉店(店は複数)(平成21年(2009年)前後)

・ 歌舞伎座の旧建物の閉館(平成22年(2010年)4月30日)

・ 新潟市の大和百貨店新潟店の閉店(平成22年(2010年)6月25日)

・ 香川県高松市のホテル ニューフロンティア閉館と讃岐うどん店「味名登屋」廃業(ホテルは平成24年(2012年)3月末)

 

 

◎ 亡き両親に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

 

(今日の日記内容とは無関係ですが)
<社会人向け大学院の母校のPR>

東洋英和女学院大学大学院
東洋英和女学院大学大学院は、社会人向け夜間共学大学院です。人間科学研究科と国際協力研究科(旧・社会科学研究科)とがあります。

高知工科大学
((高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院「高知工科大学大学院起業家コースは、我が母校!)

高知工科大学大学院起業家コース
高知工科大学大学院起業家コースは、(高知県に行かなくても、)東京大阪のサテライト・キャンパスで受講可能な、社会人向け土日開講大学院です。スピンオフ型ベンチャー(独立開業)志向者の方だけでなく、企業内起業(新規事業等)で現・所属企業に貢献したい方のためにもお勧めです。起業(企業内起業も含む)に特化したMOT(Management of Technology;技術経営)の大学院で、「起業工学」と言えますが、一般的に「経営学」の大学院に行きたい方にもお勧めです。

 

 

◎ その他、鹿児島のご案内

 国内旅行ご計画の方は、鹿児島に行くと楽しいですよ!。九州新幹線も2011年3月12日に全線開業して、近くなりました。
→ 鹿児島の観光と温泉の紹介サイト「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」へ
温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

・ 桜島

桜島



・ 鹿児島温泉鹿児島市内温泉)・城山観光ホテルの、桜島が見える天然温泉露天風呂「さつま乃湯」

城山観光ホテル



・ 島津家別邸・名勝 仙巌園磯庭園

島津家別邸・名勝 仙巌園(磯庭園)



・ 尚古集成館

尚古集成館



・ 鶴丸城鹿児島城

鶴丸城(鹿児島城)



・ 鶴丸城趾鹿児島城趾)<にある歴史博物館(兼)美術館・鹿児島県歴史資料センター黎明館

鹿児島県歴史資料センター黎明館



・ いおワールド かごしま水族館

いおワールド かごしま水族館



・ いおワールド かごしま水族館桜島フェリー・ターミナル最寄りのおしゃれな鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」には、ドルフィンポート・足湯もあります。

鹿児島ウォーターフロント「ドルフィンポート」



・ 鹿児島市の繁華街・天文館にある山形屋百貨店

山形屋百貨店



・ 鹿児島市照国神社

照国神社



・ 県庁所在地源泉数日本1の大温泉地でもある鹿児島温泉鹿児島市内温泉)の温泉銭湯・霧島温泉
(注:名前が紛らわしいのですが、温泉地としての霧島温泉の温泉施設ではありません。天文館最寄りの、鹿児島温泉鹿児島市内温泉)の温泉銭湯(立ち寄り湯)です。なお、鹿児島県は、県別源泉数日本2位の温泉天国県です。)

霧島温泉



・ 指宿温泉指宿いわさきホテル

指宿いわさきホテル



・ フラワーパークかごしま
フラワーパークかごしまの近くには、開聞岳眺望の名所・長崎鼻もあります。)

フラワーパークかごしま



・ 海が見える露天風呂・山川ヘルシーランド露天風呂
ヘルシーランド露天風呂からは、開聞岳が見えます。)

山川ヘルシーランド露天風呂



・ 知覧特攻平和会館

知覧特攻平和会館



・ 薩摩の小京都・知覧武家屋敷群

知覧武家屋敷群



・ 霧島温泉郷霧島いわさきホテル
霧島いわさきホテルには、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公・坂本龍馬も入湯した栄之尾温泉があります。霧島市には、霧島温泉の他、妙見温泉など新川渓谷温泉郷,  日当山温泉等の温泉地があります。)

霧島いわさきホテル



・ 天孫降臨伝説の神社・霧島神宮

霧島神宮



・ NHK大河ドラマ「龍馬伝」の主人公・坂本龍馬日本初の新婚旅行天逆鉾(あまのさかほこ)を引き抜いたという逸話がある、天孫降臨伝説の霊峰・高千穂峰

高千穂峰



・ 霧島連山(以下の写真は、韓国岳から眺めた大浪池

霧島連山



・ 塩浸温泉龍馬公園
坂本龍馬の日本初の新婚旅行関連観光スポットの中の1つです。)

塩浸温泉龍馬公園



・ 妙見温泉妙見石原荘
妙見温泉の最寄りには、和気神社,  犬飼滝もあります。)

妙見石原荘



・ 大隅国一宮・鹿児島神宮
霧島市国分・隼人地区から姶良市にかけてにはこの他、蒲生八幡神社,  隼人塚,  上野原縄文の森上野原遺跡),  龍門滝等もあります。)

鹿児島神宮



・ 金山坑道跡見学,金山坑道跡を利用した焼酎蔵の工場見学, 薩摩料理が揃った金山&焼酎和風テーマパーク・薩摩金山蔵

薩摩金山蔵



・ 薩摩国一宮・新田神社
(川内(せんだい)駅は九州新幹線停車駅です。新田神社の背後にはニニギノミコトの山陵・可愛山陵があり、新田神社がある薩摩川内市(さつませんだいし)には他にも、例えば泰平寺,  川内歴史資料館,  川内まごころ文学館,  薩摩国分寺跡史跡公園,  川内戦国村,  甑島(こしきじま)等の観光スポットや川内高城温泉(せんだいたきおんせん),  市比野温泉(いちひのおんせん),  藺牟田温泉郷(いむたおんせんきょう),  入来温泉(いりきおんせん)等の温泉地があり、夏には川内川花火大会が行われます。また、九州新幹線からバス・タクシーに乗り継いで行く場合、宮之城温泉紫尾温泉しびおんせん)等のさつま町の温泉地へは、鹿児島中央駅と共に川内駅も乗換拠点になります。)

薩摩国一宮・新田神社



・ 島津氏最初の5代の墓がある感応寺
出水市にあり、九州新幹線停車駅・出水(いずみ)駅で肥薩おれんじ鉄道に乗り換えれば行けます。九州新幹線停車駅・出水駅がある出水市にはこの他、いずみ観光牛車で回れる出水麓武家屋敷群,  出水市ツル観察センター,  出水市ツル博物館クレインパークいずみ,  白木川内温泉(しらきかわうちおんせん),  湯川内温泉(ゆがわちおんせん)等があります。また、出水駅や川内駅で九州新幹線から肥薩おれんじ鉄道に乗り換えれば、感応寺の他にも、野田郷武家屋敷通り,  木牟礼城跡,  阿久根温泉,  ライダーハウス あくねツーリング STAYtion,  阿久根大島,  長島,  川内高城温泉(せんだいたきおんせん)等に行くことができます。)

感応寺



・ 廃仏毀釈から復活した名刹・大慈寺
志布志市にあります。大隅半島はこの他、垂水温泉郷(たるみずおんせんきょう)等の大隅半島の温泉,  かのやばら園,  鹿屋航空基地資料館,  鹿屋市鉄道記念館,  吾平山上陵(あいらさんじょうりょう),  さたでいランド,  佐多岬等があります。)

大慈寺



・ JRホテル屋久島の、海が見える露天風呂
屋久島にはこの他、例えば平内海中温泉,  湯泊温泉,  尾之間温泉等の立ち寄り湯の名湯・秘湯もあります。)

JRホテル屋久島



・ 屋久島の温泉付きリゾートホテル・屋久島いわさきホテル
屋久島にはこの他、例えば平内海中温泉,  湯泊温泉,  尾之間温泉等の立ち寄り湯の名湯・秘湯もあります。)

屋久島いわさきホテル



・ 「もののけ姫の森」として知られる、屋久島白谷雲水峡
屋久島にはこの他、例えば屋久杉ランド(ヤクスギランド),  屋久杉自然館,  ボタニカルリサーチパーク(屋久島有用植物リサーチパーク),  益救神社(やくじんじゃ)等の観光スポットもあります。また、種子島開発総合センター(博物館「鉄砲館」),  種子島宇宙センター,  種子島宇宙センター 宇宙科学技術館がある種子島,  さらに、口永良部島,  三島村(薩摩硫黄島等),  十島村(吐喝喇列島(トカラ列島))もお薦めです。)

白谷雲水峡



奄美諸島には、奄美大島「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅 奄美大島 住用)で楽しめるマングローブ原生林カヌー・ツアー;,  奄美アイランド,  奄美リゾート ばしゃ山村,  奄美パーク等,  与論島百合ヶ浜(百合が浜),  与論民族村,  サザンクロスセンター等,  沖永良部島世之主の墓,  南洲神社,  昇竜洞等,  喜界島僧 俊寛の墓,  百之台公園等,  徳之島ムシロ瀬,  犬の門蓋(インノジョウフタ)等があります。詳しくは、奄美諸島観光案内でご参照いただけます。

 

 

◎ 地域産業振興のための、私自身の共著&研究業績(学術論文,学会報告)

・ 神山卓也(2004)「新世紀の地域産業振興」2001-2002年度私立学校振興・共済事業団大学院重点特別経費補助金助成研究『地域社会とIT』報告書拙担当分,東洋英和女学院大学,計38頁.

・ 宮崎正康 地域研究会編著(2005)『IT活用で地域が変わる 地域活性化・危機管理』,ぎょうせい
IT活用で地域が変わる








 

・ 神山(2005)「新川崎K2(ケイ・スクエア)タウンキャンパスの事例研究 ― 産学官連携型産業振興を目指して ―」OA学会『オフィス・オートメーション 第50回全国大会予稿集』,pp.117-120

・ 神山(2005)「鹿児島における人口変化と域内人口移動」OA学会『オフィス・オートメーション 第51回全国大会予稿集』,pp.209-212

・ 神山(2006)「ソフトプラザかごしま及びソーホーかごしまに関する事例研究」OA学会『オフィス・オートメーション 第53回全国大会予稿集』,pp.7-8

・ 高知工科大学大学院起業家コース著『木の葉、売ります。ベンチャーに見る日本再生へのヒント』,(株)ケー・ユー・ティー発行,丸善(株)出版事業部発売
木の葉、売ります








 

・ 神山(2007)「地方都市の地域産業振興 - 産業構造の変化に対応していかに地域が生き残るか:鹿児島の観光食料産業クラスターと創業支援を例にして -」  高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻(起業家コース)博士学位論文.

・ 神山(2008)「「営業のスタイルと場のモデル」に基づく,WEB2.0における「SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル」の概要」『日本情報経営学会 第56回全国大会予稿集』,pp.85-88

・ 神山(2008)「「地域のマーケティングにおけるITと経営革新-SEMによる訪問型営業プロモーション・モデル 」『日本情報経営学会誌』,Vol.29,No.1,pp.22-29
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・ 神山(2008)「鹿児島県における地域ブログ・ネットワークと地域SNS」『日本情報経営学会 第57回全国大会予稿集』pp.127-130

・ 神山(2009)「AISASモデルにおけるSEOのメリ・デメに関する考察」『日本情報経営学会 第58回全国大会予稿集』pp.135-138

・ 神山(2009)「クチコミ観光情報サイトにおける知識創造のECIプロセス」『日本情報経営学会 第59回全国大会予稿集』pp.161-164

・ 神山(2009)「地域SNS発のまちおこしに関する事例研究」『日本情報経営学会誌』,Vol.30,No.2,pp.12-21
(powered by CiNii(NII論文情報ナビゲータ)..)

・それ以外,今後の私の地域産業振興に関する研究業績については、リンク先ご参照。

 

◎ その他

温泉天国・鹿児島温泉紹介!
鹿児島温泉については温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 

 

 

鉄道艦船航空陸自マニア
鉄道艦船航空陸自マニア

 

炭鉱マニア
炭鉱マニア

 

Noblesse Oblige カミタクの部屋
当ブログ管理人・神山卓也の個人公式WEBサイト「Noblesse Oblige カミタクの部屋

 

木の葉、売ります








 

IT活用で地域が変わる








 

デジタルストラテジー








 

経済成長理論入門








 

クローズド・ワールド








 

 

◎ ロックバンド「STATISTICS

STATISTICS
当ブログ管理人・神山卓也所属ロックバンド「STATISTICS

 

アルバムの表紙







ロックバンド・STATISTICSスタティスティックスの1stアルバムCD「せつなくて...sentimental season」(ジャケットは上(↑)の写真)収録曲(以下(↓)は曲の一部の無料試聴)

○ 夏よ終わらないで

○ 

○ 翔べ!! フェニックス Part II

○ Forever

○ 素敵な恋をいつもしていたいね

○ もっと素直に振る舞えたなら

○ I WANNA STAY MORE

○ 君は粉雪

○ ラブソングはもう歌えない

○ 彼女の素敵なBoy Friend

 

◎ 短歌結社「アララギ後継誌『短歌21世紀』所属アララギ歌人としての短歌作品

○ 神山卓也公式HP内「短歌の部屋」

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年4月 3日 (火)

香川県高松市のホテル ニューフロンティア閉館と讃岐うどん店「味名登屋」廃業:亡き両親との思い出の場所がどんどん消えてしまう・・・

 平成18年(2006年)11月11日(土)の母の死平成19年(2007年)8月5日(日)の父の死と、相次いで大好きな両親を失ってしまったは、それ以来、会いたくても会えない両親を偲ぶ日々が続いて参りました。

 先日、私の個人公式ブログ「カミタク・ブログ」に「ホテルニューフロンティア」のキーワードで検索があった旨に気づき、普段はその検索キーワードでのブログへの来訪者が無いことから妙な胸騒ぎを覚えて、googleでそのキーワードでの検索をしてみたところ、香川県高松市ホテル ニューフロンティアが、本年・平成24年(2012年)3月末をもって閉鎖となっていた旨を知り、とても悲しく思いました。その理由は、詳しくは後述しますが、結論から先に申せば、ホテル ニューフロンティアは亡き両親との思い出の場所の中の一つだったからです。

 四国新聞社の2012/02/29付けニュース「ホテルニューフロンティア、3月末で閉館へ」によれば(リンク先URLは2012年4月現在)ホテル ニューフロンティアは昭和23年(1948年)に開設した開拓会館が前身との由で、昭和62年(1987年)に現在の本館を新築して現在の「ホテル ニューフロンティア」に改称し、平成12年(2000年)に新館を増築したとの由です。平成11年(1999年)3月期の5億5,700万円をピークに売上高が減少し、平成20年(2008年)3月期以降は赤字に転落し、平成23年(2011年)3月期の売上高はピーク期の6割以下の3億1,400万円と落ち込み、この平成24年(2012年)3月期で5期連続の赤字になる見込みだったとの由です。同記事によれば、業績悪化の原因は売上高の約7割を占める宴会需要が、平成12年(2000年)の県農協発足による単位農協の減少で落ち込んだ上に、経費削減の影響で一般の宴会需要も落ち込み、さらに宿泊部門も競争激化のために客室稼働率が4割台と低迷していたとの由です。であれば、業績悪化要因が極めて構造的かつ長期的であるため、極めて悲しいことながら、閉鎖はやむを得なかったのであろうと思います
○ 四国新聞社のニュース記事によれば(リンク先URLは2012年4月現在)
○ 上記がリンク切れ時
googleでのキーワード「ホテルニューフロンティア+閉館+高松+3月末」の検索結果

 事情はよく分かるとしても、にとって個人的には、ホテル ニューフロンティアは亡き両親との思い出の場所です方の祖父母が徳島県の出身で、祖父の故郷は、うだつの上がる街並み」で知られる旧脇町(現美馬市)でしたので、方の祖父関係の親戚で美馬市に住んでいる人達がいます。平成11年(1999年)8月に、そのような親戚の或る方の法要と祖父の墓参を兼ねて、生前の両親と共に脇町を訪れる機会がありました。本州から脇町に行くためには、徳島市経由よりも高松市経由の方が行き易いため、行きも帰りも高松市経由で鉄路でした。後年、が、東京大阪でもサテライト・キャンパスで受講可能な社会人向け土日開講大学院・高知工科大学大学院起業家コースの博士後期課程に入学した際に、高知県はともかく、四国には土地勘がありましたが、その理由は、徳島県が先祖の地だったからです。

 その平成11年(1999年)8月の脇町訪問時に、帰る途中の高松市で、素敵な寝台特急電車「サンライズ瀬戸」の待ち時間の間に、両親と一緒に讃岐うどん店「味名登屋(みなとや)」で讃岐うどんを食べた後で、コーヒーを飲むために立ち寄ったのが、ホテル ニューフロンティアの喫茶コーナーだったのです。その喫茶コーナーはとても素敵な所でしたので、両親と「もう一度来る機会があったら、ここをまた利用しようね」と話していたのですが、両親の生前に再び訪れる機会はありませんでした。自身は、両親の死後、・高知工科大学大学院起業家コース博士後期課程を無事に修了(卒業)した際に帰りにホテル ニューフロンティアに立ち寄り、亡き両親との思い出を偲んだのでした。

 たとえ両親が亡くなってしまっても、思い出の場所さえ残っていれば、そこに行けば心の中で再び両親に会うことができます。でも、思い出の場所さえも閉店して無くなってしまえば、それも叶わなくなってしまいます。次回以降、高松市を再び訪れる機会があったとしても、亡き両親に心の中で再開するために訪れることが可能な場所が、一つ無くなってしまいました。

このため、ホテル ニューフロンティアの廃業は、私にとっては、べらぼうに大きな悲しみだったのです。

 

以外にもホテル ニューフロンティアに思い出のある方のために、住所と地図と写真を示せば、以下のとおりです。

住所:〒760-0021 香川県高松市西の丸町14-7


大きな地図で見る

ホテル ニューフロンティア

070929_17200001

 さらに・・・うましか亭うえぶろぐ~へぼへぼえにっき~ : 久々に琴電訪問というブログ日記記事によれば、讃岐うどん店「味名登屋(みなとや)」も、道路整備の結果道路と化してしまい、跡地は無くなってしまったとの由です。恐らくは、サンポート高松のための高松港頭地区総合整備事業(愛称:サンポート高松)一環だと推測するのですが(注:推測です。確認した上での事実ではありません。誤解を避けるべく念のため)、そう言えば、2007年の訪問時にも、道路工事をしていたような記憶があります。

ああ、亡き両親との思い出の場所がドンドン消えてしまった・・・!

 以外にも讃岐うどん店「味名登屋」に思い出のある方のために、住所と写真を示せば、以下のとおりです。地図は、以下の住所欄のリンク先のとおりです。

住所:香川県高松市西の丸町1-7-14

味名登屋

070929_16590001

味名登屋

 両親が相次いで死んでから、まだ10年も過ぎていませんが、この間に、今回のホテル ニューフロンティア讃岐うどん店「味名登屋」に限らず、亡き両親との大切な思い出の場所が、以下のとおりたくさん消えてしまいました。このような思い出の場所の喪失は、にとっては、とてもせつなく、辛いです

・ 馬籠宿の民宿・岩田屋の廃業(時期不明;2007年よりは以前)

・ 横浜プリンスホテルの閉館(平成18年2006年)6月30日)

・ 横浜そごうのからくり人形時計の停止(平成20年(2008年)04月15日)

・ 鹿児島市の「いわさきザビエル450」の閉鎖・解体(平成20年(2008年)2月)

・ デニーズの閉店(店は複数)(平成21年(2009年)前後)

・ 歌舞伎座の旧建物の閉館(平成22年(2010年)4月30日)

・ 新潟市の大和百貨店新潟店の閉店(平成22年(2010年)6月25日)

 は、地域産業振興を研究テーマとする経営学徒の立場としても「1顧客」の立場としても、観光、ショッピング、飲食店等々、人々に「思い出」を提供する仕事をしている企業には、なんとか事業を継続させて頑張って欲しいと切実に願います。観光、ショッピング、飲食店等々は、単にその時点でのモノやサービスを売っているだけにとどまらず、思い出を提供しているのだと思います。思い出の場所が消えてしまえば、私のように悲しむ人が多いでしょう。意地でも残っていただきたい、と切実に思います。また、自分の研究も、例え拙いとは申せそのようなことのために少しでもご利用いただければ、ありがたいと思います。

 また、顧客だけでなく、株主や従業員や取引先業者等の各種ステークホルダーのためにも、意地でも各企業は経営を繁盛させて、存続して欲しいと思います。今回の不幸中の幸いとしては、従業員15名中、希望する10名は、経営上の上部組織である農協グループで再雇用されるとの由です。とは申せ、残る5名は失業してしまう訳で、その5名の方は、「働く側の立場」としての思い出の場所も、仕事も失ってしまう訳です。

うーん、みんな、もっと頑張って残ってくれ~!これ以上消えないでくれ~!。でも、ゾンビのような経営状態で残っても意味が無いので、栄えて繁盛して残ってくれ~!

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

 

◎ この日記に関連のあるテーマを扱う、他の方のブログ日記記事

○ ホテル・旅館業界ニュース 2012/3/2 - Vanguard News

○ うましか亭うえぶろぐ~へぼへぼえにっき~ : 久々に琴電訪問

○ びーぐるちゃんのグルメBlog  味名登屋のきつねうどん 2003年12月

○ 2006年12月のうどん巡り(2) メリケンあざらしが行く/ウェブリブログ

○ さぬきうどん@味名登屋 - ぱんつくったことある?? - Yahoo!ブログ

○ 味名登家(香川県高松市) - ツイてる♪ツイてる♪ありがとう♪ - Yahoo!ブログ

○ 大阪マニアガイド 味名登屋おうどん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

雨の中のお彼岸&地震後初めて横浜に帰省しての感想

 私の学部学生時代の出身母校では、卒業後25年目の卒業生は卒業式に招かれる慣習があります。取得し漏らしていた、年度内に取得しなければならない休暇の消化と兼ねて本日(2011年3月23日(水)実施予定だった卒業式に参加する予定でいたところ、東北地方太平洋沖地震に伴う東京電力の計画節電への協力等の趣旨から卒業式が中止になってしまいましたので、現在、名古屋の自宅におります。

 先週末横浜の実家に帰省して、お彼岸の両親の墓参りをしたり、菩提寺の天然寺に立ち寄ったりして参りました。夢の中に亡母が出て来たので、「様子を見に来てくれ」と亡母から告げられたような気がしたのです。横浜の実家は、室内の戸板が1枚はずれていただけで済み、例えば本棚が倒れる等の被害はありませんでしたし、お墓も無事でした。お墓は、お彼岸だというのに、異様に墓参りしている人は少なかったのが、不思議な感じがいたしました。

110321_14480001

 墓参り後、天然寺の住職の奥様に伺ったところでは、東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故を受けて、放射性降下物が雨と共に降下するリスクを恐れて、人々は墓参りをしていないのだとの由でした。

 本稿執筆時・2011年3月23日時点では福島第一原子力発電所事故の 影響は日々変わり得る状況下にありますので、今後とも同様である保証は一切無く、以下の感想はあくまでも墓参時2011年3月21日時点の状況に基づいて の話である旨をお含み置きお読み下さい。3月21日時点の状況では、「警戒する必要はあるが、過剰反応なのではないか」というのが率直な感想でした。亡父 は気象庁でかつて「大気放射能観測指針」を書いていた人物であり、生前、亡父からいろいろな話を聞く機会がありました。亡父によればこのような問題に関する一般人の反応は概ね過剰反応であり、例えば父のその現役時代(数十年前)、チャイナがよく核実験をロプノールで行う度に「雨に濡れたけど、はげませんか?」という心配の電話が気象庁にかかって来ましたが、亡父によれば、そんなことは地理の常識があれば専門知識が無くても過剰反応だと分かるのだそうです。そのこころは、「チャイナが核実験した場合、ロプノールと日本の間に北京があり、北京の毛沢東(当時)が、自分が危険になるようなことをする訳が無い。ましてや、ロプノールから見れば北京よりもさらに先にある日本が危ない訳が無い」との由です。もちろん、チャイナが核実験する度に放射性降下物が増えることは増える訳でしょうから、そのために亡父は観測していた訳ですが、問題は「程度問題だ」ということなのです。「確率分布上、分布の端にあるために『ゼロではないけれど、気にする必要性までには至らないモノゴト』」に対して、「ALL or Nothing」的に「ゼロではないならば、全て危険」的な対応をするからそうなるのだ、ということになります。

 世の中のモノゴトは確率で生じている訳ですから、「All or Nothing(ゼロでなければ、全てダメ)」というのは極論だと思います。第一、自然放射線自体が世界平均で年間2.4ミリシーベルトはある訳ですし、「ゼロでなければ全てダメ」では、原発事故が無くてもこの世に居場所など無くなってしまいます。重要な観点は、「どの程度の量ならば、どの程度の状況であるか」という点にあると思います

 今回の福島第一原子力発電所事故においても、放射性降下物横浜での濃度は「ゼロではありませんが、直ちに人体に影響がある」程のものではなく、少なくとも3月21日時点で、かつ横浜の状況では、降雨時には傘をさした方が良いとは申せ、皆が墓参りを止める程のモノではない」と私は考えます。ですから、私は雨の中に墓参りしても平気でいた訳です。実際、私の墓参の2日後時点の話ですが、カナロコ(神奈川新聞社HP)23日の横浜市内の放射線量によれば(リンク先URLは2011年3月23日現在)、横浜市内の3月23日12時の放射線量は68ナノグレイ毎時(2010年度平均値は22ナノグレイ毎時)であり、「100ナノグレイ/毎時の地点に10時間したとすると0.0008ミリシーベルト」との由ですから、これは、年間では0.199ミリシーベルト(=(68/100)×0.0008×365日)の放射線量になります。この数値は、2010年度対比で約3倍(=68/22)の放射線量になってさえ横浜では、世界平均での自然放射線量(年間2.4ミリシーベルト)よりもまだ少ない旨を意味する数字なのではないでしょうか

 将来事態が悪化するか改善するかは不明ですが、少なくとも3月21~23日頃時点では、「キチンと傘さえさせば墓参りを止めるのが過剰反応ある」旨は、専門知識なんか無くても、上述のような四則演算レベルの簡単な検証でもよく分かるであろう、と私は考えます(ただし、傘をさすなどの対応は必要でしょうが)。

 テレビで放送される公的な発表も、刻々と変わる状況下で都度都度、どこまでは危なくて、どこからが大丈夫かをキチンと切り分けて発表していま す。情報が無いという苦情もありますが、かつてシステム・エンジニアとしてトラブル対応の経験をしてきた自分の業務体験に踏まえた印象としては、「分かっ たことを、情報隠匿のためにわざと隠している隠蔽」は現時点では余り感じられません。情報が無いのは「政府や関係団体自体も調査中」だからであり、分かっ た範囲までは適切に公表しているように見受けました。我々としては、過剰反応もせず、逆に軽視もせず、粛々と対応することが必要なのではないか、と思います

 なお、放射性物質によって出荷停止となったホウレンソウ等以外の福島、茨城、栃木、群馬四県の品目が風評被害を受けている状況は、過剰反応だと思います。店頭に並んでいるものは、サンプル・チェックによる品質検査を受けた後のものである旨と、上述のとおり「All or Nothing」ではいけない旨とを踏まえた上で、過剰反応しないことが重要だと思いました。過剰反応もせず、逆に軽視もせず、粛々と対応するためには、出荷制限したものは買わず、出荷制限されていないものは食べる、という姿勢が重要だと思いました。ただし、YOMIURI Onlineで「福島県産の葉物野菜など摂取制限、首相が指示(リンク先URLは2011年3月23日現在)」と報じられているとおり、刻一刻と事態が変わる中で、その切り分け基準は日々変わるものであろう旨、お含み置きいただく必要はあろうかと思います。都度都度の政府の指示にしたがう、それ以上の過剰反応はしない、この辺りが落としどころかと思います。

 

横浜では、例えばコンビニのショーケースが暗かったり、節電のためにデパートやスーパーの閉店時間が早くなったりしていたり、電車のダイヤが平日でも休日運転だったり、JR横浜線横浜駅乗り入れがなく全便が東神奈川駅止まりだったりする等、戦時中の灯火管制とまでは申しませんが、電力に関しては「欲しがりません、勝つまでは」状況である旨が一目瞭然でした。大変だろうとは思いますが、大規模停電が起きてはいけませんので、耐えて頑張って欲しいと思いました。また、帰省時点でコンビニの棚に空き棚が目立って、まるで旧ソ連のスーパーのような状況だったり、パンが売り切れになった旨の話を聞いたりしたなど、物流上問題が起きている旨がアリアリと分かりました。やはり、横浜名古屋よりも状況は悪いと思いました。恐らくは生まれ故郷・東京も同じだろうと思います。

 

横浜だけでなく福島第一原子力発電所事故周辺地域でも放射性物質放射線の心配をする必要がなくなり、被災地域が復興する日が早く来ることを切実に願います。横浜名古屋と程度や状況は異なりますが、節電したり過剰反応しなかったりすることも含めて、我々も「自分でもできること」をコツコツとしなければならないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

黒田官兵衛

 2011年1月2日、テレビ東京新春ワイド時代劇戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たちを見ました。

 新春ワイド時代劇は、かつてはNHK大河ドラマよりも時代考証がよろしくないという問題がありました。このため、亡き両親が存命の頃は、新春ワイド時代劇の全ては見ず、しかし細かな所に目を瞑れば大筋はおもしろいので、毎年昼間は鎌倉鶴岡八幡宮に初詣に行って、夜帰ってからの時間の放送を見ていました。両親亡き後は、1月2日は先の日記のとおり墓参りに行ったりしているため、やはり新春ワイド時代劇は昼間は見ず夜だけ見ています。

 先述のとおり、新春ワイド時代劇時代考証に難がありますが、最近ではNHK大河ドラマでさえも時代考証の質は劣化していますので、相対的な差が無くなってしまったため、新春ワイド時代劇の「対NHK大河ドラマ相対的魅力度」は、むしろ良くない意味で差を取り戻してしまいました。「新春ワイド時代劇側にとっては『敵質』」なので苦笑の極みですが。

 ここまでは枕で、ここからが本題です。新春ワイド時代劇戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たちの主人公の内の1人は、黒田官兵衛は、亡父が最も好きだった戦国武将でした。このため、丁度先の日記のとおり墓参りに行った後だったこともあり、亡父との会話が懐かしくなって見ていたのです。

 亡父は、黒田官兵衛については、本能寺の変の後の中国大返しの際の「御運の開けさせ給う時節到来せり、よくせさせ給え!」と言ったというエピソードや、関ヶ原の戦いの際に九州切り取りを行っていたり、関ヶ原の戦いの戦いの後で黒田長政が家康から誉められた旨の報告に対して「(家康が右手で握手していたのならば、お前の空いている)左手は何をしていたのか」と問うたりしたエピソードが好きだとの由でした。結構実は、心の中に「牙」を持っていた食えないでした(←これ、誉め言葉です。誤解を避けるべく念のため)。

 上記の亡父の感想は直に聞いたのですが、恐らく、黒田官兵衛の単に「できる」部分だけでなく、豊臣秀吉から警戒されたら、さっさと隠居して警戒心をかわしたような「サバイバルのための技術」も評価していたのだろうと推測します。

 亡父とそのような会話をしていたことが懐かしくて、全放送時間ではありませんが、帰宅してから後、新春ワイド時代劇戦国疾風伝 二人の軍師 秀吉に天下を獲らせた男たちを見ていました。

 もう、亡父と話すことはできない・・・叶うことならば、ずっとずっと亡父と酒を飲みながら話していたかった・・・と思いました。

 

 

◎ テレビ番組の原作ならびに関連本は
(powered by 楽天ブックス. )

○ 嶋津義忠竹中半兵衛と黒田官兵衛 秀吉に天下を取らせた二人の軍師PHP研究所,2008)

○ 【楽天ブックス】キーワード「黒田官兵衛」の検索結果

○ 【楽天ブックス】キーワード「黒田如水」の検索結果

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

墓参り&初詣

 平成23年(2011年)1月2日(日)、本日、亡き両親の墓参りと、そこに行く途中の行程で初詣に行きました。

 まずは、横浜市金沢区デニーズ金沢八景店でデニーズ・モーニングの朝食を食べました。金沢八景店ではなく他の店ですが、デニーズ亡き両親と何回も行った思い出の店です。私は、デニーズに行くと、亡き両親と心の中で会話をすることができるような気がするのです。

110102_13320001

110102_10560001

 墓参に向かう途中で、瀬戸神社がありましたので、初詣をしました。地元の由緒正しき古社です。瀬戸神社は、かつて江戸湾の港町として栄えた六浦湊の海神を祀った神社です。主祭神の大山祇神天つ神(天孫族)ではない国つ神(土地の神)です。海神として祀られているとは申せ、福岡県の宗像神社宗像三女神が正真正銘の海の神様であるのとは異なり、瀬戸神社の主祭神の大山祇神は何故か実は山の神ですが、大山祇神はが海神である神社の例は他にも愛媛県大三島大山祇神社等があります。

110102_14000001

 両親の生前は、初詣は毎年鎌倉鶴岡八幡宮に行って、帰りがけに小町通りの喫茶店「門」でコーヒーを飲むのが、我が家の年中行事でした。両親が亡くなってしあってから今では、二度と戻って来ない幸せな日々の思い出になってしまいました。鶴岡八幡宮は行列がえらく長いので、両親がいない独りぼっちの状態で並びたくはないのと、正月は初詣に行くよりも墓参りに行きたいので鶴岡八幡宮の初詣には行っていないのですが、瀬戸神社は通り道にありましたし、極端に列が長くは無かったので、つい思わず初詣してしまった次第です。

 瀬戸神社で初詣を済ませた後で、両親の墓参りに行きました。墓参りに行けば、亡き両親に会いに行くことができます。

110102_15030001

 亡き両親の墓参りの際には、小学校の恩師のお父君のお墓が同じ霊園にあるので、いつもそこにも併せて墓参りします。今日も、その恩師のお父君のお墓参りも併せて行いました。

110102_15140001

 実は年末に一度横浜に帰省した際にも墓参に行こうと思っていたのですが、その日は寝坊してしまいました(おバカな私)。このため、その時はやむを得ず、菩提寺の浄土宗法爾山天然寺にだけお邪魔して、墓参は断念したのでした。本日は、或る意味、その日のリベンジです。

101226_16390001

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

「天国へのお引っ越し」~遺品整理

 

2006年11月11日に母を失い2007年8月5日に父を孤独死させてしまい、相次いで両親を失って以来、2009年8月 5日(水)付け拙ブログ記事「命日に果たせた亡父との約束と、思い出の品とのお別れ」でも触れたように、横浜に帰省する度ごとに実家の整理をしていながら、なかなか進んでいませんでした。

 このままでは全然進まないので、遺品整理の専門家のお力をお借りすることにし、本日(2010年8月20日(金))(注)、キーパーズに依頼して、亡き両親の遺品整理をして、実家の荷物を大幅に片づけました。
(注)書いている間に日付が変わってしまいましたが。

100820_10560001
亡父が現役時代に使っていたブランデー・グラスセット。地球儀を開けるとブランデー・グラスセットが入っています。

100820_12190001
私の幼稚園のバッグ。両親は、大切の保存していてくれていました。

 広い家ならば捨てはしないのですが、私がやがて実家に戻ってきたら、荷物が入らないので仕方がありません。私の節句人形も、悲しいですがお別れです。亡母は生前、私の子、つまり孫ができて、孫のためにこの人形を飾ることを楽しみにしていました。でも、残念ながら今のところ売れ残ってしまっている私は、孫の顔を両親に見せることが叶いませんでした、母の死後、まだ生きていてくれた頃の亡父から遺品整理の際の収納スペース上、節句人形を廃棄しても構わないか訊かれたことがあり、私は了承しました。によれば、私に子ができたら、既に古くなっていたその人形を飾るよりも、新しく人形を買ってあげた方が良いのではないか、というので、同意したのです。

 

 父が死んだ後で、その節句人形が残っていたので、廃棄の手配をすます前に死んでしまったのだと分かりました。亡父との約束もあり、今回、遺品整理するものの中に節句人形も入れておきました。先述の亡母の思いを思ったり、子供の頃、この節句人形を飾っての家族団らんの情景を思い出したりすると、思わず涙が止まらなくなりました。

100820_08290002

100820_08290001

100820_09510002

 父のパソコンも処分しました。このパソコンが実家にある情景も、私にとっては思い出に満ちあふれている情景です。父が歌集『旅想』を編集したのも、この歌集です。また、大学時代の「思い出のコタツ」も捨てました。この「思い出のコタツ」には経緯があります。この実家は実家とは申せ両親と一緒に暮らしたことはなく、地方の転勤を両親が繰り返している過程で、私が大学に入学した際に、両親が買ったマンションです。と申しても金持ちの家だった訳ではなく、むしろ豊かではなかったために、「息子の下宿代払って、さらに父の引退時に家(マンション)を買うような二重投資を行う余力が無かった」というのが、当時の実情です。いずれリタイアしたら両親が来るのでスペース上家具は置けないし、貧乏過程の小倅、財布にゆとりが無いので、最初はちゃぶ台やミカン箱で飯食っていたら、冬は寒いだろうと思って亡母が買ってくれたコタツです。両親のリタイア後は両親が持ってきてくれたコタツを使っていたので、私のコタツはお蔵入りしていたのでした。この私の「思い出のコタツ」は、買って貰った時にとても嬉しかったことを、すぐ昨日のように思い出せます。

100820_03570001

 その他にも、廃棄する荷物一つ一つに思い出や思いが籠もります。とても悲しいです。

 さて、この段落は言い訳(弁明)ですが、ここまで書くと、「捨てるなんて勿体ない」と思う方もおられるかも知れません。でも、そのような方は、首都圏の住宅事情をご存じないのではないか、と思います。私はハマっ子ですが、生まれは東京東京っ子でもあり、横浜であれ東京であれ第一の故郷は首都圏なのですが、親子二代の転勤族で地方暮らしも長いので、東京人の視線も地方の方の視線も両方共分かるという複眼的視野があります。このため、「東京っ子には地方のここは分からない」という点と、逆に「地方の人には東京のここは分からない」という「お互いに、何が理解できないか」という点もよく理解でいます。遺品整理と聞いて「勿体ない」と思われた方は、東京の劣悪な住宅事情をご存じない方か、或いは東京っ子であれば、私などとは全く異なるお金持ちのお歴々か、のどちらかでしょう。今の内に捨てられるものを捨てておかないと、いずれ将来自分が実家に戻って来た時に、荷物が入りきらないのです。「勿体ない」か否かの次元の問題ではなく、「収納可能か否か」の次元の問題なのです。まぁ、現実には、詳しくは後述するブログ「現実ブログ 「遺品が語る真実」 遺品整理ブログ」の記事「どうする?実家の遺品整理」掲載事例のように、地方に実家がある方でも遺品整理が必要になる場合もあるのですけど。

 今回お世話になったキーパーズさんに関しては、かつてその社長ブログ「現実ブログ 「遺品が語る真実」 遺品整理ブログ」の記事「現実の物語「独居老人の孤独死」 」に、拙ブログ日記記事「父の孤独死」 からトラバ(トラックバック)だと記憶していたのですが、よくチェックし直してみたらコメントしたことがあります。以前からマスコミ報道などで存じ上げていましたが、このコメントの際に強く存在を認識した会社です。その際には自力で遺品整理しようと思っていたのですが、ついに白旗を掲げることとなり、今回の依頼に至った次第です。

 キーパーズのパンフレットには、「故人の想いや思い出の品も一緒に、天国へのお引っ越しへのお手伝い」というキャッチコピーが書かれていました。特に身近な品物は、供養もして下さります。来て下さった方も、とても良い方でした。思い出の品をたくさん捨てなければならない状況に陥って、とても悲しい私にとっては、このキャッチコピーは心救われる文言でした。思い出の品々は、天国の亡き両親に届くのだ、と思うようにします。「天国へのお引っ越しへのお手伝い」、良い言葉ですね。

 お父さん、お母さん、これらの品々が情景に出て来る、たくさんの素敵な思い出ありがとうございます。捨てちゃって寂しいけれど、近々そちらに届きますので、大切にして下さい。孫に節句人形を飾る機会を作ってあげられなくてごめんなさい。まだ結婚諦めてはいないので、新しい節句人形を我が子に飾る情景を、将来、天国から見守っていて下さい。

 悲しいよう・・・

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

今日は母の日

 

新潟市の大和百貨店の閉店前の見納めから帰って来て名古屋駅を歩いていたら、カーネーションの花壇があり、綺 麗だったので写真に撮りました。

Photo

 今日は母の日です。この写真が、天国の母に届くといいなぁ・・・。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和百貨店新潟店・閉店前の見納め旅行

 私は子供の頃、小2~中1までの間、亡父の転勤で新潟市に住んでいました。その新潟市在住時代の、今は亡き両親との思い出のあるスポットの1つ、大和百貨店新潟店が今年(2010年)6月25日をもって閉店してしまうので、名鉄バス新潟交通共同運行の夜間高速 バスで「車中2泊日帰り」旅行で急きょ、現任地・名古屋市から新潟市に行き、思い出の大和百貨店新潟店の見納めをして来ました。

P1050185

100508_16220001


大きな地図で見る

 大和百貨店新潟店に行くのは、恐らくは亡父の転勤のために私が新潟市から札幌に転校した昭和52(1977)年4月以来、恐らくは33年ぶりになるだろうと思います(注)。
(注)大学1年生の夏休みに、昭 和57(1982)に、上越新幹線開業に伴う廃止前に、181系183系エル特急とき」に乗っておくことと兼ねて新潟市に行ったことがあり、もしかしたらこの時に大和百貨店新潟店に行ったかも知れませんが、この時に大和百貨店新潟店に行った事実があったとしても記憶から落ちていますし、行ったとしても28ぶりのお久しぶりであることに変わりはありません。

 私が新潟市にいた子供の頃の時代は、まだ週休二日制の時代ではなく土曜日は「半どん」と行って午前中仕事の時代でした。亡父気象庁の技官・観測業務に従事していて、盆暮れ正月無し1年間365日24時間”営業”、3交代の夜勤有り、レーダー観測業務従事時には「1週間泊まり込みのレーダー観測有り」という働き方をしていたので、通常の「月~金+土曜日半どん」ではなかったり、亡父は日曜日が休みとは限らないため休日が私と重なるのも月に1度程度しかなかったのですが、だからこそ逆に、オフの時間が珍しく重なる日には必ず家族サービスをしてくれました。そのような話の一環として、夜勤当番勤務に就いている時やレーダー観測業務以外の時には土曜日半どんの時もあり、そのような時には小学校の授業が午前中で終わると母と一緒に新潟市の繁華街(中心商店街)・古町(ふるまち)で仕事帰りの亡父と待ち合わせたり、日曜日に行楽や近所の「お散歩日帰り身近な旅行」をしない時には、やはり家族でよく古町(ふるまち)に行ったりしたので、古町(ふるまち)には、今は亡き両親がまだ健在で若かった時代の我が子供の頃の、楽しい家族の思い出が満ちあふれています。そのような古町(ふるまち)での待ち合わせ場所の一つが大和百貨店新潟店であり、私にとっては、大和百貨店新潟店には、亡き両親との「思い出の聖地」の一つなのです。

 先日、現任地・名古屋市での丸栄百貨店の大鹿児島展に行ったり、名鉄百貨店の大九州展に行ったりした日記をブログに載せましたが、このような物産展(特に九州)の楽しさを私が知ったのも、私が生まれる前に両親が新婚時代を過ごしたのが当時の亡父の赴任地・長崎市だったために亡母が九州を懐かしんでよく百貨店の物産展に連れて行ってくれたからでした。子供の頃、当時、丁度、大和百貨店新潟店の九州展に亡母が連れて行ってくれた時に、新潟の地元のテレビ局が来ていて取材され、夜のニュースのネタとして登場したことがあったりしました。思い出の中のこの舞台も、記憶に誤りが無ければ大和百貨店新潟店です。両親と行く九州の物産展が楽しかったので、後年将来、自分自身が鹿児島に赴任する以前から、原体験的に九州は大好きでした。

 大和百貨店新潟店には、子供の頃の、亡き両親との楽しかった思い出がたくさん詰まっています。繰り返しになりますが、亡き両親との「思い出の聖地」の一つなのです。

 平成22(2010)年の今日現在、百貨店という業態が苦況にあるとは申せ、亡き両親との「思い出の聖地」の一つ・大和百貨店新潟店が消えてしまうということは、私にとっては、とても悲しく、我が身を引き裂かれるように辛いニュースでした。両親は死んでしまったので、大好きな両親とは、もう二度と生きて会うことはできない・・・でも、「思い出の聖地」さえ残ってくれていれば、心の中でつながっていることはできます。ですが、その「思い出の聖地」が、今年(2010年)のゴールデン・ウィーク中に第1の故郷・横浜に帰省した際に取り壊し前の見に行った歌舞伎座と同様に、相次いでドンドン消えていきます。新潟市在住時代に両親によく連れて行って貰った、古町(ふるまち)北光社という書店も廃業してしまっています(訪問前から存じてはいましたが)。亡き両親との「思い出の聖地」がドンドン消えちゃう・・・楽しくて、まだ幸せだった子供の頃の家族の思い出と現在の自分をつないでくれる場所がドンドン消えちゃう・・・

 閉店してしまう前に、大和百貨店新潟店にお別れをしに行かなきゃ!・・・

 強行軍でしたが、大和百貨店新潟店に行って来ました。「涙を流しながら歩いている男」などというのも、第三者的にはいかがなものか、という変な絵姿だとは思いますが、泣きながら大和百貨店新潟店や古町(ふるまち)を歩いていました。

 丁度私が新潟市にいた頃に、大和百貨店新潟店が増床した時の写真が百貨店壁面に載っていました。厳密に申せば写真を写すのは著作権に触れると は思いますが、この時代のキラキラ輝いていた頃の大和百貨店新潟店に思い出のある方の思いは大同小異だと思いますので、敢えてカメラで写したのを載せておきます(大和百貨店の皆様、勝手に転載ごめんなさい。趣旨に鑑み、許して下さいませ)。その写真を見ると、様々な思い出がこみ上げてきて、涙が止まらなくなります。

P1050279
(↑大和百貨店新潟店壁面にあった写真)

 

P1050278
(↑大和百貨店新潟店壁面にあったご挨拶)

 

P1050207

P1050276

P1050241

P1050233

P1050232

P1050197

P1050192

P1050190

P1050209

P1050257

P1050223
↑地下街「西堀ローサ」からの入り口です。

 

P1050222
↑地下街「西堀ローサ」からの入り口です。

 

P1050221
↑地下街「西堀ローサ」からの入り口です。

 

P1050220
↑地下街「西堀ローサ」からの入り口です。

 

P1050216
↑記憶に間違いが無ければ、今は亡き両親と、待ち合わせをしたベンチが、かつてはあった場所です。

 

P1050210

P1050211

P1050212

P1050213

P1050214
↑私自身はこの場所に思い出がありませんが、幼少期に過ごした方やその親御さんには思い出があるのではないか、と推測する場所です。私自身、幼児の頃には、京王百貨店のこのような場所に思い出があります。

 

 大和百貨店新潟店の皆様、最後の数十日、大和百貨店新潟店ファンのお客様のために営業頑張って下さい。いままで、素敵な思い出を残してくれて、心からありがとうございます。

 そして、まだ営業を継続して頑張っている街の大和百貨店ファンの人達が同じ悲しみを味わうようなことがないようにするべく、歯を食いしばって意地でも頑張って、店を残して下さい。

 大和百貨店新潟店は66年の歴史があるそうですね。今まで66年間、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。最後に行って写真に納めてきましたので、お店は消えても、思い出を思い出すことはできます。私の心の中では、私がまだ子供の頃、亡き両親がまだ健在で家族が幸せだった頃の、楽しかった大和百貨店新潟店の思い出は一生消えません。心の中では、いつまでもキラキラと輝いています。

 1顧客としても、地域産業振興を研究テーマとする1経営学徒としても、全国の小売り業者や(交通・飲食業も含む)観光業者の方に、応援とお願いを申し上げます。頑張って生き残ってサバイバルして下さい・・・と。このような施設やサービスは、単に販売時点で財やサービスを売っているだけではなく、思い出を売っているのです。ファンにとって最も悲しいことは、思い出の場所が消えてしまうことです。どうか、どうか、頑張って残って下さい。苦しくても立ち直るべくサバイバルして下さい・・・心から、私はそのように、お願い申し上げます。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

 

◎ 本件に関連する、他の方のブログ記事

○ 今日もふらふら: 大和デパートが新潟から撤退

○ 大和デパート 新潟から撤退の衝撃 - ゴーシュ君のチクタク日記 - Yahoo!ブログ

○ 日本の原風景 : 新潟県内の3デパート閉鎖(大和)

○ 大和 百貨店 斉藤尚善専務 北村秀明・新潟店長: 日本御辞儀倶楽部

○ 柾谷小路の大和デパート撤退><(新潟ネタ) - ばかおやじ徒然日記

○ 平成浮世風呂:大和百貨店4店舗閉鎖

○ 大和デパート新潟店 - ユニーカーJUNの感撮日記 - Yahoo!ブログ

○ 大和デパートの屋上遊園地跡で思いを馳せる - 新潟下町おおよそイエローページ - Yahoo!ブログ

○ 新潟の街中。 大和デパート撤退。 - 新潟市中央区下町 - Yahoo!ブログ

○ 新潟大和デパート・・・今日閉店!! - 食の宝島佐渡ドットコムの店長ブログ - Yahoo!ブログ

○ 新発田農高同期会1972 : 投稿68  新潟大和デパート、閉店セール

○ トラッドスーツ専門店:ガーベル新潟 » 新潟大和デパート閉店・・・

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

両親のいないゴールデン・ウィーク3回目

 2006年,2007年と相次いで両親を失ってしまい、(売れ残りの負け犬であることもあり)独りぼっちで取り残されてしまってから、早いものでもう既に3回目のゴールデン・ウィークでした。両親と一緒にいた頃は楽しかったなぁ・・・と過去の毎年のゴールデン・ウィークを追想していました。いま、この文章を書きながら見ているNHKの番組で、両親を亡くした思いを歌詞に書いていることで知られた一青窈の特集番組をやっており、思わず感情移入してしまいます。

 このゴールデン・ウィーク中、5月2日(日)に久し振りに両親の墓参りに行けました。昨年(2009年)秋から今年(2010年)1月まで、ほぼ毎週、第一の故郷の神奈川県に帰省していたのですが、1月に死んだ叔父に、生きている内に会いたいと思ってのお見舞いであり、一度の帰省で墓参と共に巡りきれなかったことから、叔父が人生の末期を迎える頃から、あまり両親の墓参には行けていなかったのです。両親の際には親不孝な見送り方しかできなかったので、叔父が生きている内に最後の時を共に過ごせて良かったと思う反面、墓場で両親に会う機会に恵まれずにいました。2月に横浜中華街に行く機会があった時には、翌日曜日に墓参りしようと思っていたのですが、チリ地震の津波警報があり、津波の状況が最悪の場合でも赴任地・名古屋に帰れるように朝一で名古屋に戻ってしまったため、やはり墓参を断念しました。そうこうしてバタバタしている内に、気づけば何ヶ月も両親の墓参りに行きそびれてしまっていたのです。

両親が眠る墓

 もう二度と生きた両親に 会うことはかないませんが、お墓に行けば、両親の霊魂に会えるような気がします。今の私にとって、最も行きたい場所が、両親の墓参りです。三年前、生前の亡父と最後に亡母の墓参りに行った時に聴いた同様に、ウグイスの声が聞こえてきました。は 既に死んでしまっていましたが、亡父は まだ生きていて、亡父と 一緒に過ごすことができた最後のゴールデン・ウィークの時のお話です。

 両親のお墓参りに行く途中で、菩提寺の天然寺に立ち寄りました。お墓参りが久し振りでしたので、天然寺に 行くのも久し振りです。住職の奥様から、拙ブログ「カミタク・ブログ」に設けた天然寺紹介記事が、 インターネット上の広告効果をもたらしてお問い合わせがあったという話を聴き、この記事を作成した所期(注)の目的が達成された旨を知りり、嬉しかったです。
(注)所期です。初期ではありません。誤解を避けるべく念のため。なお、以下の天然寺の写真は、今回訪問時のものではなく、過去のものです。

天然寺


大きな地図で見る

 帰りがけに、上大岡に寄り道して、Afternoon Tea Tea Room上大岡ウィング店に寄りました。ここは両親との思い出がある店であると同時に、ここも3年前に、亡母の墓参りに行った帰りがけに亡父と立ち寄った、亡父と の最後のゴールデン・ウィークの思い出の店です。

Afternoon Tea  Tea Room上大岡ウィング店

Afternoon Tea  Tea Room上大岡ウィング店

 上大岡に寄り道するためには、京急(京浜急行電鉄)に乗ります。テツ(鉄道マニア)である私にとって、京急(京浜急行電鉄)は特に大好きな鉄道会社の一つであると同時に、京急(京浜急行電鉄)に も両親との思い出がたくさん詰まっていますので、京急(京浜急行電鉄)に乗れたことに加えて、両親との思い出を思い出すことができ、京急(京浜急行電鉄)に乗れて良かったです。

京急

 5月3日(月)に、今年(2010年)の4月30日で建て替えのために閉館された旧(=現在の)歌舞伎座の見納めをしに行きました。歌舞伎座にも、生前の両親との思い出が籠もっています。両親との思い出の場所がどんどん消えてしまうのは、今の私にとっては、身を切られるように辛いことです。
○ 両親との歌舞伎の思い出に関連するブログ記事↓
・ カミタク・ブログ「父が 見られなかった歌舞伎観劇ツアー」
・ カミタク・ブログ「お父 さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?」
・ カミタク・ブログ「両親 と歌舞伎にはもう行けない」
・ カミタク・ブログ「両親 との思い出の歌舞伎座の建物が消えてしまう」
・ 横濱タウン新聞ホームページ編集室のこぼれ話 「2007年10月~12月」欄2007.10.15欄

歌舞伎座

 歌舞伎座に行った ら、鐵砲洲稲荷神社の御輿(みこし)渡りと遭遇しました。ハマっ子(注)とは申せ生まれは東京東京っ子、上京したのは祖父の代ですし山の手の出身ですので厳密には江戸っ子(注)ではありませんが、両親の代から東京生まれの東京っ子としては、御輿が来るのを見ると血が騒ぎます。
(注)江戸っ子は生まれ育って三代目、つまり祖父の代から東京生まれでないとなれないので、曾祖父以前の代に上京している必要があります。一方、ハマっ子は「三日住めばハマっ子」なので、横浜生まれである必要はありません。祖父母が東京生まれではない私は江戸っ子の条件を満たしませんが、ハマっ子の条件は満たします。

鐵砲洲稲荷神社の御神輿

 帰りがけに、横浜温泉綱島温泉の温泉銭湯・富士乃湯に 入湯しました。かつて、第二の故郷になった鹿児島に赴任した際に、鹿児島温泉(鹿児島市内 温泉)では銭湯が皆温泉である旨にビックリして温泉にハマったと当時に、温泉銭湯なるものの存在を初めて知った私ですが、第一の故郷・横浜横浜温泉でも温泉銭湯がある旨を知り、横浜に帰省する度に少しずつ時間を見つけ て、横浜温泉の温泉に入湯しています。京浜地域の温泉の特徴は黒湯と呼ばれるコーヒー色をしたお湯であることで、上述のとおり「東京生まれのハマっ子」として京浜地域を第一の故郷として全国を転勤している私は、最近、黒湯につかると、「故郷に帰ってきたんだなぁ・・・」と思うようになりました。

富士乃湯


大きな地図で見る

温泉天国・鹿児島温泉紹介!

 綱島駅に行くためには、東急(東京急行電鉄)東横線に乗ることになります。上述のとおりテツ(鉄道マニア)である私にとって東急は、京急と並んで好きな鉄道会社であると同時に、同様に亡き両親との思い出がたくさん詰まった鉄道会社であり、かつ、東横線は学部での母校・慶應義塾大学商学部(注)の教養課程(日吉キャンパス)に通学していた時に乗っていた思い出深い路線ですので、感慨深いものがありました。
(注)私は、学部での母校は東横線は学部での母校・慶應義塾大学商学部ですが、マスター・コース(大学院修士課程)の母校は東洋英和女学院大学大学院修士課程社会科学研究科(現・国際協力学研究科;大学院は社会人向け夜間共学)で、ドクター・コース(博士後期課程)での母校は高知工科大学大学院工学研究科基盤工学専攻起業家コースです。いずれも社会人向け大学院で、高知工科大大学院起業家コースの方は、東京と大阪のサテライト・キャンパスで土日開講されており、両大学院共に首都圏のサラリーマンが仕事を休まずに通うことが可能です。両大学院共に、社会人向け大学院進学を考えておられる方には、イチオシでお薦めの大学院です。

東急

 両親の死後、やらなければならない実家の後かたづけも行いました。片づけはまだまだ終わっていないので、もっともっと実家の部屋の片づけもしておかなければ・・・

 実家の片づけをしていたら、高校1年生の時の冬休みの報告作文集が出てきました。高校一年生の時には、亡父の転勤のために実家は札幌にあり、私は(両親よりも一足先に生まれ故郷に戻って)東京の寮のある高校・国際基督教大学高等学校(ICUHS)(注)に通っていたので、冬休みの思い出とは即ち札幌に帰省していた思い出です。母が死んだ時の拙日記で述べたとおり、亡母もやもや病による脳溢血で最初に倒れたのが、この高校1年生の時でした。その作文には、あと数年の命の亡母を大切にしたい旨と、倒れると知っていたら、高校は札幌で進学しておけば良かったかも知れない旨の迷う気持ちが述べられていました。結果としては亡母は 何回か倒れながらも、その後四半世紀程も生きてくれてたくさんの思い出を残してくれたので、当初思ったよりも約二十年長く生きていてくれて良かったと思いました。
(注)国際基督教大学高等学校(ICUHS;International Christian University High Scool)は、海外帰国子女のために設立された高校ですが、そのため寮がありますので、国内転勤族にとっても、実は狙い目の高校です。当日記記事をお読みの方の中で、お子様の高校進学先を探している国内転勤族の方がおられましたら、イチオシでお薦めです。

 片づける品一つ一つに、両親が 健在だった頃の思い出が思い出されて涙が止まらず、なかなか片付きません。本当に残しておくべきものと、思い切って捨てるものとを選り分ける必要があるのですが、この「選り分け」作業に手間暇がかかります。キチンと片づけ終わるのが、一体全体いつになることやら・・・。

 

 

◎ 両親の死に関連する当ブログ内の他の日記記事

○ 母の死

○ 母の死・その2

○ 鹿児島での母との思い出の場所

○ 今度は父の死亡

○ 父が残していた越乃寒梅ー夢の残骸

○ 両親との思い出のデニーズ

○ 父が見られなかった歌舞伎観劇ツアー

○ 両親がお世話になった保険代理店

○ もう一度お父さんとお母さんの子供に生まれて来てもいいですか

○ 父の死の状況

○ ついつい実家に電話してしまう

○ 無事、父の納骨が終わりました。

○ 両親に会いに行きました(墓参り)

○ 父の孤独死

○ お父さん、歌舞伎観劇楽しんでいただけましたか?

○ 両親と歌舞伎にはもう行けない

○ 1年前の昨日

○ 明日(もう今日?)は母の一周忌法要

○ 亡母の一周忌法要をしました。

○ 今日は母の命日

○ 亡き両親との思い出のデニーズ

○ ああ、1年前の今日

○ ああ、横浜プリンスホテルが消えちゃった・・・

○ 挽歌~父の死,母の死に関して詠んだ短歌

○ 父の死,及びその9ヶ月前の母の死に関する、当ブログ内の他の日記記事については、この目次欄でご参照可能です。

 

◎ 歌舞伎座,鉄砲洲稲荷に関する他の方の日記記事

歌舞伎座閉館まであと5日 - つれづれの日々 - Yahoo!ブログ

歌舞伎座千秋楽の日に赤プリ閉館のニュース - 気ままに

さよなら歌舞伎座、涙雨の休館前の最後の公演 - ワクワク、ドキドキを探して。東京、私のお気に入り、MY FAVO - Yahoo!ブログ

鉄砲洲稲荷と歌舞伎座:向島の和太鼓グループ 向島游神太皷:So-netブログ

歌舞伎座とグランドプリンスホテル赤坂 - 散歩道より - Yahoo!ブログ

ぼんぽち探検記  歌舞伎座

鉄砲洲稲荷神社例大祭 (5) - どら焼き親父写真館 - Yahoo!ブログ

好天に恵まれた「鉄砲洲稲荷神社」の御輿宮出し。 ありのまま、自然に/ウェブリブログ

Plat du Jour 鉄砲洲稲荷

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧